■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

森友事件の「もう一つの裁判」が始まる!大阪地裁の山地裁判長が”傍聴公開”で進めることを宣言!「ビッグコミックスピリッツ」では赤木さん夫妻をモチーフにした漫画がスタート!

森友事件の「もう一つの裁判」が始まる!大阪地裁の山地裁判長が”傍聴公開”で進めることを宣言!「ビッグコミックスピリッツ」では赤木さん夫妻をモチーフにした漫画がスタート!
Pocket

どんなにゅーす?

・2022年1月18日、森友文書改ざん事件で命を絶った赤木俊夫さんの妻・雅子さんが、財務省や近畿財務局が検察に提出した文書などを開示要求するよう求めた裁判が始まった

大阪地裁の山地裁判長は、「この事案は、公開の要請が非常に強いと思われますので、口頭弁論手続きで基本的に進行することを考えています」とコメントし、”傍聴公開”で進めることを宣言。小学館の漫画誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」では、赤木さん夫婦をモチーフにした作品の連載が始まろうとしている中、ネット上で改めて雅子さんを応援する声が相次いでいる。

赤木さん『財務省が検察へ提出した文書』の開示求めた裁判始まる 国は請求棄却求める

森友学園の国有地売却を巡る公文書の改ざんを命じられて自殺した財務省近畿財務局の元職員・赤木俊夫さん(当時54)の妻・雅子さんが、財務省が検察に提出した書類を開示するよう求めた裁判が、1月18日から大阪地裁で始まり、国側は訴えを退けるよう求めました。

財務省近畿財務局の元職員・赤木俊夫さんは4年前の2018年に、森友学園をめぐる公文書の改ざんを命じられたことを苦に自殺しました。

妻の雅子さんは去年8月に改ざんの指示系統を知るため、財務省や近畿財務局が検察に提出した文書などを開示するよう求めましたが、財務省は「犯罪の予防や秩序の維持に支障を及ぼす」などとして『全部不開示』としたため、雅子さん側は国に対し不開示とした決定を取り消すよう求めて提訴しました。

1月18日から始まった裁判で、雅子さん側は「財務省は捜査をする側ではないし、検察の捜査はすでに終了して、証拠を保全する必要性はない」と主張しました。

~省略~

【MBS 2022.1.18.】

もう一つの裁判始まる 裁判長が「審理は公開の法廷で進める」と宣言

「この事案は公開の要請が非常に強いと思われますので(傍聴公開される)口頭弁論手続きで基本的に進行することを考えています」

大阪地裁の山地修裁判長が告げた。異例の宣言に法廷がどよめいた。

公文書改ざん事件で命を絶った財務省近畿財務局の赤木俊夫さん。その妻、赤木雅子さんが事件に関する情報開示を求めて起こした裁判が18日、大阪地裁で始まった。

~省略~

裁判は公開の法廷で行われるのが原則だが、民事裁判の場合、原告被告双方と裁判所の三者だけで意見を交わす非公開の協議が設けられることが多い。雅子さんが国などを訴えた損害賠償訴訟でも非公開の協議がしばしば開かれた。12月15日に裁判を強制的に終わらせられた「認諾」という手続きが取られたのも非公開の場だった。

~省略~

弁論が終わった後、代理人の一人、生越照幸弁護士に尋ねると「山地さんですからね。さすがです」との言葉。

~省略~

それにもうひとつ楽しみがあった。近くのコンビニで買った小学館のマンガ誌「ビッグコミックスピリッツ」の最後に近い見開きのページ。「がんばりょんかぁ、マサコちゃん」という作品の連載が次週から始まるという告知だ。「これは実在の夫婦の物語。そして、愛する人の喪失に向き合うすべての人へ贈る物語」とある。

「いよいよ始まりますね。わくわくするけど怖いような気もします」

連載開始は1月24日だ。

【日刊ゲンダイ 2022.1.20.】

ビッグコミックスピリッツ:新連載6作品 イトイ圭、濱田浩輔、魚戸おさむ、高橋しんも

12月6日発売のマンガ誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)2022年1号で、2021年の年末から2022年にスタートする新連載6作品が発表された。

12月27日発売の同誌4・5合併号でイトイ圭さんの赤の他人の同居譚(たん)「おとなのずかん 改訂版」の連載がスタートし、2022年1月8日発売の6号で濱田浩輔さんのダークファンタジー「レ・セルバン」、1月24日発売の8号で宮崎克さん原作、魚戸おさむさん作画の「がんばりょんかぁ、マサコちゃん」の連載が始まる。

~省略~

【MANTANWEB 2021.12.6.】

赤木雅子さんと国民による「新たな戦い」が始まる!財務省側は、検察に提出した書類について「犯罪の予防や秩序の維持に支障を及ぼす」などと主張し全力隠蔽!

出典:Wikipedia

赤木雅子さんと私たち日本国民の「新たな戦い」が始まりました
相変わらず、財務省側は森友事件に関する重要書類を全力で隠蔽している始末ですが、そんな中で、大阪地裁の山地裁判長が”公開裁判”を行なうことを宣言したのは大きなことだと思います。

前代未聞の重大な犯罪をおかした上に、かけがえのない人の命まで奪っている側が「犯罪の予防や秩序の維持に支障を及ぼす」などとのたまっている時点で、ふざけているにもほどがあるけど…改めて、赤木雅子さんの信念の強さと聡明さには本当に励まされるし、頭が上がらない
これは、愛するたった一人の夫の無念の思いを晴らしたいとの思いだけでなく、「日本の民主主義システムを取り戻す」という崇高な使命感と、「日本の国と国民を救いたい」という利他的な意識がないととても出来ないことだし、だからこそ、ボクたち日本国民は全力で雅子さんを支え、共に裁判を戦っていかないといけないんだ。

そして、「ビックコミックスピリッツ」では、赤木さん夫婦をモチーフにした漫画作品の連載がスタートするみたいで、こちらについても要注目ですね!

一体どんな話なのか、詳しい内容はまだ分からないけど、この作品を機に、一人でも多くの国民が森友文書改ざん事件により強い関心を持つことを願っているし、財務省が今もなおあらゆる内情を全力で隠し続けている中、国民全体で雅子さんをサポートし、なぜ俊夫さんが命を絶たないといけない事態になってしまったのか、(日本の民主主義や法治国家の原則を取り戻していくためにも)国民が主導してその真相を徹底的に明らかにしていく必要があるだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事