■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ついに…】天皇陛下が生前退位に関する意向を表明へ!安倍政権は戦々恐々か!?

【ついに…】天皇陛下が生前退位に関する意向を表明へ!安倍政権は戦々恐々か!?
Pocket

天皇派の政府関係者が今回の「お気持ち表明」をセッティングか?

天皇陛下 8月にもお気持ち表明へ

「生前退位」の意向を宮内庁の関係者に示している天皇陛下がお気持ちを表される機会が、来月にも設けられることになりました。宮内庁はテレビの中継などを通じて、広く国民に語りかけられる形を考えているということです。

天皇陛下は82歳と高齢となった今も数多くの公務を続ける一方で、「憲法に定められた象徴としての務めを十分に果たせる者が天皇の位にあるべきだ」と考え、天皇の位を数年内に皇太子さまに譲る「生前退位」の意向を宮内庁の関係者に示されています。
【NHK NEWS WEB 2016.7.29.】

管理人上の記事に出ているように、天皇陛下が「生前退位」の意向を示しているという報道に対して、ついに、陛下自らが色々と語ることが決まったとのことだ。

ボクは、ここ最近の動きを見ているに、このまま生前退位に関する報道が徐々に消沈、最後に何にもなかったかのようにうやむやで終わるものと見ていただけに、この話には少しばかり驚いたよ

えっとぉ・・・確か管理人さんは、天皇陛下と安倍政権は、実は裏では深く対立していて、安倍政権の憲法改正の流れに警戒感を感じた天皇陛下が、なんとかこの流れを食い止めるために生前退位の意向をこのタイミングで出してきた・・・と見ているのよね。

管理人ああ。生前退位に関する第一報が出た瞬間に、ボクはそんな背景を思い浮かべたけど、その後、そんな両者の対立を示すかのように、報道が明らかに矛盾し、錯綜する事態となった

特に、最近出ていた報道では、「天皇の生前退位など無理だ」とか、「陛下は今も元気いっぱい。本人もまだまだこのままのペースで公務をこなすとおっしゃっている」なんて報道が主流になりかけていたし、日本会議の副会長までもが生前退位に批判的なメッセージを出していた。
なので、これは安倍政権側が無理やり生前退位の報道を「デマだ!」っていうことにした上で、天皇陛下の生前退位を強引に封じ込めようとしていて、なおかつその流れが優勢になりつつあるものと見ていたんだ。

それだけに、今回の天皇家側の反撃ともいえる「押しの一手」には少し驚いているところだ。

どこまで天皇陛下は生前退位について語るのか?

あおいちゃん怒りssaなるほどね。
確か、生前退位を実現させるためには「皇室典範」を改正させなくっちゃいけなくて、これを改正するには憲法改正を後回しにしなきゃいけない…ってことだったのよね。

管理人その通り。
安倍政権も天皇陛下のそんな「本来の目的」を知っているので、それを何とか潰すために「生前退位はデマ」やら「陛下はまだまだ元気でそんなこと言ったこともない」なんて報道を流したんだけど、どうやら、こっちの報道の方が嘘だった可能性が強まってきたね。

つまり、ここまで天皇側が強い行動に出てきたことに、いよいよ安倍政権はかなり焦っていて、戦々恐々している可能性が高いってことだ。

ただ、天皇は現行憲法で政治に参加することが認められていないことから、どこまで踏み込んだ発言をするのは、いささか不透明だ。
ほとんど当たり障りのない発言に終始するのか、あるいは所々に重要な”暗示”を込めた発言を行なうのか
いずれにしても、日本にとって歴史的な出来事になることは間違いないだろうね。

 

この状況に安倍政権はどう出てくるのか?

あおいちゃん怒りssaそう聞くと、なんだか私もちょっとドキドキしてきちゃったわ…。
きっと陛下は、かなり強い決意や何らかの意向を持って、私たち日本国民に重要なメッセージを発するべく、こういう場を作った…っていうことよね。

管理人その通りだ。
このニュースから見えてきたのは、日本政府の中には、天皇家側についている勢力も一定数いて、どうにか天皇陛下の意向を押し通そうとしている動き(=改憲に抵抗している動き)も決して弱くはないってことだ。

大手メディアの報道でもすでに、ここまで双方の意向や思惑がぶつかり合って、「言った」「言わない」の異常な状況が表に出ていたけど、ここまで天皇家側の勢力が、陛下自らが語る場をセッティングする動きに出てきたのは、(ボクもそうだけど)安倍政権も予想外だったのではないだろうか?

そういう意味では、安倍政権が目指している”独裁帝国”はまだ不完全で、今も安倍政権(日本会議)側と、天皇側で激しい火花が散っているということが、ボクも理解することが出来たよ。

もし、天皇陛下が結構踏み込んで生前退位の意向を述べたのなら、国民からの要望もどんどん高まってくることも予想されるし、それでも強引に陛下の意向を無視して、憲法改正に突き進んだのなら、安倍政権の反天皇の「正体」がいよいよ国民に知れ渡ってしまう
このまま大人しく安倍政権が引き下がるようにも思えないし、これはますます目の離せない事態になってきたいえるだろう。

早ければ8月8日に天皇陛下が意向を語るという報道もあるし、生でテレビ中継を行なうのではという情報も出ている。
一体どういうことになっていくのか、ボクも固唾を呑んで見守ろうと思うよ。
(まさか、この報道まで「デマだ」なんていう報道がでてくるんじゃないだろうなあ…^^;)

あおいちゃん普通ssaほんとよね…。私も当日はテレビにかじりついて、天皇陛下の声に耳を傾けようと思うわ!

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事