菅新政権で「コネクティング不倫」和泉首相補佐官が再任!北村&杉田の「ゲシュタポ軍団」も!マスコミは低レベルなヨイショ報道に明け暮れる中、腐敗臭が充満した「第二の安倍政権」が誕生!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年9月16日、菅新総理の誕生とともに、(全く変わり映えしない)新閣僚や党四役の顔ぶれが出揃った中、安倍政権時に「行政の私物化」に突っ走り、部下の厚労官僚との「コネクティングルーム不倫」が発覚したことで批判が殺到した、和泉洋人首相補佐官が再任されたことが判明した。

・また、安倍政権に不都合な人物を陥れる謀略を繰り返してきた、北村滋国家安全保障局長杉田和博官房副長官も再任され、安倍政権時代の官邸官僚は菅新政権でもその多くが権力を維持。大手マスコミは低レベルな菅政権のヨイショに明け暮れている中、安倍政権の膿が出されるどころか、早速ますますその腐敗が広がっていきそうな様相を見せている。

菅政権で「公費不倫出張」の和泉洋人首相補佐官が再任、“官邸官僚”のトップに! 虎の威を借る恫喝と行政の私物化が再び

~省略~

まず、安倍政権では「影の総理」と言われ、絶大な権力をふるってきた今井尚哉・首相補佐官兼秘書官は、菅政権では内閣参与に。他方、菅氏の最側近である和泉洋人首相補佐官はそのまま再任し、さらに元エリート警察官僚である杉田和博官房副長官と、内閣情報室(内調)のトップから国家安全保障局局長に登り詰めた北村滋氏も再任となった。

安倍政権下で菅氏が“官僚の監視”を担わせた杉田官房副長官や、“野党やマスコミの監視、謀略情報の仕掛け人”として暗躍させてきた北村氏をそのまま再任させたことからも、官僚の人事を掌握して忖度を引き出す「官邸主導」がさらに進められてゆくことがはっきりとしたが、問題は今井氏と和泉氏の処遇だ。

安倍首相は菅氏を後継に決めた際、今井氏を官邸に残すことを菅氏に迫ったとも言われているが、内閣参与は言うなれば“顧問”にすぎない。その一方、菅氏の最側近として陰に陽に動いてきた和泉氏が、首相となった菅氏を引きつづき補佐官として支える──。しかも、これまで和泉氏は〈国土強靱化及び復興等の社会資本整備、地方創生、健康・医療に関する成長戦略並びに科学技術イノベーション政策担当〉とされてきたが、本日公表された補佐官名簿ではこれらに加えて〈その他特命事項担当〉と追加されている。つまり、今井氏に代わって、今度は和泉氏が「官邸官僚のトップ」として権勢をほしいままにすることになる、ということだ。

そもそも、和泉首相補佐官は国土交通省出身で、政府が名護市辺野古で進めている埋め立て工事で関係省庁を統括し、新国立競技場の管轄を文科省から取り上げ“やり直しコンペ”を仕切ったのも和泉首相補佐官だと言われる。もともとは民主党・野田政権時代に内閣官房参与として官邸入り、そのまま安倍首相が留任させるという異例の人事がおこなわれたが、その背景には和泉氏と付き合いが長かった菅官房長官の後押しがあったとされる。

そして、和泉氏といえば、加計学園問題では菅氏の命を受けて前川喜平・元文科事務次官に「総理は自分の口からは言えないから、私が代わりに言う」と“恫喝”したり、前川氏の告発を潰すべく読売新聞に「出会い系バー通い」を報じさせた件で、記事が出る前日に前川氏に揺さぶりをかけるなど、安倍首相による「私物化」の実行部隊として動いてきた人物だ。

しかも、強調しておかなければならないのは、和泉氏は自身の私利私欲のために首相補佐官という立場を利用して、行政を「私物化」してきた人物である、ということだ。その最たる例が、厚労省の大坪寛子・大臣官房審議官との“公費不倫問題”だろう。

たとえば、今年2月に大きな話題となった「コネクティングルーム」問題では、ふたりが出張したインドやミャンマー、中国、フィリピンの滞在先ホテルでふたりの部屋が隣同士でコネクティングルームだったことが発覚。これらの出張は大坪氏が参加する必要性があったのかどうかも疑問視され、公費を使った「不倫出張」だったのではないかと批判された。

首相補佐官が国民の税金を使って出張を“不倫旅行”に利用したのではないかという疑惑だけでも大きな問題だが、さらに重大なのは、2人の不倫関係が人事や国策にまで影響を及ぼしていたということだ。

~省略~

【リテラ 2020.9.16.】

菅新総理、日本国家の私物化の象徴「コネクティング和泉」を官邸官僚のトップに!一方、(CSISから問題視されていた)今井尚哉氏は失脚した模様!

出典:首相官邸

テレビのワイドショーなどでは、あまりにも下らない菅ヨイショ報道が充満していますが、そんな中でも、菅政権の本質を示すようなダーティーな官僚人事が発覚しました。
なんと、安倍政権下で公費を流用した「コネクティング不倫スキャンダル」が発覚し批判が殺到した和泉洋人首相補佐官が再任されたことが判明。
この他にも、杉田和博官房副長官や北村滋国家安全保障局長の再任も決まり、まさに、安倍政権下での「ゲシュタポ体制」がそのまま引き継がれることになったようです。

どうやら和泉首相補佐官は安倍前総理だけでなく、菅新総理ともかなりの仲良しみたいだね。
当サイトでも詳しく紹介したけど、和泉首相補佐官による「コネクティング不倫」は、多くの日本国民の一般良識や感覚を激しく逸脱した、極めて非常識でハレンチなものだったけど、まさか、この和泉氏が今井首相補佐官を押しのけて官邸官僚のトップに就くことになったとは…まさに、菅政権の腐りきった本質をよく表しているね。

一方で、「官邸のラスプーチン」などの異名を持つ、数々の”亡国政策”を安倍総理に耳打ちしてきたことで知られる今井尚哉氏は、CSISから「きっての親中派」として名指しで問題視されたためか、内閣参与に”降格”、主導権を失ったものとみられているようだ。
その他の人事を見ても、もう一人の筋金入りの媚中派・二階氏は再び幹事長の椅子にどっかりと座った一方で、(菅総理・マスコミともに)反中的な発言を繰り返すようになっている河野太郎氏をことさらにフィーチャーしている様子が見られ、安倍総理がワシントンのご主人様に失脚させられた「反省点」が活かされた新政権人事のように見える。
いずれにしても、国民の意思や思いとは全くかけ離れたところで、汚い利権や売国・壊国にまみれた「政治ごっこ」が行なわれていることは変わりないし、こんな老害や利権屋にまみれた内閣で日本が豊かになっていくはずがない。

全くその通りだと思います。
今井氏が官邸の中枢から外されたことは朗報かもしれませんが、その代わり、「コネクティング不倫」の和泉氏が官邸トップに君臨してしまったことで、この先も国家の腐敗や私物化が進行していくことが確定的となってしまいましたし、こうした内情を全く報じずに、新閣僚の面々の「どうでもよい趣味や面白エピソード」ばかりを報じて必死に盛り上げているマスコミの堕落が続く限り、日本のお先は真っ暗なのは言うまでもないことでしょう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事