【ヤバい】英アストラゼネカ、開発中のコロナワクチンで深刻な副作用発生か!各国で治験を中断!日本政府は「深刻な副作用が出ても全額国が負担」で同社と合意!

Pocket

どんなにゅーす?

・新型コロナのワクチン開発が世界中で進められている中、英国系グローバル製薬企業アストラゼネカがオックスフォード大が共同で開発を進めている新型コロナワクチンについて、深刻な副作用が疑われる事例が発生し、米国での治験が中断されていると欧米メディアが報道。この事態を受け、日本においても治験を中断する方針であるという。

同社は、日本政府といち早く1億2000万回分のワクチン供給で合意をしている上に、「接種した国民から深刻な副作用が出ても、賠償金を全額国側が負担する」との合意内容が伝えられており、国民からは改めて新型コロナワクチンに対する不安や疑問の声が上がっている。

ワクチン、副作用疑いで治験中断 英製薬大手、日本法人も

【ワシントン共同】英製薬大手アストラゼネカが英オックスフォード大と共同開発している新型コロナウイルスのワクチンを巡り、臨床試験(治験)に参加したボランティアに深刻な副作用が疑われる事例が発生し、米国での治験が中断していると欧米メディアが8日、報じた。同社日本法人の広報担当者は取材に「全世界的に中断すると本社がコメントしている」として、日本での治験を中断する方針を示した。

~省略~

【Yahoo!ニュース(共同通信) 2020.9.9.】

アストラゼネカ、ワクチン治験を中断 日本政府が1億2000万回分の供給で合意

イギリスの製薬大手アストラゼネカが新型コロナウイルスのワクチンの治験を中断する と発表した。参加者に深刻な副作用が出た疑いがあるという。

アメリカの医療関連メディアSTATは8日、アストラゼネカがオックスフォード大学と共同開発している新型コロナウイルスのワクチンについてイギリスでの治験の参加者に深刻な副作用が出た疑いがあると報じた。

~省略~

日本政府は アストラゼネカのワクチンについて来年から1億2000万回分の供給を受けることで合意している。(ANNニュース)

【BIGLOBEニュース(ABEMA TIMES) 2020.9.9.】

「新型コロナワクチンに副作用があっても責任負わない」=アストラゼネカ

~省略~

ロイター通信によると30日(現地時間)、英国アストラゼネカのルード・ドーバー副社長は「各国と締結した新型コロナウイルスのワクチン供給契約には、ワクチンの副作用が発生した場合、自社が責任を負わないという内容が含まれている」と明らかにした。

【Yahoo!ニュース(WoW!Korea) 2020.7.31.】

疑念だらけの新型コロナワクチン、早速、治験段階で深刻な副作用が発生! 西村大臣は「安全性・有効性は不明ですが、ワクチンの確保に努めます」 と国民に向けて明言!

出典:アストラゼネカ

世界中で新型コロナワクチンの開発が競って行なわれている中、英国系グローバル製薬企業のアストラゼネカが開発しているワクチンについて深刻な副作用が発生、世界中で治験が中止されたことが伝えられました。
大手のマスコミでは詳しいことが報じられていませんが、脊髄の炎症が発生し、運動障害などが出たとの情報が一部から出ていますね。

本当に恐ろしいことだ。
日本でもこのワクチンの治験が行なわれていたみたいだけど、彼らの健康状態も心配されるね。

ノーベル賞受賞の本庶佑教授も警鐘を鳴らしていたけど、やはり、ものの1・2年でワクチンを実用化させるなんて端から無理だし、そもそも、すでに度重なるウイルス変異が認められている中で、ワクチンそのものが大した意味がないか、頻繁に何度も接種しないと効果が無い可能性もある。
こうなると、新型コロナのリスクそのものよりもワクチンのリスクの方が圧倒的に勝ることになるし、この状況でワクチンを「新型コロナの救世主」だと信じ、これを待望すること自体が、根本的に間違っているとしか言いようがない。

こうして俯瞰的にみてみると、安倍政権がいち早くグローバル製薬企業と大量のワクチン購入で合意したことは、これ以上ない愚かしい行為だったことが分かるだろう。
しかも、万一副作用が出て国民に深刻な健康被害が発生しても、賠償金は国側が肩代わり、つまり国民がカネを払わされることになるという、これ以上ないほどにグローバル製薬企業をぼろ儲けさせる内容だというのだから、いかにこの国の政府が(国民のカネを徹底的にプレゼントする)グローバル資本勢力の完全なる手先なのかがよく分かるだろう。

しかも、大手マスコミは、国民に「ワクチン神話」をしきりに刷り込み続けており、まさに、政府と同じくグローバル製薬企業に莫大な利益誘導を行なうべく、無垢な国民を徹底的に洗脳している実情が露わになっています。

西村大臣は、「安全性・有効性は不明ですが、ワクチンの確保に努めます」などと、ついつい本当のことをばらしてしまったけど、今回のニュースで、「国がゴリ押ししようとしている新型コロナワクチンは、どんな副作用や健康被害が発生するのは全くの未知数」ということが改めて示されただろう。
本来、ワクチンというのは、少なくとも10年以上のデータを集めない限り、おおよその安全性や危険性が見えてこないものだし、場合によっては無症状で済んでいたはずの新型コロナ感染を防ぐために得体の知れないワクチンを接種したことで、甚大な健康被害や障害が発生することほど悲惨なことはないだろう。

繰り返すけど、今の日本政府は、国民の健康や生命を真剣に守る気はさらさらないし、日本国民の命よりも、国民の貴重なお金をグローバル資本勢力へ無制限に献上することばかりを最優先にしているのが現状だ。

国民一人一人が現在明らかになっている情報や現状を客観的に把握した上で、「自分自身の健康や生命を守るにはどうすればいいのか」を冷静に考え、その都度適切な判断を行なっていきたいものです。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事