■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【要警戒】「東京五輪でテロを起こされる危険」について専門家も警鐘!「現時点でテロの危険性を意識している国民はどれほどいるでしょうか」

【要警戒】「東京五輪でテロを起こされる危険」について専門家も警鐘!「現時点でテロの危険性を意識している国民はどれほどいるでしょうか」
Pocket

どんなにゅーす?

・危機管理のコンサルタント企業・OSCのアドバイザーで清和大学講師の和田大樹氏が、「東京五輪でテロを引き起こされる危険がある」ことを指摘した。

・和田氏は、これまでの五輪と比較しても、東京五輪のテロ対策が非常に脆弱であることを指摘。変異株の感染爆発の懸念も指摘されている中、グローバリストによるバイオテロを引き起こされる危険も高まっている。

東京五輪保安対策に苦言「日本人単独テロも排除できない」

「菅首相が言う『安心安全な五輪』はコロナ対策の1点のみに集約されているように見えます。テロリズム研究を専門とする私は、これに非常に懸念を覚えます」

こう苦言を呈するのは危機管理のコンサルタント企業OSCのアドバイザーで清和大学講師(非常勤)の和田大樹氏だ。

~省略~

前出の和田氏はさらに続ける。

「これまで各都市で開催されてきたオリンピックではテロ対策は最優先事項でした。しかし、今回の東京五輪ではその対策がまったく見えてきません。警察などは準備をしているとは思いますが、それが国民や世論に十分に伝わっていません。五輪を開催するのであれば、テロなど治安面も国民に十分に周知する必要があります。現時点でテロの危険性を意識している国民はどれほどいるでしょうか」

~省略~

【日刊ゲンダイ 2021.6.18.】

専門家も「東京五輪でテロ」の危険を指摘!グローバリストによる「バイオテロ」によって破滅的事態に見舞われる可能性も…!

出典:IOC

これまで、私たちは「東京五輪でテロを引き起こされる危険がある」ことを指摘してきましたが、専門家も過去の五輪と比較してもテロの脅威が高まっていることに警鐘を鳴らしています。

日刊ゲンダイでは、「コロナ禍によって大きなストレスをためている一部の日本国民が(鬱憤を晴らすために)反社会行為を引き起こす懸念がある」ことや、「五輪に反対する”反グローバリズム”を掲げている組織がテロを起こす危険がある」などと伝えているけど、それよりも最も危険性が高まっているのは、(やはり)現在世界的なコロナ危機を引き起こしているグローバリストによる(新たに製造された危険な変異株を拡散させる)バイオテロだろう。

もし、「反グローバリズム」を掲げる団体が東京五輪で示威的なテロや犯罪的なパフォーマンスを行なった場合、まずグローバリストによる”濡れ衣工作”であることを疑う必要がありそうですし、かねてより、ワクチン利権の番頭であるビル・ゲイツ氏が東京五輪の強行を一貫して唱えてきたことを見ても、”彼ら”は東京五輪を通じて「変異株による日本国内での感染爆発を意図的に引き起こそうとしている」とみて間違いないでしょう。

●過去参考記事:【出た~】菅総理とビル・ゲイツ氏が電話会談!ゲイツ氏が「東京五輪強行開催」を要求!菅総理「五輪必ずやりきる」!→ネット「何でゲイツが五輪を推すんだよ」「ワクチン強制待ったなし」

人為的にウイルスをばら撒かなくても「五輪の開催そのもの」を通じて自然に感染爆発が起こる可能性も十分に高いし、そもそも、この状況で(緊急事態宣言中でも)東京五輪を強行的に開催すること自体が、菅政権やIOCら(とその背後に控えているグローバリスト)による立派な”テロ”だと思うけどね。
(さらにいえば、”人体実験同然”の新型コロナワクチンを大手マスコミなどを利用して世界中の人々にゴリ押し接種していることも、ボクに言わせれば完全な”テロ”だと思ってるよ。)

どちらにしましても、いよいよ東京五輪が1か月後に迫ってきた中で、私たち日本国民は「(バイオテロを含めて)破滅的事態を想定しておく」必要がありそうですし、「何が起こってもおかしくない」との認識を持って、最大級の警戒を払う必要がありそうです。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事