東京五輪のボランティアから「辞退者」が続出!辞退した大学生「国民から歓迎されるイベントなのか疑問が生じた」…組織委は「辞退者はごくわずか」としつつ現在の登録数を明らかにせず!

Pocket

どんなにゅーす?

・新型コロナ危機が深刻な事態に発展しており、国民から「東京五輪の中止」を求めることが噴出している中、東京五輪のボランティアを辞退する人が続出しているという。

・辞退した大学生の一人は「困窮する人もいる中、国民から歓迎されるイベントなのか疑問が生じた」とその心境を吐露。同じような理由で辞退する人が増えていることが推測されるものの、組織委はメディアの取材に対し、「辞退者はごくわずかで運営に支障はない」などと強調した一方で、現在のボラ登録者数を明らかにしなかったとのこと。

東京五輪・パラのボランティア 辞退者相次ぐ 「国民が歓迎するイベントなのか」

~省略~

◆「政府や組織委に嫌気が差した」

神奈川県の大学3年桑野渚さん(21)は昨年3月、延期決定の直後に辞退した。今夏は就職活動と教育実習を控え、ボランティアとの両立が不透明だからだ。

「スポーツが好きだし、外国人との交流で自分の英語力を試したかった」と残念そう。五輪の代わりに、別のボランティア団体の実行委員として活動の企画を担っているという。

千葉県の大学4年鈴木南帆さん(22)は、コロナの感染拡大が深刻化した昨年12月に辞退した。高齢の祖母や医療系の学校で学ぶ妹ら、家族に心配をかけられないと決断した。

「以前は五輪のボランティアをすることが誇らしかった。でも、コロナ禍で医療が逼迫し、困窮する人もいる中、国民から歓迎されるイベントなのか疑問が生じた」と話す。

ボランティアの感染防止対策を巡っては、政府が昨年12月に公表した中間報告に「体調管理シートを活用し自己管理」などが盛り込まれたが、PCR検査などは今後の検討とされた。

茨城県の大学1年の男子(20)は「具体的な対策が分からず、政府や組織委に嫌気が差した」。大学ではオンライン授業が続いており、「キャンパスに行けないのに、五輪会場に集まれというのはおかしい」と疑問を呈した。

~省略~

ある担当者は匿名を条件に「大会全体で何人が辞退したかは分からないが、少なくとも数十人規模の辞退者が出た競技もある。その分は追加で集めようとしたが、目標人数には達しておらず、運営に不安がある」と明かす。
本紙の取材に、組織委広報部は「延期後の辞退者は全体から見ればごくわずかで、運営に支障はない」と話す一方、現時点の登録人数は明かさなかった。

~省略~

【東京新聞 2021.1.24.】

(竹中パソナが仕切る)東京五輪ボランティアから辞退者が続出!「具体的な対策が分からず、政府や組織委に嫌気が差した」との声も…!

出典:Tokyo2020

国民から「東京五輪の中止」を求める声が殺到している中で、ついに、ボランティアに登録していた人たちからも辞退者が続出し始めたみたいだわ。
これは、東京五輪ボランティアを大々的に仕切っては、莫大な利権を手にするはずだった竹中平蔵さんのパソナにとっても大きな誤算だったわね。

(反強制ではなく)自ら進んで東京五輪のボランティアに登録したのなら、腐敗した権力層に対する「ある程度の信仰心」があったり、権力に隷属すること自体に比較的無防備というか、あまり頓着しないような人々なのではと思うけど、そんな「従順な人々」からも、ついに強い不信感や嫌悪感が出始めてきたってことなのかな。

組織委は、「延期後の辞退者は全体から見ればごくわずかで、運営に支障はない」と強弁しつつも、具体的な登録者数については明らかにするのを拒絶したようだけど、なるほど、ひろゆき氏による「政府内部ではもう中止が確定してるが、表向きは(まだ)言えないから『再募集する必要はない』ってことなのでは?」という推測はなかなか鋭いように思えた。
とにかく、この先もさらにボランティアの辞退者が続出していけば「東京五輪を行なうのはもう完全に無理」ってことになるし、(海外メディアが報じているようにますます東京五輪をごり押し開催することは物理的に不可能に近くなってきたといえそうだ。

でも、東京五輪ボラで莫大な儲けを得るはずだった竹中平蔵さんにとっては、そりゃ何としてでも意地でも強行的に開催させたいでしょうし、だからこそ、余計に政府や組織委のどこからも、表立って「中止するしかない」とまっとうな提言をする声がどこからも上がってこない(言いたくても言えない)ってことね。

まさに、「誰も責任を取りたがらない」「責任の所在をうやむやにして全ての損害を国民に押し付ける」という、深刻な「日本病」がここでも本格的に頭をもたげてきた感じだし、このまま、菅総理が早くに「決断」をしない限り、(限界までズルズルと決断を先延ばしし続けたことで)最後は想像を超えるほどの「甚大な損害や崩壊」が日本列島を襲うことになりそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事