籠池夫妻と近畿財務局との土地交渉の音声データをFNNがスクープ!売買価格の辻褄を合わせるために割引額を設定した疑いがさらに高まる!

Pocket

どんなにゅーす?

・森友学園の籠池夫妻と近畿財務局による土地交渉の”核心部分”の音声データをFNNがスクープ報道した。

・音声データには、籠池夫妻と池田靖国有財産統括官が土地売買の価格設定について話し合われた様子が収められており、籠池夫妻の経済状況に合わせて割引額とゴミの撤去費用を算出した疑いがますます高まってきている。

スポンサーリンク

籠池夫妻「値下げ求める」一部始終

池田 靖国有財産統括官(当時)「できるだけ早く価格提示をさせていただいて、ちょっとずつ土壌も処分しているけど、ですので、そこそこの撤去費を見込んで、価格計上をさせてもらおうと思ったんですよ。だから、われわれが見込んでいる金額よりも、(撤去費が)少なくても、われわれは何も言わない」

この音声は、国有地の正式な鑑定価格が出る前、直前、2016年5月中旬から下旬にかけての近畿財務局と森友学園側の国有地売却の交渉が録音された音声データ。
話をしているのは、近畿財務局の池田 靖前国有財産統括官とみられる。

池田 靖国有財産統括官(当時)「理事長がおっしゃられる『0円に近い(価格)』が、どういうふうにお考えになられているのか、売却価格が0円ということなのかなと思うが、私ども、以前からちょっと申し上げているのは、有益費(ごみの撤去費用)の1億3,000万円という数字を、国費として払っているので」
諄子容疑者「それは当たり前やん」
池田 靖国有財産統括官(当時)「その分の金額ぐらいは少なくとも、売却価格は出てくる、と。そこは何とかご理解いただきたい」

国は、国有地を森友学園側に払い下げる前に、地中から見つかったごみの撤去費用、有益費として、およそ1億3,000万円を支払っている。
この音声記録からは、土地の売却価格が国が支払った金額を下回ることができないと、国が説明していることがわかる。

籠池泰典容疑者「(池田氏が)言っているやねえ、『1億3,000万円がうんぬん』というものよりも、ぐーんと下げていかなあかんよ」

実際に売却された金額は、およそ1億3,400万円で、ごみの撤去費用より、200万円ほど高いだけだった。

【FNN 2017.8.1.】

音声やりとり…麻生財務相は

新たに明らかになったやりとりが、財務省・佐川前理財局長の国会答弁と食い違うことについて、麻生財務相は閣議後の会見で、「取材が正しいか、われわれの答弁が正しいか、取材の方が正しいと思ったことはありません。自分の部下の話を信じています。そういった話ですから。籠池さんは逮捕されたんでしょ、違うの? 逮捕されたら逮捕された人に話を聞いて。こちらがどうのこうの言うことはありません」と述べた。

【FNN 2017.8.1.】

スポンサーリンク

 

ついに佐川氏の大嘘を決定付ける重大な証拠がスクープされる!麻生財務相「われわれの答弁の方が正しいと思ってる。部下を信じている」

フジテレビ(FNN)が、籠池夫妻と近畿財務局の値引き交渉の「核心部分」の音声データを公開するという、非常に大きなスクープを行ないました!
これで、「森友学園側の経済状況を最優先して値引き額が決まっていった」という、近畿財務局側の背任を裏付ける非常に大きな物証が出てきましたね。

そして、核心部分の全力隠蔽を徹底してきた佐川氏の大嘘も完全に立証されたというわけだ。
まったくもって、信じられないような実態がいよいよはっきりと浮かび上がってきたけど、まだまだこの先突き詰めなければならない部分はたくさんある

籠池氏は、学校建設や土木工事を仕切っていた藤原工業から「新たに大量のゴミが見つかった」と知らされ実際にそのゴミを確認することなく、財務省に乗り込んだとのことだけど、では何故、こうした架空のゴミに基づいた”不正な割引”が、近畿財務局においてもトントン拍子で行なわれていったのか?
浮いた8億円はどこに消えたのか?
さらには、誰がこのスキームを考えて主導し、なぜ籠池氏の言う不思議な「神風」が起こったのか?

こう考えると、あまりに気になる「謎」がまだたくさん残されているね。

そして、ここまで重大な虚偽答弁が次々発覚した以上、佐川氏は国税庁長官の座から直ちに罷免すべきであり、徹底的に特捜は彼を取り調べるべきではないでしょうか?

報道によると、特捜は近畿財務局に対しても背任の疑いで慎重に捜査を進めているとのことだし、どうか後の捜査の進展と、徹底した真相究明を強く願いたいところだね。
(検察側にも安倍政権の代理人が入り込んでいるため、まだまだ森友疑獄の究明は予断を許さない状況。)

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket