【アカン】菅官房長官、大阪地震で震度6弱の枚方市を「まいかたし」と誤読!枚方市PR大使の川崎麻世さん「官房長官、マイカタちゃいます、ひらかたです」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年3月18日、菅義偉官房長官が、大阪北部で発生した地震について説明する会見において、震度6弱を観測した枚方市を「まいかたし」と読み間違える事態が発生。ネット上で大きく話題になっている。

菅官房長官 枚方市を「まいかた」と誤読…同市は「マイカタちゃいます」懸命PR中

同市の公式サイトなどでは、「枚方のことを『マイカタ』と読んでしまう人が全国にどれだけいるのか?」「正しく読める人と『マイカタ』と読んでしまう人の割合を全国調査し、分布図を作成・公開します。現在、調査にご協力いただける人を募集中です。協力者には『マイカタちゃいます』グッズをプレゼント!」などと、間違われがちな読み方を正しく認識してもらうため、懸命なキャンペーンを行っている。

菅官房長官はこの日午前11時15分から行った会見で、「震度6弱を観測した大阪市北区、高槻市、“まいかた”市、茨木市、箕面市…」と話した。ネット上では間違いを指摘する声とともに、「まいかた、って読んでしまいます」「自然に読むとまいかた」などの声もあがっていた。

枚方市はV6・岡田准一が2代目キャラクター『超ひらパー兄さん』を務める「ひらかたパーク」(愛称・ひらパー)で知られる。

なお、同市出身で枚方市PR大使を務める俳優・川崎麻世はツイッターで「官房長官、マイカタちゃいます、枚方(ひらかた)です。」と官房長官の読み間違いを訂正している。

【デイリー 2018.6.18.】

菅官房長官、甚大な被害が発生している枚方市を「まいかたし」と読んでしまう痛恨のミス!

出典:Twitter(@tohohodan)

菅官房長官が、震度6弱を観測し甚大な被害が出ていている枚方市を「まいかたし」と読んでしまい、ネット上で大きな話題になっています。

枚方といえば大阪でも比較的大きな都市だし、Wikiによると人口40万人もの大阪第4位の人口を抱える京阪間の中心衛星都市と書かれている。
そもそも、関西出身ではないボクですら枚方市を知っているというのに、またも菅官房長官の教養の無さと、日本そのものに大して興味が無い”本音”が出てしまった

「読みづらい地名だしこれは仕方ない」なんていう声も見られたけど、町内レベルの難読地名ならいざ知らず、一国の官房長官が大阪の主要都市すら読めないというのはちょっとマズいんじゃないかね

しかも、菅長官といえば、以前に愛媛県の伊方原発も「いよくげんぱつ」などと謎の誤読をしていましたし、どうも不可解な読み間違いや日本の地理に対する無知や無関心が目立っている気がしますね。

そもそも、安倍政権そのものが日本に対する愛着も関心も全くないのが、その数々の政策からも見え隠れしているからね。
日本国民を徹底的に騙した上で、国民の富をこれでもかというほどに搾取し、その国富をことごとく海の向こうの国際資本(グローバリスト)に徹底的に横流しをし続けている時点で、「保守」を偽装した日本を破壊する勢力(長州ルーツの欧米資本の傀儡勢力)と言っていいだろう。

またもそんな菅長官や安倍政権の実態や本音がチラリと見えたし、一国の官房長官が大阪の主要都市すらも読めない実情に、国民はもっと危機感を持つ必要があるかもしれないね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事