■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【なんじゃこりゃ】大村知事リコール署名、提出された43万筆中8割で不正か!河村名古屋市長も怒り心頭!高須院長「あらゆる罪は僕が引き受ける。死刑にされようが懲役になろうが僕は平気です」

【なんじゃこりゃ】大村知事リコール署名、提出された43万筆中8割で不正か!河村名古屋市長も怒り心頭!高須院長「あらゆる罪は僕が引き受ける。死刑にされようが懲役になろうが僕は平気です」
Pocket

どんなにゅーす?

・「あいちトリエンナーレ」の中で昭和天皇を侮辱するような作品を展示したとして、高須クリニックの高須克弥院長が主導して大村愛知県知事に対するリコール署名運動を行なった中で、提出された43万筆(必要数のおよそ半数)の署名のうち、無効と判定された署名が8割にも上っていたことが判明した。

・無効と判断された署名のうち、同一人物の筆跡とみられるものがおよそ9割、選挙人名簿に登録されていない署名がおよそ5割あったといい、この事態に対し、署名運動を全面的に応援してきた河村名古屋市長も怒り心頭に。

・高須院長は、メディアのインタビューに対し、「あらゆる罪は僕が引き受けます。死刑にされようが懲役になろうが僕は平気です」とコメントし、自らの関与を否定。その上で「少ない署名に、なおかつケチを付けて二度とリコールしないようにするための陰謀だと自分は感じています」と語った。

愛知県知事リコール署名8割無効 主導の高須院長は

愛知県の大村知事へのリコールを求めた約43万人分の署名の8割が無効だったことが分かりました。こうしたなか、署名運動を呼び掛けた高須クリニックの高須院長が取材に答えました。

リコール運動を呼び掛けた高須克弥院長:「あらゆる罪は僕が引き受けます。死刑にされようが懲役になろうが僕は平気です」

~省略~

集まった署名は約43万5000、必要となる数約87万の半数ほどでした。

さらに、提出された署名に同一人物が書いたとみられるものや書いた覚えのない人のものが約8割も含まれていると指摘されたのです。

~省略~

不正の疑惑が浮上していることに高須院長は…。

リコール運動を呼び掛けた高須克弥院長:「『不正が嫌いだからリコールをやる』わけだから、僕が不正をやるわけがない。(87万に対し)少ない署名に、なおかつけちを付けて二度とリコールしないようにするための陰謀だと自分は感じています」

~省略~

調査結果では、提出された署名約43万5000のうち「無効な署名」は約36万2000で83%、そのうち「同一人物による署名」は約90%でした。

【テレ朝news 2021.2.1.】

河村たかし氏、リコール不正署名への関与を否定

~省略~

市内で記者団から関与の有無を問われ「そういう見方があるが、あり得ない。名誉毀損(きそん)だ」と述べた。

署名の8割超に不正が疑われるとの県選挙管理委員会の調査結果に関し「組織的に署名を偽造した犯罪だ。徹底的に解明しないといけない」と強調。「リコール運動自体は正当なもので、まじめにやった人がかわいそうだ。私も被害者だ」と主張し、選管は速やかに刑事告発すべきだと訴えた。

~省略~

【日刊スポーツ 2021.2.1.】

大村知事リコール署名、大多数(8割)の署名が不正だった疑いが浮上!(これまで全面支援してきた)河村市長も「刑事告発すべき」と切り捨てで、高須院長が”集中砲火”を受ける事態に!

出典:YouTube

なんだかいよいよとんでもない事態になってきたわね。
この話が本当であれば、実際に集まった本物の署名はほんのごくわずかで、40万筆のうち、30万を超える署名が同一人物による筆跡や全くの別人によるものだったってことになるし、こんなことは前代未聞だわ。

県選管は刑事告発する考えを示しているようだけど、それにしても、全くもって解せないなあ
ここまでほとんどのものが、ちょっと見ただけですぐに分かるような稚拙な不正署名で占められているんだったら、選管がチェックする際に簡単にバレるに決まっているし、そもそも、彼らが本気で大村知事を辞めさせたいのであれば、(米大統領選のように)もう少し、ちょっとやそっとでバレないような「質の高い不正」を行なうはずだ。

おまけに(前にも述べたけど)この署名運動は、必要数に達することなく、途中で高須院長自らが「署名運動の断念」を表明しており、彼らの目的は達成されずに終わった。
それでも、(署名の効力はないにもかかわらず)高須院長らは選管に署名を提出しており、これがきっかけとなって大規模な不正が発覚することに繋がっている。

つまりは、彼らが署名を提出しなければ、こんな騒動に繋がることはなかったってことだし、高須先生本人が「大々的な不正を行なった」との認識があれば、自ら署名を提出するなんてことは、まず考えられないんじゃないかしら。

ネット上では、「不正を主導したに決まっている」として高須院長らに対して批判が集中しているけど、全体の構図をみても、普通に考えると「高須院長ら(河村市長も)が見事なまでに嵌められた」としか考えられないんだけどね。
もし、これで高須院長自らが大々的に不正に関与していたのだとしたら、相当にオツムが弱いということになるし、いくら健康上の重大な問題を抱えているといえども、そこまで耄碌しているようにはみえないけどね。

とにかく、いつも言ってることだけど、こうしたズルやインチキというのは、「かなりの確率でバレない」という相当に強い確信と、周到な準備と高度な技術に加えて、選管などとの”根回し”を伴って行なわれるものだ。
したがって、今回の一連の騒動は、やはり、高須院長や河村市長らが「嵌められた」可能性が最も高いのではないかな。

だとしたら、これ以上の絵に描いたような”自滅劇”はないわね。
いずれにしても、(どっちみちリコールに失敗したにもかかわらず)高須センセーが内容をよくよく精査せずに署名を選管に提出したのが「運の尽き」だったみたいね。

あまりに解せない部分が多すぎるけど、全体の構図を俯瞰するとそんなところなのではないかな。
ボク自身は、高須院長はもちろん、大村知事をことさらに支持しているわけでもない(そして、これまでの経緯を見る限り、津田大介氏らについてもあまり信用していない)し、どちらの肩を持つ気もないけど…今回の件については、最も貧乏くじを引かされたのは高須院長であると言えそうだ。

この先選管が大々的に刑事告発するのかどうかに注目したいし、あまりに不可解で謎な部分が多い以上、徹底的に真相を明らかにさせる必要があるのは言うまでもないことだわ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ピックアップカテゴリの最新記事