茨城・土浦の花火大会で花火(スターマイン)が破裂し観客に落下!10人がケガ!会場では悲鳴が響き、強風で大会中止に!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年10月6日午後6時半頃、茨城県土浦市で行なわれていた「土浦全国花火競技大会」で、スターマインと呼ばれる「速射連発花火」が地上付近で破裂し、観客席に降ってくる事故が発生9歳から66歳までの男女10人がやけどやすり傷などのケガをした

・事故が発生した「土浦全国花火競技大会」は、今回で87回目を迎える全国的に有名な花火大会。全国から花火師が集まり演目を競う予定だったものの、会場に強風が吹いていたことが影響し、午後7時40分頃、大会は中止になったという。

観客に花火玉落下、10人けが…強風で打ち切り

6日午後6時半頃、茨城県土浦市の桜川河川敷で開かれていた「土浦全国花火競技大会」の会場で、打ち上げ花火の一部の玉が落下した。保安区域外の道路付近で破裂したとみられ、土浦署が調べる。同市などで組織する大会実行委員会によると、9歳から66歳までの男女10人がやけどやすり傷などの軽傷を負った。

実行委によると、大会はこの日午後6時頃に始まった。落下したのは、スターマインの一部の花火玉で、救護所で手当てを受ける人が相次いだ。病院搬送はなかったという。

大会は今年で87回目を迎える全国有数の花火大会。20都道県から56業者が参加し、スターマインなど3部門で花火師が競う予定だったが、強い風に見舞われ、実行委は93のプログラムのうち30余りを終えたところで花火の打ち上げを中断。午後7時40分頃、「強風のため観客の安全確保が困難」として大会を中止とした。

【読売新聞 2018.10.6.】


出典:YouTube

連射連発花火(スターマイン)が突然地上付近で破裂し、観客に落下!幸い全員軽傷で済むも、現場は驚きと悲鳴が!

にゃにゃっ!!
全国的に有名な土浦の花火大会で、花火が破裂して観客に落っこちてくる事故が発生したにゃ!
こりゃ、とっても危ない事故だにゃ!

幸い全員軽傷で済んだようだけど、ほんとに一歩間違うと大やけどを負ってしまう可能性もあったんじゃないかな
破裂したのは、「スターマイン」と呼ばれる、様々な仕掛けを施しながら短時間のうちに大量の花火を打ち上げる「連射連発花火」だったようで、NHKによると岐阜県の花火業者が打ち上げたものだったらしい。

何故このような事態が発生したのかはまだはっきりと分かっていないけど、大会開催当時、強い風が吹いていたようで、これが影響して大会は途中で中止になったとのこと。
「土浦全国花火競技大会」は、日本各地から腕自慢の花火師が集結する屈指の花火競技大会みたいだけど、今回の事故については、安全面で問題がなかったのかどうかを調査する必要があるかもしれないね。

ちなみに、花火に関する事故といえば、以前(2016年12月)に当サイトで、メキシコの花火市場で大量の死傷者を出した凄まじい「大規模爆発事故」のニュースを伝えたことがあったね。

過去参考記事:【怖すぎる】メキシコの花火市場で凄まじい大爆発が発生!31人が死亡し、53人が行方不明、70人以上がケガ!

↓当時の大爆発の映像。

このように、花火はとても華やかかつ迫力があって楽しい面がある一方で、火薬や火を扱う以上、常に安全面において細心の注意を払う必要がある。
運営側も今回の事故を検証しつつ、二度とこのような事態が起こらないように気をつけてもらいたいところだね。

この大爆発の映像は、いつ見ても衝撃的過ぎるにゃぁ~。
今回は軽傷で済んだのがほんとに良かったにゃけど、ほんとに運営の人たちには気をつけてほしいにゃ!

おススメ記事&広告

 
Pocket