■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

「優生思想発言」DaiGo氏が”涙の謝罪”をするも、批判の声が全く収まらず!→ネット「今度は泣き落としか?」「もう何をやっても信用できない」

「優生思想発言」DaiGo氏が”涙の謝罪”をするも、批判の声が全く収まらず!→ネット「今度は泣き落としか?」「もう何をやっても信用できない」
Pocket

どんなにゅーす?

自身のYouTubeで「生活保護の人に食わせる金があるんだったら猫を救ってほしい」「生活保護の人が生きてても僕は別に得しない。猫は生きてれば僕は癒やされる」「(ホームレスを殺すことは)犯罪者を殺すのと同じこと」などの趣旨の発言を行ない大炎上しているメンタリストのDaiGo氏が、(スポンサーを務める企業がDaiGo氏の起用を中止するなどの発表を受け)”涙の謝罪”を行なった。

DaiGo氏は、最新の動画の中で「家族の中に生活保護受給者がいた場合などについて、思いが至らなかった」などとしたうえで、「もし母が生きてたらこの状況をどう思うかって考えると、すみません…」などと涙を拭う仕草をしつつ謝罪を行なったものの、ネット上では「今度は泣き落としか?」「もう何をやっても信用できない」などの批判の声が殺到。現在も収拾がつかないほどの炎上が続いている。

DaiGoさんの発言に抗議する声明 生活困窮者の支援行う4団体

~省略~

DaiGoさんは、今月7日、ユーチューブで配信した動画の中で「生活保護の人たちに食わせる金があるんだったら、猫を救ってほしいと僕は思う」とか「自分にとって必要もない命は軽い。だからホームレスの命はどうでもいい。正直、邪魔だし、プラスにならない」などと発言して、ネット上で批判が相次ぎ、13日、「無知がまねいた失態だった」などと謝罪しました。

こうしたDaiGoさんの発言に対して14日、生活が困窮する人たちを支援する「つくろい東京ファンド」や「反貧困ネットワーク」などあわせて4つの団体が緊急の声明を発表しました。

声明では、DaiGoさんが多くのファンに影響力を持つ「インフルエンサー」であることを指摘した上で、「偏見を助長し、排除を誘導するものであり、さらに、命をつなぐ制度から人々を遠ざけ、生活困窮者を間接的に死に追いやる効果を持つ」としています。

また、謝罪について「他者の生きる権利について自分が判定できると考える傲岸(ごうがん)さは変わらない。自らの発言の問題点を真に自覚していると評価することはできない」としています。

「つくろい東京ファンド」の稲葉剛代表理事は「若い生活困窮者の中にはネット上のこうした発言によって支援や制度の利用をためらってしまうこともありえる。インフルエンサーの影響力と責任は大きく、社会全体がこうした発言を許さない姿勢を示すことが重要だ」と話しています。

【NHK NEWS WEB 2021.8.14.】

お詫びのお知らせ

~省略~

この度、弊社製品の広告に出演しているタレントのメンタリストDaiGo氏による不適切な発言があり、関係者をはじめ、多くの皆様に不愉快な思いをさせてしまいましたこと、深くお詫び申し上げます。

弊社では2020年11月より、ホームレスの方々への炊き出しを支援する活動の他、Z李(JetLi)@Kiss0fthendrag0n様が主催されております新宿租界様の炊き出しカーへ協力させて頂いておりました。

しかし、いかなる状況においても差別的発言は許されるものではなく、当社は今回の事態を重く受けとめ、メンタリストDaiGo氏出演のCMを自粛し広告起用は当面の間自粛させて頂くほか、支援団体への寄付を行うことと致しました。

~省略~

【のむシリカ】

DaiGo、差別発言に涙の再謝罪「母が生きてたらこの状況をどう思うか」 団体声明やCM自粛など多方面に波紋
DaiGoさん「人としてあってはいけない行為だった」

~省略~

騒動を巡る影響の1つとして、「生活保護問題対策全国会議」など生活困窮者を支援する4団体が14日、DaiGoさんの発言と謝罪を受けて「メンタリストDaiGo氏のYouTubeにおけるヘイト発言を受けた緊急声明」を発表。

発言の問題点を挙げた上で、菅義偉首相に「DaiGo氏の発言が許されないものであることを明言したうえで、生活保護の申請が国民の権利であることを率先して市民に呼び掛けること」を求めるなど、社会に広く5つの提案を行いました。

~省略~

周囲の厳しい動きを受けて、14日夜にDaiGoさんは、「差別的であり、無意味であり、ヘイトスピーチであり、人としてあってはいけない行為だった」「生活保護を実際に受けている全ての方に深く深く謝罪させていただきます」などスーツ姿で頭を下げて再謝罪。

“自分の亡き母親が生活保護受給者だったら”と考えて、自身の発言の愚かさを実感したことを明かし、配信終了間際には「もし母が生きてたらこの状況をどう思うかって考えると、すみません……」と涙を拭う仕草も見せていました。

~省略~

【ねとらぼ 2021.8.15.】

DaiGo氏が「涙の謝罪」を行なうも、余計に激しく炎上する事態に!→「メンタリスト」としては廃業決定か!?

事がいよいよ大きくなってきたのを受けて、ついにDaiGoさんが全面的に謝罪する事態に追い込まれました。
しかし、ネット上では、涙を拭う仕草を見せながら謝罪パフォーマンスを行なったDaiGoさんに対して、ますます強い疑念や批判の声が噴出
もはや”収拾がつかない”事態に発展してきたようにみえます。

こうなってしまった以上、事態を収拾させる唯一の方法は、YouTubeが彼のアカウントを凍結させることしかないかもしれないね…。
なんせ、DaiGo氏本人が、以前に「メンタリズム」を駆使しながら相手の譲歩を引き出す手法として、「泣き落としのテク」を披露してしまっているのだから、そりゃ、素直に今回の謝罪を受け入れる人はそうそう多くないだろう。

いってみれば、今のDaiGo氏はイソップ物語の「オオカミ少年」みたいなものになってしまっており、もはや、どれだけ真面目に謝罪しても「またおかしなテクニックで人を煙に巻こうとしているのではないか?」と強く疑われてしまう状態だし、まさに、自らが掲げてきた「メンタリスト」の肩書が大きなあだとなって、自らの首を絞めるような事態に見舞われているのが現状だ。

完全な自業自得ではありますが、もはや、「メンタリスト」との肩書でビジネス活動を行なうのは不可能な状況になってしまったようにみえますし、(これまでも度々騒動を起こしてきたものの)今回の炎上騒動が完全な致命傷になってしまったようにみえますね。

「メンタリズムを用いて、多くの人たちを幸せにする(真に困っている人たちを助ける)」とのコンセプトやポリシーを掲げて活動していけばよかったんだけど…残念ながら、彼がやってきたのは「メンタリズムを通じて、時に炎上商法を駆使しながら目先のお金を稼ぐ」ことであり、いわば「自らの金儲けのためには手段を選ばない」といった、近年主流のグローバリズムの流れに乗っかった、いわば悪徳商法みたいなものだったからね。
こうした悪辣なやり方(多くの人々を傷つけ、損害をもたらすビジネス手法)を繰り返していれば、いつかは自らがこのような事態に追い込まれるのは自明の理だと思うし、今回の件がなくとも、いずれは似たような事態が発生して、最後は廃業に追い込まれるような状況に見舞われていたのではないかな?

やはり、結局のところは、「炎上商法」というのは、最後は必然的に破綻するビジネス手法ということでしょうし、社会的な弱者や困窮者を容赦なく踏みつぶして自らだけが利益を得ようとする手法は、最後は自らに全ての不利益が降りかかって、自身が破滅するということでしょう…。

恐らく、メンタリストとしてはもう廃業するしかないだろうし、むしろ、YouTubeが厳しい措置を行なうことで、これまでの悪辣なビジネス手法を完全にリセットさせることが必要だと思う。
その上で、今一度自らの過去の出来事や言動を振り返り、深く反省した上で、「全く新しい仕事」で一から出直していくのがいいのではないかと思っているよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事