【ヤバ目】N国党の立花孝志氏、「戦争肯定」丸山穂高氏に入党要請!丸山氏「持ち帰って近々判断したい」

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年7月25日、先の参院選で議席を獲得したNHKから国民を守る党の立花孝志氏が、「戦争肯定」発言で維新を除名された丸山穂高議員と会談を行ない、丸山氏に入党要請を行なった。

・これを受けて、丸山氏は「NHK改革の必要性では折り合える。持ち帰って近々判断したい」と記者団にコメント、近日中に回答する予定だという。

N国党、丸山穂高氏へ入党要請
29日までに回答

参院選で初議席を得て政党要件を満たしたNHKから国民を守る党の立花孝志代表は25日、無所属の丸山穂高衆院議員と国会内で会い、N国党への入党を要請した。丸山氏は会談後、記者団に「NHK改革の必要性では折り合える。持ち帰って近々判断したい」と語った。29日までに回答する見通し。

会談で立花氏は「NHK改革だけ合意いただければ、他は条件を出さない」と伝えた。

~省略~

【共同通信 2019.7.25.】

ついに国会でも産声を上げたN国党、いずれ「第二の維新」になっていく可能性も!?

出典:Twitter(@maruyamahodaka)

山本太郎氏のれいわ新選組と並び、諸派で政党要件を満たした、NHKから国民を守る党の立花孝志氏が、この度「戦争肯定」発言で維新を除名された丸山穂高議員に入党要請をしました。
「NHKをぶっ壊す」との一見して庶民にとって共感を得やすい主張を掲げつつ、多くの問題点が指摘されてきた立花氏ですが、早速トリッキーな動きを見せ始めてきました。

ボクも、近いうちにどこかの記事で「N国党が、いずれ新たな維新のようになっていかないかが心配…」なんて述べようと思っていたところだったけど、なんと、早速元維新の丸山氏とシンパシーを感じ合ってしまっているね。
山本太郎氏のれいわ新選組が躍進したのは良かったけど、同時にN国党がついに国会に産声を上げたというのは、非常に気がかりな状況だし、これが、新たな「日本崩壊」に向けての大きな「後押しの流れ」に発展していかないのを祈るばかりだ。

立花氏も、太郎さんとは違ったまた手法(主に炎上商法)で、世の中の注目を集めたり、世論を煽っていくのに長けているように見えますし、これが安倍政権の新たな補完勢力に成長していく危険性もありそうですね。
今後の二人の動きともども、よく注意してみていこうと思います。

Pocket