【桜を見る会前夜祭】参加者から「食事は質素だった」「美味しくなかった」などの主張相次ぐ!銀座久兵衛主人「うちは出していない、報道は間違いだ」

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍総理の支援者や後援会メンバーが、参加費5千円で「桜を見る会前夜祭」に招待されていた問題で、安倍総理本人が「5千円というのはホテル(ニューオータニ)側が設定した価格だった」「受付終了後に、集金した全ての現金をその場でホテル側に渡すという形で、参加者からホテル側への支払いがなされた」などと説明したことを受けて、前夜祭の参加者から「食事は質素だった」「美味しくなかった」などの主張が相次ぐ事態になっている。

・また、前夜祭において、「(同ホテル内に店舗を構えている)銀座久兵衛の高級すしが振る舞われた」とされている中、銀座久兵衛の主人・今田洋輔氏は「うちの寿司は出していない。過去何年も調べたが、出ていなかった。報道は間違いだ」と述べたと産経新聞が報道。安倍総理の”不可解な説明”を受けて、総理周辺の関係者が慌ただしく動き始めている。

菅長官「立食は通常、来場者の7割分用意」夕食会めぐり

「桜を見る会」の前日に開かれた安倍晋三首相出席の夕食会の会費について、野党側が「安すぎる」と疑問視していることに対し、菅義偉官房長官は15日午前の会見で、「ホテル側と趣旨を話すことで柔軟に対応いただけると思う。過去にも経験がある」と語った。夕食会に支援者を集めて費用の一部を首相側が負担したのでは、との見方を否定した格好だ。

~省略~

菅氏は会見で、政治家のパーティーは「100人の来場者に100人(分の)立食を用意することが常識、というのはない」と説明。「通常、(来場者数の)7割でやっているだろう」と述べた。前日の会見でも、「5千円でできないことはないんじゃないか。私どもは色々やっている」と話していた。

【朝日新聞 2019.11.15.】

桜を見る会 高級寿司「銀座久兵衛」主人が「うちは出していない」 

東京・銀座の高級寿司店「銀座久兵衛」主人の今田洋輔氏は15日、産経新聞の取材に対し、首相主催の「桜を見る会」の前日に行われた安倍晋三首相の後援会の夕食会で、同店の寿司が振る舞われたとする一部報道について「うちの寿司は出していない。過去何年も調べたが、出ていなかった。報道は間違いだ」と述べた。

【livedoorNEWS(産経新聞) 2019.11.15.】

安倍首相が「桜を見る会」問題でありえない言い訳! 地元後援会の大量招待を「長年の慣行」、前夜祭もすべて「ホテルが」

~省略~

しかし、もっとひどかったのは、公選法・政治資金規正法違反疑惑が持ち上がっている「桜を見る会」前日夜におこなわれていた「安倍晋三後援会 桜を見る会前夜祭」に絡んだ安倍首相の主張だ。

安倍首相は「さまざまな報道がございましたので、事務所からですね、詳細について、きょう報告を受けました」と前置きし、こう述べた。

「夕食会(前夜祭)の価格設定が安すぎるのではないかという指摘がございます。ま、そういう報道もありますが、参加者1人5000円という会費については、まさに、大多数が当該ホテルの宿泊者であるという事情等を踏まえ、ホテル側が設定した価格であるとの報告を受けております」

この発言については昨晩配信した記事でも指摘したが、そんな話があるわけがない。一体、どこのホテルが何も要求しないのにわざわざ最低金額の半分以下に設定してくれるというのか。だいたい本サイトが昨日ニューオータニに問い合わせた際も担当者ははっきりと「最低でも1万1000円」と回答していたし、宿泊などによるサービスもないとも言っていた。また、ニューオータニはNHKの取材に対しても「値切り交渉などには応じられない」と答えているのだ。

~省略~

参加費も「参加者からホテル側への支払いがなされた」とあり得ない主張

ともかく、この問題は見積書なり請求書なり証拠を出していただかないことにはお話にならないが、安倍首相は「前夜祭」の収支報告がおこなわれていない点、つまり政治資金規正法違反(未記載)疑惑についても、普通では考えられない突飛な言い訳をした。

「夕食会費用については、会場の入り口の受付にて、安倍事務所職員が1人5000円を集金をし、ホテル名義の領収書をその場で手交し、受付終了後に、集金したすべての現金をその場でホテル側に渡すというかたちで、参加者からホテル側への支払いがなされたということでございます」

つまり、安倍首相側は受付係として集金しただけで、精算もせず、その金はそっくりそのままホテルに渡した、というのである。

だが、こちらもそんなわけがないだろう。いくら前もって参加者を募っていても、これほど大規模なパーティなら、事情があってドタキャンする人は必ず出てくるものだ。その当日キャンセル分の補填は誰がおこなったというのだろうか。あるいは万が一多すぎた場合の余剰分は誰の懐に入るのか。それとも、これもホテル側が「事情を踏まえてくれた」とでも言うのだろうか。

ようするに、安倍晋三後援会が会費を受け取ってホテル側に支払っていた場合は政治資金収支報告書に記載する義務があるため、関与していないと主張したいのだろうが、あまりにも常識はずれすぎるのである。

その上、「野党から政治資金規正法にかんする指摘があるが、収支報告書の訂正をすることは?」と訊かれると、「いまお話ししたとおりで……最初、聞いておられました?」「つまり、お金の出入りはですね、一切ないわけですから」「(会計は)まったく問題ない」「私、もう出なければなりませんので、同じような質問はちょっと避けていただきたい」とまくし立てたのだった。

~省略~

【リテラ 2019.11.16.】

安倍総理のウソを取り繕うべく、早速各所が動き出す!ホテルニューオータニの取締役・今井敬元経団連会長は、安倍総理の右腕・今井尚哉首相秘書官の叔父!

ニューオータニ

株式会社ニュー・オータニ(英:New Otani Co., Ltd.)は、ホテルニューオータニ(総支配人:清水肇)などを運営する、東京都千代田区紀尾井町に本社を構えるチェーンホテル運営会社である。

~省略~

役員

~省略~

取締役 – 今井敬(新日本製鐵元社長、経済団体連合会元会長)

~省略~

【Wikipedia(ニューオータニ)】

今井敬

今井 敬(いまい たかし、1929年12月23日[1] – )は、日本の実業家。新日本製鐵(現・日本製鉄)相談役名誉会長、元社長。日本経済団体連合会名誉会長で、第9代経済団体連合会会長。

現在は公益財団法人国際花と緑の博覧会記念協会会長、全日本交通安全協会の会長・新潟県知事泉田裕彦後援会相談役、公益財団法人日本国際フォーラム代表理事(会長)[2]、日本テレビホールディングス株式会社・日本テレビ放送網株式会社社外取締役[3]などを務める。

~省略~

現在の神奈川県鎌倉市に生まれる[1]。兄は今井善衛(元通商産業事務次官)、甥に同じく経産官僚の今井尚哉がいる[4]。次兄は今井謙治(第1護衛隊群司令、海将補)。姉は北京大学及び九州大学農学部教授を務めた大橋育英の夫人。

~省略~

【Wikipedia(今井敬)】

出典:Twitter(@logicalplz)

安倍総理が「桜を見る会前夜祭」について、「5千円というのはホテル(ニューオータニ)側が設定した価格だった」「受付終了後に、集金した全ての現金をその場でホテル側に渡すという形で、参加者からホテル側への支払いがなされた」などと、あまりに不自然な主張をし始めた中で、安倍総理の発言の整合性を持たせるべく、早速各所が「辻褄合わせ」に動き出したようです。
前夜祭に出席した安倍総理の支援者たちは、口々に「質素な(質の悪い)食事だった」などと揃って主張し始めた上に、銀座久兵衛の主人も前夜祭との関与を否定していますが、その中でも注目されるのは、会場となったホテルニューオータニの取締役の中に、安倍総理の右腕である今井尚哉首相秘書官の叔父・今井敬元経団連会長が名前を連ねていたとの新情報です。

なるほど。
安倍総理後援会による前夜祭会場に選ばれたホテルニューオータニすらも、「安倍トモの一員だった」ということだね。
ちなみに、銀座久兵衛は、そのホテルニューオータニの中に店舗(支店)を構えており、こうしたことから、前夜祭の中で「久兵衛の寿司が出された」との話が出ていたのは、とりわけおかしなことではないのでは(これまでの報道をみても、ニューオータニでのパーティーで久兵衛の寿司が出されるのはよくあることのようだ)と思われるけど…そもそも、久兵衛自身も、多くの大物政治家や日本政府と強固な信頼関係を結んでおり、「安倍総理や周辺政治家の顔を立てるための行動」に出たとしても全く不思議なことではない。
(したがって、この報道だけでは、実際どうだったのかの判断は難しいといえるだろう)

もちろん、前夜祭に招待された後援会のメンバーも、安倍総理を窮地に陥れるような(本当の)情報を流すわけもなく、安倍総理の発言の整合性を強調するような(辻褄合わせの)情報を揃って流すのも、(利得関係者としては)当然の行動だ。

やはり、全体の流れとしては、加計疑獄の際と同じような、「安倍総理のウソを取り繕うべく、周りの仲間たちが揃って辻褄合わせする」方向に動き出したとみるのが良さそうだし、それと同時に、グローバル資本勢力も安倍一派を守る動きに出てきたように見えるね。

やはり、そうした流れになってしまいますか…。
沢尻エリカ容疑者がこのタイミングで(スピン)逮捕されたことを見ましても、安倍一派の権力が警察組織全体に浸透していることを示唆していますし、この程度の不正事件では安倍一派の権力はびくともしないということになってしまうのでしょうか。

ううむ。これでも倒れないとなると、ますます、多くの(悪徳)ビジネス勢力が安倍一派の権力にあやかり(コバンザメのように)くっついていくことで、どんどん腐敗した権力が増長していくことになりそうだし、とにかく、来週以降のワイドショーや大手マスコミの世論調査を注視していく必要がありそうだね。

いずれにしても、こうして、(多大な権益を受けている)コアな支援者や安倍トモ大企業、さらには警察や捜査当局までもが揃って安倍総理の不正やウソを取り繕っていること自体が、日本の政治システムそのものに「大きな不公正」が生まれてしまっていることに他ならないし、”これ”自体が、すでに日本の民主主義や法治国家の原則が大きく破壊されてきていることの証左であると言えるだろう。

Pocket

 

 関連記事