■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【国会瓦解】武田総務相、「ささやき疑惑」で”アホすぎ”トンデモ釈明!「(音声を確認すると)確かに私が言ってるように聞こえた」「(官僚が何度も『記憶がない』と言うので)無意識で口から出たのだろう」

【国会瓦解】武田総務相、「ささやき疑惑」で”アホすぎ”トンデモ釈明!「(音声を確認すると)確かに私が言ってるように聞こえた」「(官僚が何度も『記憶がない』と言うので)無意識で口から出たのだろう」
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年3月19日、NTTと(違法接待疑惑)の会食がバレた武田総務相が、(官僚に「記憶がないと言え」と指示したと疑われる)「ささやき疑惑」について、自身の一部発言を認めたうえで、”噴飯物”の釈明を行なった。

・武田大臣は、自身の発言について「(音声を確認すると)確かに私が言ってるように聞こえた」としつつも、「(官僚があまりに『記憶がない』と何度も繰り返すので)つい無意識で口から出たのだろう」と答弁し、官僚に指示したことはないと主張。国会が騒然とした上に、あまりにも”珍妙”な釈明に国民からも怒りの声が噴出している。

武田総務相、「記憶がない」答弁指示の一部認める…「なぜか無意識で口に出た」と釈明

武田総務相は19日の参院予算委員会で、放送関連会社「東北新社」の外資規制違反を巡る国会質疑中、武田氏が総務省の鈴木信也電波部長に対して「記憶がないと言え」と指示したとされる問題で、発言の一部を認め、「なぜか無意識で口に出た」と釈明した。命令する意図はなかったことも強調した。

武田氏はこの日の答弁で、野党から指摘された16日の衆院予算委の録音を確認したことを明らかにし、「確かに『記憶がない』というところまでは聞こえたように感じた」と述べた。その上で「誤解を与えることにつながったのであれば、申し訳ない」と陳謝した。

~省略~

【MSN(読売新聞) 2021.3.19.】

出典:メ~テレ

国民の前で次々と見え透いたウソを平然とつき続ける武田総務相!「記憶がないと言えと言った記憶はない」→「音声を聞くと私が言ってるように聞こえた」→「官僚があまりに『記憶がない』と言うので無意識で口から出たんだろう」

よくもまあ、こんなにも見え透いた大ウソを大真面目に国民の前でつき続けるもんだわっ!!
「記憶がないと言えと言った記憶はない」などと主張してきた武田総務相だけど、上のTwitterの動画で確認したら、完全に「記憶がないと言え」って言ってるじゃないのよっ!!

こうした証拠の音声を突きつけられると、今度は「…と言え」の部分だけを否定した上で、「官僚があまりにも『記憶がない』と何度も言っていたせいで、ついつい無意識で釣られて口に出してしまった」などと言い出したね。
もはや、完全にお笑い劇場やコントの世界になってきたし、「大臣自身の重大な罪」を全て官僚のせいにされてしまったのに、その、責任を押し付けられた官僚は、(武田大臣の言葉は)「緊張していて耳に入りませんでした」などと、自ら進んで武田氏のアクロバット擁護に励んでしまう始末だ。

もう、これだけをみても、すでに日本の国会の秩序は完全に崩壊してしまっているし、自民党の閣僚から官僚まで、稀代の大ウソつきと”凶悪犯罪者”の集まりが、国の最高権威の国会を完膚なきまでに破壊してしまったというのが、今の日本の偽らざる現状だ。

少なくとも、ここまで誰が見てもウソだと分かる凶悪答弁を繰り返している時点で、一刻も早くに大臣を辞任すべきだし、そもそも、武田大臣もNTTと違法の可能性が限りなく高い接待にちゃっかりと応じていたくせして、「国民から疑念を持たれるような会食に応じることはない」などと大ウソをついていた時点で、検察が徹底捜査を行なっては厳しく刑事責任を問うべきだろう。

8年近くに及んだ安倍政権下でこれでもかというほどに日本の民主主義の秩序が破壊されたのに、これを修復するどころか、菅政権になってからますます”修繕不能”なまでに破壊されてしまっている最中だわっ!!
今では、こんな頭がくらくらしてくるようなトンデモ虚偽答弁もごく当たり前の日常の光景になってしまったし、こうした光景に国民が完全に慣れてしまったら、その時こそ、本当にこの日本が”完全終了”してしまう時なんじゃないかしらっっ!?

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事