大相撲・勝武士(本名:末武清孝さん)が新型コロナ感染死…38度の高熱で保健所に電話するも繋がらず&近隣の複数の病院からも受け入れてもらえず症状が悪化!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年5月13日、大相撲の現役力士、勝武士(本名:末武清孝さん)が新型コロナによる感染症で死去。28歳だった。

・報道によると、勝武士は、4月4~5日頃に38度台の高熱に見舞われ、師匠らが保健所に電話をかけるも全く繋がらず。近所の複数の病院に診療を依頼したものの、どこも受け付けてもらえず。近隣の医院にも相談したものの、診療に応じてくれる医療機関は見つからずその間に症状が悪化

・血痰の症状が出たため救急車を呼んだものの、その際にもなかなか受け入れ先が決まらず、夜になってようやく都内の大学病院に入院。簡易検査では陰性だったものの、さらに症状が悪化し、別の病院に転院後、PCR検査で陽性と判定。その後、集中治療室で処置を受けたものの、13日、都内病院で死去したという。

大相撲 新型コロナ感染の力士が死亡 28歳 20代以下は初めて

日本相撲協会は、先月、新型コロナウイルスに感染し入院していた大相撲の高田川部屋に所属する三段目の勝武士が13日新型コロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため東京都内の病院で亡くなったことを発表しました。28歳でした。大相撲で新型コロナウイルスに感染した力士が亡くなったのは初めてです。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.5.13.】

高田川部屋の勝武士がコロナ感染死 28歳

~省略~

協会が発表した勝武士さんの経過は以下の通り。

▽4月4、5日 38度台の発熱。師匠らが保健所に電話をかけ続けたが、つながらず。

▽4月4~6日 近隣の複数の病院に依頼したが、受け付けてもらえず。

▽4月7日 近隣の医院にも相談したが、医療機関は見つからず。

▽4月8日 熱が下がらず血痰(けったん)が見られたため救急車を呼んだが、なかなか受け入れ先が決まらず、夜になって都内の大学病院に入院。簡易検査の結果は陰性。

▽4月9日 状態が悪化し、別の大学病院へ転院。

▽4月10日 PCR検査で陽性と判定。

▽4月19日 状態が悪化し、集中治療室で治療を受ける。

▽5月13日 午前0時30分、都内の病院で死去。

~省略~

【Yahoo!ニュース(日刊スポーツ) 2020.5.13.】

保健所への電話が全く繋がらず、近隣の医療機関からも”門前払い”!「28歳」の若さが迅速な処置の妨げになってしまった可能性も…

またしても、新型コロナに関連して悲しいニュースが入ってきてしまいましたぁ…。
せっかく、師匠の方々がすぐに保健所に電話してくれたのにぃ、全く繋がらないのでは全然意味がありませんし、新型コロナの恐ろしさをますます思い知らされるニュースですぅ。

大体わかっていたことだけど、やはり、最も感染者が爆発的に増加していた4月において、事実上の医療崩壊が起こっていたと考えて間違いないだろう。
「新型コロナ(COVID-19)については治療法がないからどっちみち関係ない」みたいな声もあるけど、一定程度の効果がみられる薬も徐々に分かってきているし、発症の初期段階において適切な処置を施せば、重症化せずに回復する可能性は大いにある

今回の件についていえば、医療機関側が、「若い人より高齢者の方が重症化しやすく死亡率も高い」との要素をあまりに重要視してしまったために、まだ28歳である彼の症状をやや軽視してしまった部分があったのではないだろうか?
とにかくも、ここまで安倍政権がPCR検査を極力受けさせないシステムを強力に作り上げては、感染者を事実上ふるいにかける「4日間ルール」なるものを設け(現在は撤回の方向へ)、今も日本国内の感染実態が徹底的に覆い隠されている状況になっているのも、「何らかの明確な政治的な意図がある」ものと考えるのが自然だし、日本国内において、パンデミックに備えた十分な専門施設や検査体制がまったく整っていない現状があるのも、日本の政治権力による想像力や危機管理能力の欠如などによる「完全なる失政」という他ない。

本来であれば、こうした悲劇や失敗を徹底した教訓にすることで、二度と今回のような「ずさんなウイルス対応」を繰り返さないようにしつつ、国が主導してパンデミックに備えた設備やシステムの充実に国費を投じるべきなんだけど…今の安倍政権の姿を見る限り、今回の自らの失政の責任を全く取る気がないばかりか、ますます大量の国民を貧困や死に追い込むような動きを見せているので、この先日本国民がどうなってしまうのか、個人的に非常に強い懸念と危機感を持っているよ。

そういう意味でも、まだまだ長い人生や将来があるはずだった勝武士さんの死は、決して他人事ではないってことですねぇ…。
安倍政権は、私たちのための政治どころか、ますます自分たちが悪いことをやり放題のための法整備ばかりに全精力を注いでいる始末ですし、私たち自身の未来も、まさしく先が思いやられるような状態ですぅ…。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事