【気になる動き】リニア談合事件で東京地検特捜部が大成・鹿島の幹部を逮捕!独占禁止法違反の疑いで!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年3月2日、リニア中央新幹線の談合事件をめぐって、東京地検特捜部が大成建設元常務の大川孝容疑者(67)と鹿島の営業担当部長・大沢一郎容疑者(60)を逮捕した。

・容疑は独占禁止法違反(不当な取引制限)で、両容疑者は容疑を否認しているとのこと。3兆円もの税金が投じられた安倍政権下での巨大国家プロジェクトにおいて、ついに逮捕が出る事態となった

大成元常務と鹿島幹部を逮捕 リニア談合の疑い

リニア中央新幹線の建設工事で大手ゼネコン4社が談合したとされる事件で、東京地検特捜部は2日、大成建設元常務の大川孝容疑者(67)と鹿島の営業担当部長大沢一郎容疑者(60)を独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで逮捕し、発表した。3兆円の公的資金を含む総事業費9兆円のリニア建設は、大手ゼネコン幹部らが刑事責任を問われる事態に発展した。

関係者によると、2人は逮捕容疑を否認しているという。発表などでは、2人は2014~15年ごろ、大林組元副社長や清水建設元専務と共謀し、JR東海が発注するリニア中央新幹線の品川、名古屋両駅の新設工事について、談合で事前に受注予定業者を決め、各社がJR側に示す工事の見積額を調整することで合意。自由な競争を制限した疑いがある。

特捜部は4社のリニア担当者の中で、任意の調べに対し容疑を否認していた2人を逮捕。法人としても談合を認め、独禁法の課徴金減免制度で公正取引委員会に違反を自主申告した他2社の元幹部は引き続き在宅で捜査する。

【朝日新聞 2018.3.2.】

 

ついに安倍政権肝いりの国家プロジェクトで逮捕者が発生!これを機に有力政治家への逮捕に繋がっていくのか?

出典:Wikipedia

今年に入ってすっかり停滞してきていた感のあったリニア案件でしたが、これが急展開し、ゼネコン2社(大成・鹿島)幹部の逮捕に発展しました。
逮捕された2人の容疑者は容疑を否認しているとのことですが、これで安倍政権が肝いりで進めていた国家プロジェクトにおいて、ついに逮捕者が出たことになります。

なんせ、リニアの開通を目指しているJR東海は安倍政権とも一心同体の仲で、3兆円もの国費が投じられたプロセスにおいても不可解な点が指摘されているからね。
JR東海の葛西名誉会長と特別な関係を持つ安倍総理が肩入れする、莫大な利権と政治が絡んでいるこの一件で逮捕者が出た事実はかなり重いだろう。

気になるのは、朝日の森友改ざんスクープや、働き方改革法案のデータ捏造発覚などで、にわかに政権がガタつき始めている「まっただ中のタイミング」で、この”アベ案件”において逮捕者が発生したという事実だろう。

東京地検特捜部がCIA(グローバリスト)と繋がっているという視点で考えますと、(グローバル金融勢力が強く求めている)「働き方改革」で大きく(ブラック労働促進の)法案の内容が後退した安倍政権に対し、グロバーリストからの「最大級の脅し」がかかり始めたと考えることもできなくもないかもしれませんね。

今回の逮捕によって、この先大物政治家への逮捕に発展するのかどうかもとても気になるけど、今後の動きについてかなり注視していくべきなのは言うまでもない。
果たして、安倍政権の崩壊への呼び水となるものなのか、それとも、ただの森友スクープ隠しのスピンなのか、マスコミや政局の動きなどとともによく見ていくこととしよう。

おススメ記事&広告

 
Pocket