【衝撃】お台場に「うんこミュージアム」がオープン!お台場五輪会場の「糞便垂れ流し海水」が問題視されていた只中で!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年8月9日、東京お台場の「ダイバーシティ東京」に、「うんこミュージアム」がオープン。ネット上が騒然となっている。

・奇しくも、お台場の五輪競技会場で開催されたテストレースにおいて、参加選手から「トイレのような臭さ」との声が漏れたことをきっかけに、五輪会場のお台場周辺の海における大雨時の「糞便汚水の垂れ流し」が問題視されているさなかでの出来事に、ネットでは驚きや呆れる声が上がっている。

うんこミュージアムが開業
東京・台場に、8月から

「うんこはカワイイ」という新たな価値観を発信する「うんこミュージアム TOKYO」が東京・台場の「ダイバーシティ東京 プラザ」にオープンした。国籍や年齢に関係なく楽しめる体験型施設。観光スポットとして注目を集めそうだ。

横浜市でも同様の施設が9月までの期間限定で営業中で、3月の開業から4カ月半で女子高生など若い女性を中心に約20万人が訪れた。東京では外国人観光客もターゲットに含め、半年で35万人の入場を目指すという。

館内に入ると、女性スタッフが元気よく「こんにちうんこ!」と出迎え、来場者に「うんこ」と大声で言うよう促す。次に進むのはカラフルな便器が並ぶ部屋。腰掛けて踏ん張ると、プラスチック製の「MY UNKO」が現れた。便器に手を入れ、拾う体験をする。

~省略~

【共同通信 2019.8.20.】

お台場の東京五輪競技会場の「糞便汚水垂れ流し海水」が問題視されている中、一足早くにお台場に「うんこミュージアム」がオープンしていた!

なっ、なんなんですか~~!?この「うん●ミュージアム」って!
しかも、よりにもよって、あの、この頃話題になっているお台場に一足早くにオープンしていたなんてぇ~!!

こりゃ、名実ともに、お台場が「う●この名所」として、永遠に語り継がれていくことは確実(?)かな。
しかも、参加選手から「トイレのような臭さ」との声が漏れたテスト大会が行なわれたのが11日、このミュージアムのオープンが2日前の9日という、”偶然”というにはあまりにも出来過ぎているような、まさに奇跡的な事態だ。

それにしても、(小さな子どもならまだしも)う●この展示物に喜んでいる大人の人たちもちょっとどうかとは思うけど、お台場の海の問題は、まったく笑ってはいけない、人間の健康や感染症に直結するような問題だ。
そもそも、糞便というのは、悪臭の問題や感染症の危険をはらんでいるものであり、本来、楽しかったり可愛かったりするものではないだろう。
こんな風に、う●こをことさらに賛美してしまうと、それはそれで色々な誤解や問題が発生してしまうことになるのではと思うのは、考えすぎだろうか?

確かに、特に、子どもたちにとっても、間違った知識やイメージを持ってしまうことにも繋がってしまうかもしれませんねぇ。

横浜での催しでは、なんと20万人もの観客が訪れたというし、こうしたコンテンツが大きく受けるようになってきているのも、昨今の日本の風潮なのかもしれないね。

Pocket