菅官房長官、「天皇退位時に公務員の処分免除」報道に「有り得ぬ」と全否定!毎日新聞は「複数の政府関係者が明らかにした」と報じる!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年8月7日の毎日新聞が「政府が19年の天皇陛下の退位に合わせ、国家公務員の懲戒処分を免除することを検討」と報じたことに対し、菅官房長官は「あり得ない。明快に否定する」と全面的に否定した。

・毎日新聞はこの報道について「複数の政府関係者が明らかにした」としており、完全に両者の報道と主張が食い違っている状況となっている。

↓毎日新聞の報道。

天皇代替わり
公務員懲戒、免除を検討 佐川氏対象か

政府は2019年の天皇陛下の退位と皇太子さまの新天皇即位に伴う代替わりに合わせ、国家公務員が過去に受けた懲戒処分の免除を行う検討を始めた。複数の政府関係者が明らかにした。1989年2月の昭和天皇の「大喪の礼」の際に行われ、退職後でも「名誉回復」の意味合いで適用された。同じ基準を踏襲すると、財務省の決裁文書改ざんを巡る佐川宣寿前国税庁長官らの減給処分も免除される可能性があり、政府は基準を慎重に検討する。

天皇の即位や皇太子の誕生など国民的な慶事・弔事の際に、裁判を経ないで刑罰などを消失させたり減刑したりする「恩赦」を行うのが通例。公務員の懲戒処分免除は恩赦とのバランスを取るためだ。現行憲法下で10回あった恩赦のうち、(1)52年のサンフランシスコ講和条約締結(2)72年の沖縄本土復帰(3)89年の昭和天皇「大喪の礼」--の3回は、処分免除も併せて行われた。

処分免除は「公務員等の懲戒免除等に関する法律」と、内閣が定める政令に基づく。89年は懲戒処分(免職・停職・減給・戒告)のうち、減給か戒告の処分者が免除対象になった。

減給期間中の公務員の処分が免除されると給与は元に戻る。期間が過ぎていると減給分の返還は受けられないが、履歴の賞罰事項が抹消され、定昇見送り処分を受けた対象者も定昇を受けられる。

【毎日新聞 2018.8.7.】

懲戒免除「あり得ぬ」=菅官房長官

菅義偉官房長官は7日午前の記者会見で、2019年4~5月に予定される天皇陛下の退位と皇太子さまの天皇即位に合わせた国家公務員の懲戒免除は行わない方針を明らかにした。

政府が検討を始めたとする毎日新聞報道について「あり得ない。明快に否定する」と述べた。

政府は皇位継承に合わせ、減刑をはじめとする恩赦の実施を検討中。昭和天皇逝去時には恩赦とともに懲戒免除が行われている。

【Yahoo!ニュース(時事通信) 2018.8.7.】

毎日新聞が「複数の政府関係者が明らかにした」として、「天皇退位に合わせた国家公務員の懲戒免除を検討中」と報じるも、菅長官は「有り得ない、明快に否定する」とコメント

出典:Twitter(@tohohodan)

当サイトでもいち早く紹介したとおり、毎日新聞が「天皇陛下の退位の際に実施される恩赦に合わせて、国家公務員の懲戒処分も免除することを検討」などと報じましたが、これに対して菅官房長官が全面的に否定しました。

毎日新聞は「複数の政府関係者が明らかにした」としていますが、一体これはどうなっているのでしょう?

なんだか、こうしたパターンも何度か見てきた気がするし、ネット上では早速「毎日新聞がフェイクニュース!」と盛り上げている人達がいるみたいだけど…なんと言っても、これまでも数え切れないほどの嘘を発し続けてきた安倍政権だからね。
この菅長官のコメントも安易に信用することは出来ないね。

毎日新聞の報道や、この菅長官の発言そのものが「安倍政権による”観測気球”では?」との見立ても出ているようですし、様々な情報を意図的に流し、世論の反応を探ったり、ネット上の国民の声の”データ”を集めたりしている可能性もあるかもしれませんね。

いずれにしても、国民を平気で騙したり、操ったり、扇動するのが大好きな安倍政権のことなので、安倍政権の息のかかっているマスメディアの報道も、政府関係者の発言も、いずれもある程度の距離を置いて見ておく必要がありそうだ。

…というか、この菅長官の発言について、「明快に否定する」という日本語が個人的に違和感を感じたんだけど…この場合、「明確に否定する」の間違いなんじゃないのかな?
「明快」とは、筋道が明らかで気持ちがいいほどに分かりやすいこと「明確」とは、はっきりとしていて間違いがないこと。)

前にも菅長官は、枚方(ひらかた)市を「まいかた」と読んだり、前川さんのことを「地位に『連綿と』しがみついている(正しくは「恋々と」)」などと言ったりしていますからね。
「云々」を「でんでん」と読んでしまう安倍総理「踏襲」を「ふしゅう」などと読んでしまう麻生大臣を筆頭に、安倍政権の政治家は、なぜだか、やけに日本語が不得手な人が多いですね。

とにかく、毎日新聞の方も、現時点では特に記事の削除や訂正などの対応もしていない状況だし、この件については「しばらく様子見」といったところだね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事