■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

天皇陛下が「東京五輪強行」に強い懸念か!西村宮内庁長官「開催によってコロナ感染拡大に繋がらないか、心配されていると拝察」!→加藤官房長官「長官個人の考えだ(=勝手におかしな妄想をしてるだけ)」

天皇陛下が「東京五輪強行」に強い懸念か!西村宮内庁長官「開催によってコロナ感染拡大に繋がらないか、心配されていると拝察」!→加藤官房長官「長官個人の考えだ(=勝手におかしな妄想をしてるだけ)」
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年6月24日、西村泰彦宮内庁長官が、定例会見において「天皇陛下が東京五輪の強行に強い懸念を持たれている」との内情を明らかにした。

西村長官は、「国民の間に不安の声がある中で、ご自身が名誉総裁をお務めになるオリンピック・パラリンピックの開催が感染拡大に繋がらないか、ご懸念されている、心配であると拝察いたします」コメント。多くの日本国民から強行開催に強く反対する声が噴出している中、菅政権やIOCの「ゴリ押し開催」に釘を刺した形になった天皇陛下の意向に多くの注目が集まっている。

【速報】「天皇陛下 五輪開催による感染拡大に懸念と拝察」宮内庁長官

~省略~

西村長官はきょう午後の定例会見で、「天皇陛下は現下の新型コロナウイルス感染症の感染状況を大変ご心配されておられます」「国民の間に不安の声がある中で、ご自身が名誉総裁をお務めになるオリンピック・パラリンピックの開催が感染拡大に繋がらないか、ご懸念されている、心配であると拝察いたします」と述べました。

その上で、「私としましては、陛下が名誉総裁をお務めになるオリンピック・パラリンピックで感染が拡大するような事態にならないように、組織委員会をはじめ、関係機関が連携して、感染防止に万全を期していただきたい」と強い懸念を示しました。

【TBS News 2021.6.24.】

宮内庁長官「陛下が五輪ご懸念と拝察」発言に加藤官房長官「宮内庁長官自身の考え」

西村宮内庁長官が、東京オリンピックに関する天皇陛下の受け止めについて、「開催が感染拡大につながるのではないかと懸念されていると拝察している」と発言したことについて、加藤官房長官は6月24日午後の会見で、発言は「宮内庁長官自身の考え方だ」との見解を示し、安全安心な大会開催に向けて準備を着実に進める方針を強調した。

~省略~

【livedoorNEWS(FNN) 2021.6.24.】

天皇陛下が「異例の懸念表明」をしたものの、菅政権は全くお構いなしに「五輪強行」へ!(バッハ会長は「天皇に会わせろ」と要求!)

何から何までが「異例だらけ」の展開になってきたわ。
「日本国民に寄り添う姿勢」を一貫して続けてきた上皇陛下の意向を継いでいると思われる天皇陛下が、大多数の国民が反対を訴えてきた東京五輪の強行について、「強い懸念」を表明されたとのことよ。
でも、これをダイレクトに伝えてしまうと「政治的発言」になる恐れがあることから、「拝察(そう考えているように見える)」ということにして、極力ぼやかした形で発表したということね。

しかし、こうした天皇陛下の意向を反映させたうえで東京五輪を中止にすると、まさに「天皇陛下の意向によって東京五輪が中止になった」という「権力を行使した事実」が作られてしまうので、恐らく、菅政権もこのまま天皇陛下の意向を無視して東京五輪を強行することになるだろう。

しかし、天皇陛下が東京五輪の名誉総裁(19年に就任)になっていたなんて、全く知らなかったね。
安倍前総理からの(強い)要請によって就任することになったみたいだけど、こうした動きを見ても、天皇家そのものを「グローバル資本勢力の一角」に強力に組み込んでいこうとするグローバリストの意向が見え隠れしているように見えるね。

おまけに、東京五輪の強行開催を先導している「五輪マフィアの一人」であるIOCのバッハ会長は「来日時に天皇に会わせろ」と要求しているみたいですし、今回の天皇陛下の「ご意向発表」は、グローバル資本勢力からの度重なる”天皇家への侵略”に対して、一定の”拒否反応”を示したと見るのがいいかもしれないわね。

古来から連綿と続いてきた日本の天皇家に対して、グローバル資本勢力が「黄金の国・ジパングへの侵略作戦」に際して”天皇家の攻略・解体”を画策し、様々な工作を仕掛けてきたことは、過去の歴史を紐解いてもよく見えてくるし、東京五輪における内情をよくウォッチしても、そうした「グローバリストによる天皇家に対する侵略・攻撃」が介在していることが仄見えてきている。
実際のところ、現在の日本社会の秩序がどうにか維持されていては、”完全なる崩壊”を寸前のところで止めているのは、(多くの日本国民が心の拠り所にしている)天皇家の力によるところが大きいと思うし、日本国民は、「グローバリストによる社会秩序の崩壊や民主主義システムの破壊の動き」から自分自身の命や健康を守る必要があるとともに、天皇家についても「グローバリストによる侵略」から守っていく必要があるのではないかな。

そして、安倍政権時に安倍前総理と上皇陛下が激しく対立してきた中で、菅総理と今上天皇との対立の構図も鮮明に浮かび上がってきた感じね。
日本の政治の内部にグローバリズムが浸透すればするほど、天皇家との対立の構図がより明確になっては、日本社会そのものの「ディストピア化」が進んでいくでしょうし、改めて、日本国民が「自分たちの暮らしや健康・命を守るための合理的な思考や行動力」を持つことが求められてきているといえそうだわ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事