■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【うさん臭さ全開】ゼレンスキー大統領が「国外脱出を否定する動画」を公開も、合成(フェイク)を疑う声が噴出!苫米地氏「こういう雑な背景合成では、逆にウクライナにいないと取る人が多いのでは」

【うさん臭さ全開】ゼレンスキー大統領が「国外脱出を否定する動画」を公開も、合成(フェイク)を疑う声が噴出!苫米地氏「こういう雑な背景合成では、逆にウクライナにいないと取る人が多いのでは」
Pocket

どんなにゅーす?

・ロシア軍がウクライナでの攻勢を強めている中、ウクライナのゼレンスキー大統領が国外に脱出したとの情報が流れている。

・ゼレンスキー大統領はこれを否定する動画を投稿したものの、その動画の内容について、合成やフェイクを疑う声が噴出している。

ゼレンスキー大統領ついに国外脱出か 浮上する「ポーランド亡命政府」樹立計画

~省略~

米紙ワシントン・ポスト電子版(6日配信)によると、欧米側はロシア軍が態勢を立て直し、戦況は長期泥沼化すると予測。ロシア軍が遠からずウクライナを占領すると見込み、ゼレンスキー政権による亡命政府の樹立とその支援に向けた準備を始めているという。亡命政権がゲリラ戦を指揮する想定だ。移転先には隣国ポーランドなどが浮上しているが、英国のジョンソン首相は議会で亡命政府を受け入れるか問われ、「もちろん」と答えている。

ワシントン・ポストによれば、米国務省や国防総省などの米政府機関はキエフ陥落に備えてゼレンスキー大統領の脱出を計画。ゼレンスキー大統領はポーランド国境に近いリビウの安全な地域への移動を米当局と協議し、大統領警護隊も内閣を迅速に移動させるプランを立てているという。

~省略~

【Yahoo!ニュース(日刊ゲンダイ) 2022.3.7.】

「私はここにいる」ウクライナのゼレンスキー大統領、国外脱出を否定

ウクライナのゼレンスキー大統領は3月4日夜、インスタグラムに動画を投稿し、「私はここで仕事をしている。誰も国外脱出などしていない」と述べた(ナレーションなし)。

「こんばんは。 私がウクライナ、首都キエフ、または執務室から逃げたという噂が2日おきに出ている。 ご覧のとおり、私はここにいる。いるべき場所にいる。 大統領府のイェルマーク長官もいる。誰も、どこにも逃げておらず、仕事を続けている。 私たちはジョギングが大好きだが今は有酸素運動どころではない。だから、私たちは働いている。 ウクライナに栄光あれ」

【Yahoo!ニュース(ロイター) 2022.3.6.】

ゼレンスキー大統領のバックにはジョージ・ソロス!?現在のウクライナは、グローバルカルトによるシオニズムが蔓延!

ゼレンスキー大統領とは何者か。コメディー俳優から祖国を守る指導者になるまで

元コメディー俳優という型破りな経歴を持つゼレンスキー大統領。いかにしてテレビドラマの「大統領役」から本物の大統領、そして戦時下のリーダーとなったのか。

~省略~

【生い立ち】

ゼレンスキー大統領は1978年1月、当時のウクライナ・ソビエト社会主義共和国のロシア語圏の大都市、クリヴィー・リフで生まれた。ソビエト連邦が崩壊し、ウクライナが独立したのは彼が12歳の時だった。

父親は同国の経済学研究所のコンピューターサイエンスの教授、母親は元エンジニア。ユダヤ系の家系であり、祖父はソ連軍でナチスと戦い、親戚の多くがホロコーストで殺されたという。

彼の当選により、ウクライナはイスラエル以外で唯一、大統領と首相が共にユダヤ人である国となった。

~省略~

【ハフポスト 2022.3.2.】

ゼレンスキー大統領が国外脱出を否定する動画を投稿したものの、これがフェイクであることを疑う声が上がっているわ。
確かに、動画をよくみてみると不自然さが随所に感じられるし、そもそも、彼の経歴や出自をみても、うさん臭さがプンプンだわ。

人気コメディアンから(なぜか)大統領に転身って…なんだか、橋下氏(人気タレント弁護士から(なぜか)大阪府知事に)を彷彿とさせるような話だし、実際のところ、ジョージ・ソロスらグローバルカルトのスポンサードによって、ウクライナ大統領の地位を手に入れたとの情報が出てきている。
要は、ゼレンスキーが大統領に就任したことから、ウクライナ戦争が勃発したことまで、全てがグローバリストによる茶番劇であり、あらかじめすべて計画されていたことってことだ。

そして、ウクライナは、すでに、シオニストによって国家が乗っ取られてしまっており、”彼ら”はプーチンを打倒することで、ロシアそのものを「完全なるシオニスト国家」に変貌させようとしているってことね。

ああ。簡単に言えば、グローバリストは西側の新世界秩序をロシアから極東全体にまで拡大させようとしており、まずは、その障壁になっているプーチン政権を倒すためにウクライナ戦争をけしかけた…というわけだね。
とにかくも、こんなインチキ詐欺師臭ぷんぷんのゼレンスキーを地球を救うヒーローのごとく称えている大手マスコミは根本から狂っているとしか言いようがないし、最近のテレビは偏向報道を通り越して、完全にデタラメ・フェイクの領域に入ってきてしまっている。

欧米のグローバリストの御用洗脳広報機関である日本のマスコミの正体が丸出しになっているわね。
特に最近は、CGなどの最新の映像技術を駆使した精巧なフェイク映像を作るのが容易にできるようになってきているし、現代の戦争は、特に「認知」や「情報」「通信」の領域が大きなウエイトを占めるようになってきているのが現状だわ。

大手マスコミも平然とフェイクニュースを流すようになっている中で、ボクたちはくれぐれもテレビによる悪影響を受けてはならないし、シオニストユダヤの流れを汲みながらグローバリストのアジェンダを忠実に実行しているゼレンスキーに対して、最大級の疑いの目を注ぐべきだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

世界のにゅーすカテゴリの最新記事