■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【愛知不正署名】山田豪前常滑市議が、田中事務局長の指示で不正に関与したことを認める!田中氏「押印のない大量の署名がある。完成には指印を押す作業が必要だ」「こうやるんだ」

【愛知不正署名】山田豪前常滑市議が、田中事務局長の指示で不正に関与したことを認める!田中氏「押印のない大量の署名がある。完成には指印を押す作業が必要だ」「こうやるんだ」
Pocket

どんなにゅーす?

大村愛知県知事のリコール署名運動で大規模不正が発覚した事件について、山田豪・前常滑市議(不正署名事件の関与を疑われているのを受け4月15日に市議を辞職)が、田中事務局長の指示で、不正に関与したことを認めていたことが分かった。

・山田前市議は、当初は関与を否定していたものの、警察から事情聴取を受けたことで一転不正に関与したことを明らかに。田中事務局長から「押印のない大量の署名がある。完成には指印を押す作業が必要だ」と、偽造された署名に指印を押す作業を指示されといい、「こうやるんだ」と田中氏に偽造署名に指印を押す手本を見せられ、それにならっておよそ500枚の偽造された署名に指印を押したという。

・山田元市議の証言に対し、田中事務局長はこれを否定、「不正をやれとは言ってない」「集まってきた署名を整理精査して”訂正”をしてくださいとお願いをした」などと意味不明な説明を続けている。

【独自】事務局幹部「偽造に深く関与」認める 愛知県知事リコール不正署名 常滑市議を辞職

愛知県の大村秀章知事のリコール(解職請求)運動を巡る不正署名事件で、リコール活動団体の事務局幹部だった山田豪・同県常滑市議(52)が、本紙の取材に「偽造署名に深く関与した」と認めた。具体的な不正行為は「田中孝博事務局長の指示で昨年10月末~11月上旬、名古屋市内で同一筆跡の大量の署名簿に自ら指印を押した」と明らかにした。山田氏は15日、一連の問題の責任を取って議員辞職した。

リコール活動団体の事務局関係者が不正への関与を認めたのは初めて。山田氏は田中事務局長らとともに運動の中心的な役割を担い、活動方針の決定に関わったり、街頭演説で署名を呼び掛けたりしていた。地方自治法違反(署名偽造)の疑いで捜査している愛知県警から、任意で事情聴取を受けている。

~省略~

【東京新聞 2021.4.16.】

「筆跡が同じ署名に大量に指印」リコール署名、前市議が偽造関与認める

愛知県の大村秀章知事のリコール(解職請求)運動を巡る署名偽造事件で、署名活動団体の事務局幹部だった山田豪・前常滑市議(52)が偽造への関与を認め、「筆跡が同じ署名に大量に指印を押した」と周囲に話していたことが16日、複数の団体関係者への取材でわかった。団体事務局長の田中孝博氏(59)に指示されたとも語ったという。

複数の関係者によると、山田氏の説明では、49市町村で署名集めが終了した翌日の昨年10月26日、田中氏から名古屋市東区の団体事務所に呼び出され、「押印のない大量の署名がある。完成には指印を押す作業が必要だ」と告げられた。

その後、同月末と11月上旬の2回、同市内で田中氏ら数人と集まって作業した。田中氏は「九州から運んできた水増しの署名」だと話し、「こうやるんだ」と言って5本の指に赤インクをつけて見せ、山田氏もそれにならって、約500枚の署名簿に親指から順に押したという。

偽造に関わった理由については、田中氏に「(指印を押す)人を集められないか」と言われ、「仲間は巻き込みたくないと思った」と語ったという。

~省略~

【読売新聞 2021.4.17.】

田中事務局長「不正ではなく訂正のお願いをした」リコール不正署名、事務局幹部が偽造に関与の証言受け

~省略~

「不正をやれとは言っていない」関与を名指しされた田中事務局長

関係者に対し、田中事務局長の指示で署名に複数回、指印。

偽造に関与したことを漏らしたという山田元市議。

この証言に対し、関与を名指しされた田中事務局長はメ~テレの取材に対し「不正をやれとは言っていない」と反論しました。

「山田元市議とは兄弟のような付き合いをしていたつもりだし、彼がどういうやりとりでそのような発言をしたのか精査してもらっている最中ですから、近いうちに答えさせてもらう。説明責任はあると思ってますから。不正をやれとは言ってませんよ、集まってきた署名を整理精査して訂正をしてくださいと皆にお願いはしました」(愛知100万人リコールの会 田中孝博 事務局長 16日)

~省略~

【Yahoo!ニュース(メ~テレ) 2021.4.16.】


ついに田中事務局長が大々的に偽造署名に関与していた実態が明らかに!維新関係者が大規模不正の”実行犯役”だった内情が判明!

【独自】事務局長「選管は数えるだけ」と不正持ちかけか…愛知県知事リコール、取材に「あくまで一般論」

~省略~

山田氏の説明によると、「紙切れ」発言があったのは署名集め終了翌日の昨年10月26日。名古屋市東区のリコール活動団体事務所で、山田氏は田中氏から押印のない大量の署名に指印を押す不正を持ち掛けられ、拒否しようとしたが、田中氏は「リコールが成立しなければ署名用紙自体はただの紙切れだ。選管は数を数えるだけ。達成しなければ全部署名用紙が戻ってくる。心配はいらない」と説得してきたという。

愛知県選管によると、本来は署名数が解職の賛否を問う住民投票の実施に必要な法定数に届かない限り、選管は審査をせず、リコール活動団体側に署名簿を返却する。今回のリコールでは署名簿提出直後に不正を疑う声が多数上がったため、各選管が異例の調査をし、不正が発覚した経緯がある。

山田氏によると、田中氏の指示で昨年10月末~11月上旬の2日間、名古屋市内の公共施設で同一筆跡の大量の署名簿約500枚に自ら指印を押した。山田氏は「自分が指印を押した署名は佐賀市内でバイトが偽造した署名だと思う」と話している。

田中氏は本紙の取材に「山田氏らにそういう発言を日頃から言っていたのは事実だが、あくまで一般論として言っていた。不正を勧める意図はなかった」と話している。一方、関係者によると、田中氏は周囲に「リコールの成立に必要な署名数に届かなくても、ある程度の数はそろえないといけない」と話していたという。

~省略~

【東京新聞 2021.4.17.】

愛知県の大規模不正リコール事件ですが、これまで関与を強く否定してきた田中事務局長が、大々的に不正に関わっていた内情が明らかになってきました。
田中氏の指示で不正に関与したことを認めた山田豪前常滑市議(今回の不正関与の責任をとって市議を辞職)が、田中氏が「こうやるんだ」といいながら、偽造された署名に指印を押す作業を実践したと証言、山田氏もこれに倣っておよそ500枚の偽造署名に指印を押したとのことです。

ボクも、この田中事務局長が最も怪しいとみていたけど、やはりそうだったようだね。
田中氏は「不正をやれとは言ってない」「訂正する作業をお願いした」などと相変わらずヘンテコなことを言ってるけど、当初から関与を全面否定してきたことをみても、この男は完全なるペテン師&犯罪者というしかない。

●過去参考記事:「大村知事リコール不正事件」事務局関与の疑い強まる!事務局関係者が現地でバイトに具体的な指示か!田中孝博事務局長(維新)「事務局がバイトを雇用した事実はない。業者への委託もしてない」

どうやら、田中氏は「規定数に達することが無ければ、署名を偽造してもバレることはない」と踏んだうえで、それなりに多くの署名が集まったことを見せかけるために大量のバイトを動員して大々的な詐欺行為に走ったようだけど、署名が思いのほか全く集まらなかったことで最もメンツが潰れるのは、高須院長であり河村市長であるはずだ。
田中氏は周囲に「リコールの成立に必要な署名数に届かなくても、ある程度の数は揃えないといけない」と言っていたようだけど、田中氏が「どこか」から指示を受けて署名の大量水増しを行なった可能性もあり、今後も全ての真相を明らかにすべく、徹底捜査を行なっていかないといけない。

そして、こんな「詐欺師そのもの」と言えるような田中事務局長を次期衆院選で公認候補をして担ぎ上げてきた維新についても、徹底的に責任追及する必要がありますし、田中氏から指示で不正に加わった山田豪氏も愛知県内の維新の幹部(維新の地方組織「愛知維新の会」の 幹部だったことから、維新の関係者が組織的にこの一大詐欺事件に関与していた疑いも出てきています。

維新そのものが政党の皮を被った”凶悪犯罪集団”みたいなもんだし、これ自体は全く驚かないけど…言うまでもなく、日本の権力層からこうした犯罪者連中を完全に排除しないといけない
そして、容疑と証拠がより固まり次第、山田元市議や田中事務局長も逮捕する必要があるし、一体誰がこの前例のない”一大詐欺”を考え出したかについても、徹底的に明らかにさせる必要があるだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事