【恥ずかしい】米トランプ大統領が「(南北首脳会談は)世界にとって素晴らしいこと」と歓迎する中、安倍政権「今後も最大限の圧力」「対話のための対話では意味なし」

Pocket

どんなにゅーす?

・異例のスピードで北の非核化に向けた南北首脳会談が決定したことを受けて、米トランプ大統領は「北朝鮮は誠実だ」「世界にとって素晴らしいこと」と、これを歓迎するコメントを発表した。

・その一方で、当初戸惑うような様子を見せていた安倍政権「今後も最大限の圧力をかける」「対話のための対話では意味はない」などの従来通りの判で押したようなコメントを繰り返しており、アジアの安定と平和に繋がる対話の動きを歓迎しないような動きを見せている。

北朝鮮の対話姿勢「偽りでない」 トランプ大統領が評価

トランプ米大統領は6日、ホワイトハウスで、北朝鮮と韓国が首脳会談の開催で合意したことについて「世界にとって素晴らしいことだ」と評価した。北朝鮮の対話姿勢を「偽りではない」とも語った。ただ、米国が北朝鮮との対話を始める条件については「話したくない」と明言を避けた。

トランプ氏はこの日、スウェーデンのロベーン首相をホワイトハウスに迎えた。その際、記者団から南北対話について楽観的かと問われると「楽観したい。とても良い対話が行われている。進展があった」と評価した。

北朝鮮が核兵器を放棄する用意があると思うかとの問いに対しては、「北朝鮮は前向きに行動しているが、何が起きるか見てみたい。願わくば、正しい道に行ってもらいたい」と語った。

【朝日新聞 2018.3.7.】

北朝鮮の変化に日本は慎重な見方、「圧力続ける」と菅官房長官

日本政府は北朝鮮が米国との対話に前向きな姿勢に転じたことに対し、これまでも非核化の約束をほごにしてきたとして、慎重な見方を崩していない。菅義偉官房長官は7日午前の会見で「対話のための対話では意味がない」と従来の発言を繰り返し、最大限の圧力をかけ続ける方針を示した。

【Yahoo!ニュース(ロイター) 2018.3.7.】

いよいよトランプ政権からも梯子を外され始めた安倍政権!韓国の外交力が世界から高い評価を受ける展開に、いまだに「圧力圧力」を繰り返すのみ!

予想通りにトランプさんも南北首脳会談を支持するコメントを正式発表してきた中で、いよいよ安倍政権の”道化っぷり”が世界で際立つ展開になってきたわねっ!
この期に及んでも、いまだに呪文のように「圧力圧力」って、この連中は思考力ってものがないのかしら!?

この急速に進んでいた南北融和のムードに対して、少し前まで「トランプ政権が強く警戒」なんて大手がこぞって報道していたけど、ボクからしてみれば「一体何を見ているのだ?」という感じだ。
どこからどう見ても、この南北の対話の流れを陰で主導しているのはトランプ政権そのものだし、やはり思った通りに、(あくまで自分たちが関与していないことを装いつつも)トランプはこの動きを歓迎するコメントを出してきた。

韓国・文政権の外交力も見事だけど、”世界の嫌われ者”を演じつつも、この動きの大元を作り出したトランプ政権は、やはりなかなかのものだ。

それと比べて、あまりにも無能でみっとないのが、まさしく我らが日本の安倍政権だ。
その行動を見ていれば、北朝鮮が穏健化に向かって、核兵器やミサイルを放棄するような展開を心から歓迎していないことが丸わかりになってきているし、ネオコン軍産の操り人形である安倍政権にくみしている日本のマスメディアも、「これを機に北朝鮮から核やミサイルの脅威がなくなればいい」との論調が全くと言っていいほどに出てこないのは違和感しかないね。

確かに、日本にとっても、北朝鮮が非核化に向かったりミサイル発射が止まればこれ以上嬉しい話はないのに、この流れを歓迎するようなコメントがコメンテーターからもほとんど聞かれないのはかなりおかしいわ。
その一方で「北はまた裏切るにきまっている」「一体どんな魂胆があるのか?」なんて、警戒を促したり、逆に危機を煽っているような報道が目に付くし、こういうのを見ていると、日本のマスメディアがアジアの平和や安定を望んでいない、戦争屋資本にコントロールされているのがよく分かるわ!

そもそも、トランプの件だって、日本では散々「暴君」「極右」「トンデモ」みたいな感じで最上級のバッシングで溢れているけど、トランプは(移民に関しては若干厳しめの政策を行なっているものの)安倍総理のように、自国民から人権や自由を取り上げようとしたり、圧力や脅しで国民を支配しようとしていないし、公約だって出来る限り実行するように努力している様子が見られる。

これでもかというほどに国民をバカにし、嘘とインチキと脅しで国民を”完全奴隷化”させようとしている安倍政権と比べれば、少なくともトランプ政権は100倍マシだし、日本のマスメディアはそんなトランプを叩く一方で、安倍総理の批判を極力行なわないようにしている時点で、完全にインチキなんだよ。

いわれてみれば、本当にその通りだわっ!!
改憲草案に「私権制限」を盛り込むとか、「”国民主権”を憲法から取り除く」とか、こんなことを本気でやろうとしている安倍総理の方が、トランプさんなんかよりもよっぽど狂人で危険な存在だし、もっともっと安倍政権の恐ろしさを私たち日本国民自身が理解する必要がありそうだわ!

北朝鮮問題でも、このような「対話の展開」を引き出すために強硬姿勢を見せていたトランプ政権と、本気で軍事緊張を極限まで高め、ミサイルをたくさん飛ばしてもらうために北を挑発してきた安倍政権とは根本的に中身が違っているので、一刻も早くにこの”狂人政権”を国民が強く拒絶し、政権から駆逐すべく行動を起こしていく必要があるね。

おススメ記事&広告

 
Pocket