菅氏、自身に異論を唱える官僚は全て排除!?「政権が決めた政策の方向性に反対する幹部は異動してもらう」!「パンケーキおじさん」の危険な”裏の顔”が次々と!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年9月13日、菅官房長官がフジテレビの番組に出演。その中で「政権の決めた政策の方向性に反対する官僚は異動させる」考えを強調し、官邸による官僚支配の強化に繋がっている内閣人事局についても「見直すべき点はない」との考えを示した。

・過去にも、ふるさと納税制度について菅長官に異を唱えた官僚が左遷・放出された事例があった中で、菅氏の強権的で独裁的な姿勢に対し、国民から恐怖感を唱える声が続出。「パンケーキおじさん」の危険な”裏の顔”が次々浮かび上がる事態になっている。

菅氏、内閣人事局は変えず

「政策反対なら異動」

自民党総裁選に立候補した菅義偉官房長官は13日のフジテレビ番組で、中央省庁の幹部人事を決める内閣人事局に見直すべき点はないと明言した。政権の決めた政策の方向性に反対する幹部は「異動してもらう」とも強調した。石破茂元幹事長、岸田文雄政調会長と出演したフジテレビ番組で発言した。

内閣人事局は2014年5月に内閣官房に新設された。幹部人事を掌握するため、官邸主導の意思決定を後押しする一方、官僚の忖度を生む要因と指摘される。

~省略~

【共同通信 2020.9.13.】

菅氏、(やっぱり)内閣人事局を見直す気がないことを宣言!このままでは「ヒラメ官僚」がますます続出、政治腐敗&独裁政治強化の道へ!

出典:Twitter(@cooo55)

次期総理が確実視されている菅官房長官が、早くも官僚に対して最大級の”圧力宣言”をしました。
安倍政権で生み出された内閣人事局のシステムについて「見直す気がない」ことを明言した上で、「政権の決めた政策の方向性に反対する幹部は異動させる」との考えを強調。
やはり、政策の方向性だけでなく、政権内部の腐敗や独裁のシステムまで、安倍政権時に培われたものをそっくりそのまま引き継ぐことになり、日本の衰退や破壊がより一層進められていくのは避けられなさそうです。

ちなみに、番組内で橋下氏が「政策決定後に官僚が反対した場合、異動させるかどうか?」と質問したのに対し、菅氏のコメントは「我々は選挙で選ばれた(政治家である以上)、それでも反対するのであれば異動してもらう」と答えたのに対し、岸田氏は「まずは説得をする努力をしなければならない、しかし、それでも反対するのであれば異動してもらう」とコメント、石破氏は「それは異動させる場合もある。しかし、それによって組織を萎縮させることがあってはならない。その人が信念に基づいたものであれば、その後に不利になるような扱いをしてはいけない」と答えている

つまり、3人とも異動させる可能性があることについては一致しているものの、菅氏の場合は、「我々は選挙で選ばれた政治家だから」という理由で、「何をやってもいいんだ」といった思想が見え隠れしているようにみえるのが気になる。
その他二人は、まずは、「調整」「説得」などのコミュニケーションを重ねていくことで、そのギャップや考えの違いをすり合わせる努力をする姿勢を見せているけど、菅氏の場合は、こうしたプロセスが明らかに欠けているようにみえるし、それは、これまでの官房長官時代の働きを見てもよく分かる。

実際のところ、菅氏が主導したふるさと納税制度について、異論を唱えた官僚が左遷&省外に放出された事例があったとのこと(実際に、制度運用後にトラブル続出で、官僚が指摘していた通りの問題点が露呈)ですし、念入りなマスコミ監視や批判的なコメンテーターを部下の官僚を使って恫喝していく手法を見ても、「自身に批判的な人間は有無を言わさず排除」といった、安倍総理と実によく似たファシズム的な性質を強く感じてしまいます。

こうした、「複雑な人間関係を極限まで単純化させる」「白か黒かで明快化させ、ばっさりと分断させる」といった傾向は、近年の日本社会のあらゆるところに広がりつつある傾向だけど、菅氏もまさに「そういった方向性」を全面に出している状態だ。
こうやって、本来では「複雑で繊細な繋がりから成り立っている社会」を極限まで単純化させてしまうと、まさに、「1%の上級階層と99%の下級階層」とで完全に分断されてしまい、「1%の言うことに従わない人間は滅ぼすべき」といった、恐ろしいファシズムが本格的に台頭し民主主義の完全なる破壊に直結することになる。

民主主義を作り上げていくには、「多様な考えや個性を認め合い、互いを理解・尊重しながら、最善の道を模索する」といったプロセスが必要なはずだけど、どうも、こうした繊細で地道な作業を初めから放棄して、「何でもかんでも単純化&思考停止」に向かっているような気がしてならないよ。

国民だけでなく、政治家そのものも、どんどん反知性化・思考停止に進みつつあることを感じます。

正確に言うと、民主主義の破壊に直結する、分断や単純化を促す「反知性の政治家」ほど、より強い権力や多くの支持を手にしつつある…と言った方がいいかもしれない。
やはり、他二人の候補と比べても、菅氏は「国民にとって最悪で有害な総裁候補」としか思えないし、だからこそ、より多くの(1%の支配層からの)支援を手にして次期総理の就任が確実になっているともいえそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事