東京五輪はすでに水面下で「中止」が決定!?フライデーが報じる!米政府と繋がりのある旅行会社のレポートに「東京五輪は中止」の記述が…

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年5月29日発売のフライデーが「東京五輪はすでに水面下で中止が決定している」と報道。ネット上で大きな話題になっている。

・同誌によると、米政府と繋がりのある旅行会社のレポートに「東京五輪は中止が決定している」との記述があるといい、すでに安倍政権もこれに了承したのではとの推測も浮上。安倍総理はいまだに「完全な形で開催したい」などと言い続けている中で、事の内情について様々な声が上がっている。

五輪中止は決定済みと報じた週刊フライデーの衝撃

きょう5月29日発売の週刊フライデーが(6月12日号)が安倍政権の帰趨を占う衝撃的な記事を掲載した。

来年7月に延期された東京五輪が、実はすでに中止とすることで決定済みであるというのだ。

そのことを示す極秘情報を週刊フライデーが入手したというのだ。

すなわち、米政府との繋がりをバックに世界展開している大手旅行会社のマル秘レポートの「東京五輪は中止が決定している」という一文が見つかったというのだ。

中止の理由は次の通りとなっているというのだ。

①多くの国が代表選手を再選考するための大会を開催する余裕も時間もない
②来年は各国ともに財政立て直しが最優先される
③ワクチンができたとしても世界中に行き渡るだけの量を確保することは困難
④アフリカや中南米などの医療後進国はまだ第一波の真っただ中でこれからが大変

いずれももっともな理由だ。

~省略~

【BLOGOS(天木直人) 2020.5.29.】

いよいよ、東京五輪の中止が現実味か!?すでに水面下では、政府と通じている企業が中止に向けて動き出している可能性も…

ついに「東京五輪の中止がすでに決定している」との情報が出てきたわ。
普通に考えても、いまだに世界中でコロナ危機が継続している中で、来年に東京五輪を行なうことなんて、どう考えても限りなく不可能に近いような感じですし、理由として並べられているものを見ても、納得するものばかりだわ。

日本も十分に大変な状況にあるけど、欧米なんか、さらにとんでもない事態になっていて、いわば地球規模で各国政府が大きく傾いているような状況だもんね。
しかも(真夏になれば少しは勢いが収まるかもしれないけど)今年の冬から翌年にかけて、またしても同程度かそれ以上にすさまじい「第2波」が、日本を含めた各国を襲う可能性も大いにある
こうなれば、1年後に東京五輪をやることなんて1000%無理だし、上の記事で天木直人氏が言っているように、今のうちに中止にする判断を下した方がダメージがよほど少なくて済むだろう。

何の確証も科学的根拠もないのに、「たったの1年だけの延期」をごり押しした背景には、21年の秋で任期が切れる安倍総理による個人的な欲望や”レガシー作り”の思惑があったとのことだけど、この「安倍総理個人の欲望」だけで決めてしまった判断が、日本そのものをとんでもない破滅や破綻に導く可能性が高くなってきたわ。

なんだか、安倍総理本人の様子を見ていると、いまだに「来年夏に人類が新型コロナウイルスに完全に打ち勝った証しとして、完全な形で大会を開催したい」などと、相変わらずカルトチック&非科学的な欲望や願望を丸出しにした発言を続けているけど、一体どうなっているんだか。
IOCのバッハ会長は「来年の開催がなくなった場合、東京五輪は中止にするとの意向を安倍総理から受けた」みたいなことを言っているし、すでに水面下で日本側とIOC側で何らかの取り決めがされている可能性は大いにありそうだ。

恐らく、このままコロナ危機が収束の一向に兆しが見えない場合、世界中で「東京五輪の中止」を求める声がどんどん大きくなっていくだろうし、事実上、すでに東京五輪の開催は非常に難しくなっている(というか、すでに「中止」前提で事が動いている)とみていいのではないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事