■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

山田真貴子内閣広報官が突然辞職!「体調不良」を理由に入院!続投を”ごり押し”した菅総理にもますます批判が集中!政府内からも「早くに更迭すべきだった」との声!

山田真貴子内閣広報官が突然辞職!「体調不良」を理由に入院!続投を”ごり押し”した菅総理にもますます批判が集中!政府内からも「早くに更迭すべきだった」との声!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年3月1日、菅長男と総務省による接待汚職事件において、7万4千円を超える高額接待を受けていたことが発覚し追及を受けていた山田真貴子内閣広報官が突如辞職することを発表。この日も国会に出席する予定だったものの、「体調不良」を理由に入院したという。

・山田氏の突然の辞職を受けて、違法行為が発覚したにもかかわらず内閣広報官の職を続投させる決定をしていた菅総理に、野党や国民からますます批判が殺到。政府の内部からも「早くに更迭すべきだった」との声が上がっており、菅政権にとってさらなる重大なダメージは避けられない見通し。

山田内閣広報官が辞職 総務省接待問題で 菅首相 国会で陳謝

衛星放送関連会社に勤める菅総理大臣の長男などから接待を受けていた山田真貴子内閣広報官は、先月28日体調不良を理由に入院し、3月1日辞職しました。菅総理大臣は、国会で、今回の接待問題を改めて陳謝しました。

山田真貴子内閣広報官は、総務審議官当時、衛星放送関連会社「東北新社」に勤める菅総理大臣の長男などから1回で1人当たり7万円を超える飲食の接待を受けていました。

先月25日には、参考人として国会に出席し「公務員の信用を損なうことになり、深く反省している」と陳謝し事業に関する働きかけはなかったなどと説明したうえで、辞職を否定していました。

また、菅総理大臣も、先週「今後とも、頑張ってほしいと思っている」と述べ、続投させる意向を示していました。

しかし、野党側は山田氏の国会での説明は不十分だなどとして内閣広報官を辞職するよう求めていました。

こうした中で、山田氏は、28日体調不良で入院して、3月1日付けで「職務を続けるのは困難だ」として辞表を提出し、持ち回りの閣議で認められました。

~省略~

環境省職員「早い段階で更迭すべきだった」

山田真貴子内閣広報官の辞職について、環境省の中堅職員は「内閣広報官という重い立場や7万円という高額な接待に対する世間の受け止め、それに総務省幹部の処分との比較で考えると早い段階で更迭すべきだった。

~省略~

警察庁職員「一線を越えている」

~省略~

そのうえで、「さまざまな業界の幹部と意見を交わす機会は各省庁ともあると思うが、今回のように民間企業から非常に高額な接待を受けていたことは明らかに一線を越えていて、国民の理解を得られるものではない。政治や官僚に向けられた不信感を取り除くための取り組みが必要だ」と話していました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2021.3.1.】

またも菅総理が「最悪の判断ミス」!”続投”をごり押ししていた中で山田氏本人が入院&辞職に!

出典:YouTube

あ~あ。また菅総理が大失策をやらかしてしまったわ。
「高額違法接待」発覚直後に素早く更迭させていれば最小限のダメージで済んだと思うけど、菅総理が無理やり続投させたことで世間の批判がさらに殺到したせいで本人が入院&辞表を提出というのだから、これ以上ないほどの「最悪の悪手」という他ないわ。

ネット上では、週刊誌が彼女に関する「かなり強烈なスキャンダル」を用意していることを知って慌てて辞職したのでは?との見方も出ているけど、確かにそうした可能性もあるだろうし、いずれにしても、これまでも「高額違法接待」に加えて「NHKへの恫喝電話疑惑」もあるし、そんな彼女が菅総理の記者会見を取り仕切ってマスコミを捌くこと自体、もう完全に不可能であることは誰が考えても分かる
確かに菅総理にとっては、常に真横に置いておきたいほどの「実に使える”忠犬”」だったんだろうけど、こうした「現実」からも目を逸らしたうえで、どうにかしてこの先も彼女を傍に置いておこうとしたことをみても、菅総理自身が、いかに「自分だけでは何もできない(とにかく”無能”である)」ことを自分でもよく分かっている上に、一人だけで記者からの追及や厳しい質問をかわす自信が全くないことを表している。
(この前のぶら下がり取材でも、まさにそうした菅総理の能力の無さが露呈してしまった。)

とにかくも、こんなにも事態を自ら大きく延焼させた後に、”片腕”といえる忠実な子分までをも失った菅総理は、ますます窮地に陥ってきたといえそうだ。

何をやるにしても、菅総理の政治センスの無さばかりがひたすら露呈する一方ね。
こんな調子では、(ただでさえ派閥を持っていない中で)いよいよ多くの自民党議員も菅さんから離れていきそうですし、少なからず二階幹事長はすでに(心の中では)菅総理に完全に見切りをつけているんじゃないかしら?

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ピックアップカテゴリの最新記事