沖縄知事選、当選した玉城氏に3割以上の公明支持層が投票!安倍総理「残念だったけど、しょうがないね」

Pocket

どんなにゅーす?

・沖縄県知事選で、野党系候補の玉城デニー氏が当選した中で、公明党支持層のうち3割以上が自公推薦の佐喜真氏ではなく、玉城氏に投票していたことが報じられている。

・また、あらゆる手段を講じて全面的に支援した佐喜真氏の落選に対し、安倍総理は自民党幹部に「残念だったけど、しょうがないね」と漏らしたことが伝えられている。

無党派7割超が玉城氏に=出口調査分析―沖縄知事選

30日投開票の沖縄県知事選で、時事通信が行った出口調査によると、支持政党なしの無党派層の73.0%が勝利した玉城デニー前衆院議員に投票した。

与党が全面支援した佐喜真淳前宜野湾市長への投票は24.9%にとどまった。

出口調査の有効回答数は867。無党派層のうち、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の県外・国外移設を求める人は90.1%に上る一方、名護市辺野古への移設容認派は9.2%だった。

全体の有権者で見ると、辺野古移設反対派が80.9%だったのに対し、容認派は18.7%だった。容認派の8割強は佐喜真氏に投票したものの、15.4%は玉城氏を支持した。

玉城氏は、立憲民主、共産、社民各党支持層の9割以上から得票。佐喜真氏への投票は、自民党支持層の79.8%に対し、公明党支持層は66.7%と差が出た。同党県本部は辺野古移設反対の方針を崩しておらず、3分の1が玉城氏に流れた。

~省略~

【Yahoo!ニュース(時事通信) 2018.9.30.】

安倍首相「しょうがないね」 沖縄知事選、政権に痛手

安倍政権が総力を挙げた沖縄知事選で与党系候補が敗れ、自民党総裁3選後の安倍晋三首相の政権運営は、厳しいスタートになった。米軍普天間飛行場の移設に反対する知事候補が2回連続して当選したことで、移設工事の進め方にも影響するのは必至だ。

首相は30日夜、敗北を受けて「残念だったけど、しょうがないね」と自民党幹部に電話で伝えた。自民は総裁選期間中から幹部を大量投入して国政選挙並みの態勢で臨んだ。公明党も支持母体の創価学会がフル回転。日本維新の会と合わせた「必勝態勢」で組織戦を展開した上での敗北は、政権に対する不信の強さを物語る。

首相にとっては総裁選の地方票で伸び悩んだことに続く衝撃の結果だ。総裁選では沖縄の地方票で6割以上を獲得したが、自民党員から支持を得た地域でも、有権者全体では厳しい世論があることがはっきりした。来年の統一地方選、参院選の「選挙の顔」として疑問符もつきそうだ。

~省略~

【朝日新聞 2018.9.30.】

安倍総理の子飼い候補の”惨敗”に政権内で衝撃か!トランプ政権による「米国覇権撤退」の流れとも一致する選挙結果に

出典:NHK選挙WEB

沖縄のみならず、日本にとってその将来を占う重要な選挙だった沖縄県知事選は、実に久しぶりの「野党陣営による勝利」で終わりましたが、ここまで玉城さんと佐喜真さんとで大きな差が付いたのは、創価学会員の票がかなり多く玉城さんに流れた(学会票の3割以上)ことが大きかったといえそうですね。

そうだね。これも、沖縄ならではの事情というか、(当サイトでも紹介したように)創価学会員の中でもとりわけ沖縄の学会員は、本土以上に平和や非戦に対して強い思いを持っている人が多かったということだろうし、毎度ながら、学会票の行方が選挙結果に大きな明暗をもたらすことを改めて感じているよ。
それにしても、ここまで本格的に学会票が大きく割れたのはあまり記憶にないし、当選の喜びにわく玉城陣営の後ろで、学会の三色旗が振られていたのも非常に象徴的だったね。

今回の沖縄知事選を通じて、公明党の節操の無さと欺瞞性にかなり怒っている学会員が確実に多く存在していることが明らかになったのは大きいし、玉城氏を貶めるための悪質極まりないデマを振りまいた公明の遠山清彦議員ますますそのダサさと惨めさを晒すことになったね。

そして、どんな手段を講じてでも絶対に勝利するつもりだったはずの安倍総理ですが、「残念だったけど、しょうがないね」との言葉を自民党幹部に発したとの報道がなされています。

本当にそんな言葉を発したのかどうかは確かめようがないけど、安倍総理にとっては完全に「予想外の結果」だったんじゃないかな?
それに、8万票ほどの大きな差をつけて玉城氏が勝ったにもかかわらず、すぐに朝日や地元メディアが当確を出した一方で、NHKをはじめとしたその他大手メディアがなかなか当確を出さなかったのも、やっぱりちょっと不思議だ。

現在日本国内では、安倍一派が相変わらず(大手マスコミも抱き込んで)強い権力を発揮し続けている一方で、米トランプ政権が筆頭となって進めている「グローバル規模」での米覇権の後退と中露の覇権拡大に伴う、「新しい世界秩序」の推進に伴う力も徐々にかかってきており、これが、朝鮮半島の統一から在韓・在日米軍の撤退の流れに繋がりそうな気配を見せている。

今回の玉城氏の当選は、こうした「新しい世界秩序の流れ」と合致しているし、トランプ政権にとっては、内心玉城氏の当選を喜んでいるかもしれないね。

安倍政権は、近年中国とも急速に距離を縮めている様子を見せていますし、中国との関係改善だけでなく北朝鮮の脅威も大幅に低下していくとなれば、いよいよ沖縄をはじめとした在日米軍の駐留の必要性は圧倒的に低下していくことになるでしょう。

どこまで安倍総理が「トランペット(トランプのペット)」を続けるつもりなのか分からないけど、トランプが仕掛けてきている「理不尽な貿易戦争」に全面的に反発し、日本が米国隷属から徐々に手を引いていけば、そう遠くない時期に在日米軍が撤退する流れが出来ていくと思うんだけどね。

そういう意味でも、玉城氏の勝利は世界的な潮流の中で見てみてると、これに沿った動きになっているし、(逆に世界的には”お荷物”になりつつある)今後の安倍政権の権力がどうなっていくのか、興味深くウォッチしていくのが良さそうだね。

いずれにしても、玉城さんの当選は、国内のみならず、米国や中露の世界戦略にも影響を与えていきそうですね。
今後の日米・日中関係や朝鮮半島情勢などについて、注意して見ていこうと思います!

Pocket

 

 関連記事