【ついに】財務省が森友文書改ざんの事実を認める方針!戦後初の”重大国家犯罪”発覚によって、安倍政権はいよいよ岐路に!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年3月10日、朝日新聞のスクープ以降、その実態が大きく注目されてきた中、ついに財務省が森友公文書の改ざんの事実を認める方針を固めた。

・今夜にも麻生財務相と安倍総理が会談を行なう見通しで、麻生大臣の辞任のみならず、安倍政権そのものが大きく危機に追い込まれる展開になってきている。

財務省、書き換え認める方針=森友決裁文書、政権に打撃

学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地格安売却問題をめぐり、財務省が決裁文書の書き換えを認める方針であることが分かった。

政府関係者が10日、明らかにした。公文書の変造が明らかになることは安倍政権にとって打撃。野党は安倍晋三首相や麻生太郎副総理兼財務相の責任を厳しく追及する方針で、週明けの国会は大荒れになりそうだ。

【Yahoo!ニュース(時事通信) 2018.3.10.】

出典:Wikipedia

 

戦後初の国家犯罪の発覚によって、森友疑獄と安倍政権はついに重大局面へ…

朝日新聞の衝撃的なスクープから端を発した、戦後初の重大国家犯罪疑惑ですが、ついに財務省がこの事実を認める方針を固めたとのことです。
週明け以降の国会は、相当に緊迫した展開になることが予想されます!

ああ。先ほど見ていたテレ朝のサタデーステーションでもこのニュースが結構詳しくやっていたけど、そこでも、「いよいよ安倍政権にとって重大な局面に向かっていく」との内容を伝えていたよ。

さて、この財務省の方針は「誰の指示」によって決まったものなのか?
安倍政権が財務省に全ての責任を覆い被せるために、官邸主導で決まったことなのか?
それとも、(二階氏をはじめとした)安倍夫妻の横暴さに反感を持ってきた自民党内の面従腹背の勢力が主導しているのか?

これによっても今後の展開が色々と変わってくるかもしれないけど、はっきりと言えることは、もし安倍総理が財務省に徹底的に責任を押しつけたことで、同省を本格的に”敵”に回した場合恐らくその余命はそう長くはないということだろう。

そして、こうなると麻生財務相のクビは避けられなくなるだろうし、いよいよ本格的に自民党内でも「安倍切り」の動きが表に出てきた場合安倍政権はようやく終わりを迎える展開になりそうだ。

見る限り、日に日に自民党内でも安倍政権に見切りを付ける発言が散見されてきていますし、カルト系の”安倍信者議員”以外の間では、安倍総理を切り捨てるタイミングを慎重に伺っているように見えますね。
どちらにしても、どんなに悪あがきしようとも、安倍政権は”八方塞がりの状況”になりつつあるのは確かですね。

あとは、(自殺者すら出てしまった中で)財務省内で安倍政権に大きく怒り、本格的に立ち上がる官僚がどれだけ出てくるかどうかに注目だ。
とにかくも、来週の国会はかなり凄いことになりそうだね。

おススメ記事&広告

 
Pocket