リニア建設の大林組に東京地検特捜部が強制捜査!名古屋市内の工事をめぐる不正入札の疑い!JR東海・葛西名誉会長は経済界最大の”安倍トモ”!

Pocket

どんなにゅーす?

リニア中央新幹線の建設をめぐって不正入札が行なわれた疑いで、ゼネコン大手の大林組が東京地検特捜部の強制捜査を受けた。

・リニア中央新幹線の建設を進めているJR東海の葛西敬之名誉会長は、安倍総理と並々ならぬ関係を持っていることから、今回の強制捜査に対して様々な声が飛び交っている。

リニア大林組捜索
業界に衝撃 工費9兆円、巨大な利権

リニア中央新幹線工事の入札で不正が行われた疑いがあるとして、東京地検特捜部が偽計業務妨害容疑でゼネコン大手「大林組」の本社(東京都港区)などを捜索したことが9日、分かった。特捜部は既に同社の土木担当代表取締役ら幹部を聴取しており、押収した資料の分析も進めて全容解明に乗り出す。

大林組の広報担当者は取材に「(今月)8日に特捜部の捜索を受けたのは事実。捜査に全面的に協力していく」とし、事業主体者のJR東海は「大変驚いている。何も承知していない」とのコメントを出した。

~省略~

ホームページによると、大林組は1892(明治25)年創業。17年3月期の単体の売上高は約1兆3000億円。清水建設、鹿島、大成建設とともに「スーパーゼネコン」の一角を占める。

偽計業務妨害罪は、民間企業が発注する入札で不正を行った場合などに適用される。検察出身の弁護士は「例えば、発注者側に入札情報を漏らさせた上で入札に臨むケースなどが考えられる」と言う。

【毎日新聞 2017.12.10.】

出典:TBS News

東京地検特捜部が安倍総理と関係が深い人物の疑惑に次々メス!この動きが示す意味とは?

東京地検特捜部が、安倍政権も全力で推進していたリニア中央新幹線建設の内部にメスを入れ始めました!
なんというか、特捜がこうした大手ゼネコンの不正や利権にメスを入れたのも、本当に久しぶりというか、珍しいほどに特捜が仕事らしい仕事をしている印象があります。

つい最近の(レイプ疑惑のアベトモ山口敬之氏が顧問を務める)スパコンのペジー社の社長逮捕といい、この動きも非常に興味深いものだね。

りのクンが言うとおり、特に安倍政権になって以降、東京地検特捜部はほとんど仕事らしい仕事もしておらず、そんな中で、ペジーといい大林組といい、権力側とガッチリと利権を構築しているような企業に急に目が覚めたかのようにメスを入れ始めているのは一体何故なのか

そして、なんと言っても、リニアを開通させようとしているJR東海の葛西敬之名誉会長は、経済界においての安倍総理の強力な「ブレーン」であり、安倍自民党が政権を取る前から強力に支援してきた過去がある上に、ネットでは「実質的に葛西名誉会長が安倍政権を自由自在に操っている」なんていう情報も出ているくらいだ。

財界が後押しする“安倍総理” 経済ブレーンの面々

政治の世界は、一寸先は闇といわれるが、経済界は早くも安倍晋三・総理誕生に向けて走り出した。
「誰かの受け売り、もっと言うなら素人」(自民党のベテラン議員)。
安倍・自民党総裁は、経済問題について確たる主張を持っているわけではない。安倍政権が発足すれば経済は専門家に任せることになる。そこで経済ブレーンとなるのが「四季の会」の面々と親しいといわれている学者たちだ。
「四季の会」は葛西敬之・東海旅客鉄道(JR東海)会長が幹事役を務める財界人の集まり。前回、安倍氏が政権を投げ出した後も元首相を励まし続け、「再登板」を働きかけてきた。

葛西氏が東大法学部で机を並べ親友だった与謝野馨氏に「若手の有望株を呼んで勉強会をやろう」と持ちかけ、与謝野氏が当時、官房副長官だった安倍氏を引き合わせたのが始まり。2000年に「四季の会」は発足した。
葛西氏が集めた人物は、次代の経済界を担う社長候補たち。東京電力の勝俣恒久氏、新日本製鐵(現・新日鐵住金)の三村明夫氏、三菱重工業の社長に就いたばかりの西岡喬氏など、財界本流の人々だった。

【ビジネスジャーナル 2012.11.29.】

あらゆる政策の影にこの人あり、JR東海名誉会長・葛西敬之氏とは

この葛西名誉会長の思想を見ましても、原発推進や隷米思考など、安倍政権と大きく合致する部分が多いですし、日本を陰で強力に支配しているネオコン軍産とも親和性がかなり高そうですね。

このリニア建設は、政権や官僚も大きく関与している巨大プロジェクトだけに、現在特捜が捜査している案件だけでとどまらず、大物政治家の関与やもっと巨大で不正な利権構築が行なわれている可能性が大だ。
果たして、特捜はどこまで本気でこの件を突っ込んでいく気があるのか、まだまだ見えない部分が多いけど、今後も強い注目を持って見ていくべき案件なのは確かだね。

(大阪地検が担当している)森友がいよいよクロ確定に限りなく近づいてきている段階で、急に東京地検特捜の動きが慌ただしくなってきたのも、少し気になる流れです。
果たして、安倍一派がここ数年間で一気に作り上げた「巨大な利権王国」が崩れ去る時は来るのでしょうか?
この先の展開を見守っていこうと思います。

おススメ記事&広告

 
Pocket