【富山市】男が交番で警官を刺した上に拳銃を奪い、小学校警備員に発砲!警官と警備員2人が死亡し、確保時に銃弾を受けた男(21)も重体!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年6月26日午後2時頃、富山県富山市久方町の奥田交番で、入ってきた男が突如、稲泉健一警部補(46)を刃物で刺し、拳銃を奪う事件が発生。

・警官から拳銃を奪い取った犯人は、交番の付近にある奥田小学校に向かい、学校内にいた警備員中村信一さん(68)の肩付近に発砲

稲泉警部補と奥田さんは搬送先の病院で死亡を確認。犯人は21歳の男と報じられており、犯人も確保時に警察からの銃弾を受け、意識不明の重体だという。

男が警官刺し拳銃奪い、小学校で発砲 2人死亡 富山

富山県警に入った連絡によると、26日午後2時ごろ、富山市久方町の県警奥田交番の稲泉健一警部補(46)が男に刃物のようなもので刺され、拳銃を奪われた。男は近くの市立奥田小学校に向かい、小学校にいた警備員の中村信一さん(68)に発砲。中村さんは左肩などを撃たれて救急搬送された。男は警察官に身柄を確保された。

県警によると、稲泉警部補と中村さんは病院で死亡が確認された。男も左腹部を撃たれ、県立中央病院に救急搬送された。捜査関係者によると、容疑者は21歳の男だという。

【朝日新聞 2018.6.26.】

出典:日テレNEWS24

 

警官が突然襲われ拳銃を奪われる衝撃事件、一つ間違えば無差別大量殺傷事件に発展していた可能性も…?

ま、またも、信じられないような無差別殺人事件が起こってしまったわね…。
いきなり交番に入ってきたと思ったら、突如警官が刺されて拳銃を奪われるなんて…にわかに信じられないような事件だわ。

詳しい内容が入ってきていないけど、犯人は21歳の男で、確保される際に警察からの銃弾を受けて意識不明の重体とのことだ。
現場の映像を観てもかなり緊迫した空気が伝わってくるし、奪った拳銃を携えて付近の小学校に入っていったというのだから、場合によってはさらなる大惨事に発展していたかもしれない。

刃物で刺されて死亡した警官も、このような事態を全く想定していなかった可能性が高そうだし、銃弾を受けて死亡した小学校の警備員の男性も、まさかいきなり銃で撃たれるなんて思いもよらなかっただろう。

犯人が意識不明の重体になっている以上、動機が全く分からない状況だけど、この前の新幹線車内の無差別殺傷事件と同じように、社会に何らかの恨みがあったか、強い心的ストレスを抱えていたことが犯行に繋がった可能性がありそうだ。

犯人の確保によって、どうにか小学校にいた子供たちは無事に帰宅できたみたいだけど、事件の解明がどこまで出来るのかが気がかりだね。

最近の記事でも、最近の格差社会などから、日本の人たちの精神が以前と比べても貧しくなってきていることを案じていたところだけど、確かに、このところ精神が激しく病んでいる人間による無差別殺人が増えているように感じるわ。

最近のストレス社会や若者の貧困化、国民全体に漂う閉塞感が影響している可能性もあるので、今後も同じような事件が続発していかないかがかなり心配だ…。

おススメ記事&広告

 
Pocket