【遅い】菅総理、「GoToトラベル&イート」の運用見直す方針を表明!感染拡大地域での「新規予約停止」や「食事券の新規発行の一時停止」などを検討!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年11月21日、新型コロナウイルスの感染拡大が過去最大級で深刻化しつつある中、政府分科会から提言が出たことを受け、菅総理が「GoToトラベル・イート」の運用を見直す方針を表明。感染拡大地域での「新規予約停止」や「食事券の新規発行の一時停止」など、これから詳細を検討していくという。

・この菅政権の方針について、国民からは「あまりに遅すぎる」「すでに手遅れだ」などの批判や怒りの声が相次いでいる。

Go Toトラベル・イート 菅首相 感染拡大で運用見直しを表明

~省略~

政府の需要喚起策「Go Toキャンペーン」をめぐって政府の分科会は、20日、感染が急増している地域での運用の見直しなどを提言しました。

これを受けて政府は21日夕方、総理大臣官邸で対策本部を開き、菅総理大臣のほか、西村経済再生担当大臣や赤羽国土交通大臣らが出席しました。

この中で菅総理大臣は「新規感染者数が過去最多となるなど、最大限の警戒状況が続いている。感染拡大が一定レベルに達した地域ではその状況を考慮し、都道府県知事と連携し、より強い措置を講じる」と述べました。

そのうえで、「Go Toトラベル」について感染拡大地域を目的地とする旅行の新規予約の一時停止などを導入するほか、「Go Toイート」は、食事券の新規発行の一時停止などの検討を、都道府県知事に要請する考えを示しました。

さらに、菅総理大臣は、▽各都道府県が飲食店に対し営業短縮などを要請する際、地方創生臨時交付金を500億円追加配分して支援することや、▽重症者の発生を可能なかぎり食い止めるため、医療施設や介護施設などで陽性者が確認された場合、入所者や従事者全員に国の費用で検査を実施することを説明しました。

そのうえで、「国民の命と暮らしを守るため、自治体と緊密に連携しながら、こうした対策に全力であたっていただきたい」と関係閣僚に指示しました。

~省略~

赤羽国土交通相「対象地域は未定」
政府の対策本部のあと赤羽国土交通大臣は、記者団に、「Go Toトラベル」で感染が広がっている地域を目的地とする旅行の新規予約を一時停止する措置について「きょうそういう指示は受けたが、具体的にどこがどうだといったことは全く決まっていない」と述べました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.11.21.】

菅政権が、今頃になって「GoTo見直し方針」を表明し「やってるふりパフォーマンス」!赤羽国交相「具体的なことは全く決まっていない」!

すでに、過去最大級で最悪レベルの感染拡大が起こっている中で、ようやく菅総理が「GoTo見直し」を公式に表明したわねっ!
でも、赤羽国交相によると、「今日そういう指示は受けたが、具体的にどこがどうだといったことは全く決まっていない」なんて言ってるし、中身をみたら全然ダメダメじゃないのよっ!!

要は、安倍政権と同じ、国民を騙し騙し大人しくさせておくための「やってるフリパフォーマンス」ということだし、とにかくも、政府分科会による「GoTo見直し」の提言から何から何まで、全てがあまりにも遅すぎる
そもそも、GoToキャンペーンそのものが、「コロナ危機が完全に収束した後に行なう施策」だったはずだし、(初めから予想されていた)秋から冬にかけてのコロナの流行が過去最悪レベルに広がってきたから「見直し検討」なんて言っている時点で、根底から全てが狂っている

結局のところ、今頃になって、こんなにもユルユルな「やってるフリパフォーマンス」をやったところで、コロナの感染爆発を止めることはほとんど不可能だし、適当に国民を騙しながら、ワクチンゴリ押しのために)わざと日本国内にコロナウイルスを拡大させていることには変わりない。
この調子じゃ、どこまで感染が拡大していくのか「全く未知数」の状況だし、(得体の知れない危ういワクチンに依存するような事態にならないように)国民自身が「あらゆる事態」を想定しつつ、「過酷な状況」でも生き残っていくための備えや術を手に入れていく必要がありそうだ。

とにかく、この菅政権も安倍政権と全く同じで、「コロナ危機を作り出した連中」の意向に従って、日本国民をわざと「深刻な脅威」に陥れているとしか思えないわっ!!
私たちは、こんな浅はかな「やってるフリパフォーマンス」に騙されることなく、今後もあらゆる売国・壊国政策に反対の声を上げ続けていくことが大事じゃないかしら!

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事