【統計偽装】特別監察委、やり直し調査でも「組織的隠蔽」認めず!野党や国民から怒り殺到!根本大臣らの更迭避けるために安倍政権に忖度か!

Pocket

どんなにゅーす?

・政府による勤労統計偽装事件を調査していた特別監察委員会が、多くの批判を受けてやり直しの調査を行なった結果、再度「組織的隠蔽は認められない」との調査結果を発表し、野党や国民から怒りの声が殺到している。

「ヤラセ同然の身内による大甘調査」との批判を多く浴びていた中での再度の調査結果に、根本厚労相らの更迭の事態などを避けるために、特別監察委が安倍官邸に忖度をしている疑いも浮上している。

特別監察委員長、厚労省の隠蔽否定 野党「お手盛りだ」

~省略~

27日発表の追加報告書は、焦点となった厚労省の組織的隠蔽について担当室長らが総務省にうそをついたと認定。一方で担当者らが深刻な不正と捉えず、意図的に隠したとまでは認められないと結論づけた。

樋口氏は「委員会で隠蔽行為は、法律違反や極めて不適切な行為を認識しながら意図的に隠そうとする行為と定義した」と説明。その上で「(厚労省の担当者らが)深刻な不正と捉えていたことは認められなかった。むしろその場しのぎの事務処理をしていた」と述べた。国民民主党の原口一博氏は「虚偽は認定し、隠蔽していないとしている。矛盾だ」と指摘。「全く納得できない。お手盛り調査をやめませんか」と検証のやり直しを求めた。

調査手法変更への首相官邸の影響について、原口氏は「国会で議論されているのは官邸の関与だが、報告がない」と監察委が検証しなかったことを批判した。樋口氏は「ローテーションサンプリング(部分入れ替え)方式の導入は統計法上きちんとした手続きを経ており、統計の専門的な視点からも合理性を欠いているとは言えない」と答弁した。

~省略~

【朝日新聞 2019.2.28.】

隠蔽疑惑「シロでない」=統計不正で特別監察委員長

衆院予算委員会は28日午後、毎月勤労統計の不正問題などをテーマに集中審議を続行した。追加報告書をまとめた厚生労働省の特別監察委員会の樋口美雄委員長(労働政策研究・研修機構理事長)は組織的な隠蔽(いんぺい)について「シロであると私どもは言っていない。あったと言うことはできないと言っている」と説明した。立憲民主党会派の大串博志氏への答弁。
追加報告書では「意図的に隠したとまでは言えない」としており、幹部や職員個人による隠蔽も認定していない。樋口氏は特別監察委が全会一致で報告書を確認したことを明らかにしつつ、「隠蔽がなかったかどうかは非常にグレーだ」との認識を示した。大串氏は「調査が甘い」と批判した。

【時事通信 2019.2.28.】

安倍独裁政権下では、政府による無法行為も正当な調査や処分が出来ず!根本大臣らの責任問題避けるために、詭弁を用いて「組織的隠蔽無し」と発表!

出典:YouTube

もう、この特別監察委員会そのものが、安倍官邸直下の「インチキ第三者機関」としかいいようがないわっ!!
担当室長が嘘の説明をしたにもかかわらず「組織的隠蔽はなかった」って、こんなに何から何までが矛盾したふざけた報告書が一体どこにあるのよっ!!

つまり、平たく言うと、前回の”おざなり報告書”よりも正確な内容の報告書を作るとなると、どうしても、根本厚労相ら安倍政権の責任問題や閣僚の更迭に発展することが避けられなくなりそうなことから、これをどうにか避けるために、様々な屁理屈や詭弁を用いて「組織的隠蔽はなかった」と結論づけたということかな。

あおいちゃんのいうとおり、「特別監察委員会」とは名ばかりの、まさに安倍官邸直属の「インチキ第三者機関」だし、これまで当サイトが警告してきたように、すでにこの国は、安倍政権やその配下の官僚による不正や犯罪事件について、まともな調査や捜査もできず、これらの無法行為を取り締まることも不可能な末期的な独裁状態になってきたということだ。

これまでも、グローバル資本勢力による「徹底的な支配下」にある中で、敗戦以降「エセ民主主義制度」をインストールされてきた日本国家だったけど、いよいよ、このメッキが完全に剥がれてきては、これまで覆い隠されてきた「インチキ民主主義システム」が本格的に剥き出しになってきたことを肌で感じるね。

相変わらず、大手マスコミは、こうした安倍政権の腐りきった独裁ぶりと腐敗をただ淡々と垂れ流すだけだし、私たち国民は、すでに三権分立も完全に崩壊してきては、「安倍官邸の裁量でほとんど全てが決まる」世の中に突入しかかってきていることをもっと認識した方がいいんじゃないかしら!?

Pocket

 

おススメ記事&広告