安倍礼賛デマサイト「政治知新」、自民・田村雄介神奈川県議の弟・喬氏が運営!安倍総理の「桜を見る会」にも招待されていたことが発覚!

Pocket

どんなにゅーす?

・日頃から野党議員を陥れる目的のデマ記事を発信してきた、有名安倍礼賛デマサイト「政治知新」について、菅官房長官と深い繋がりを持つ自民・田村雄介神奈川県議の弟・喬氏が運営していたことが発覚。ネットで批判が噴出している。

・同サイトに悪質なデマを流された共産・吉良よし子議員が公式に抗議声明を発表したことから、ネット民による調査が行なわれ、運営会社や住所が突き止められたことから発覚した。

・さらに、田村喬氏のFBの特定から、彼が安倍総理主催の「桜を見る会」に招待されていたことも判明。安倍政権と直結した組織による反社会的なネット工作の実態がさらに浮き彫りになっている。

↓ことのきっかけは、「政治知新」が共産・吉良よし子議員に対する「不倫デマ記事」を発信したことだった。

吉良よし子参議院議員に対する中傷攻撃に抗議します

東京選出の吉良よし子参議院議員に対する、インターネット上でのまったく事実にない「不倫疑惑」なる中傷攻撃は断じて許すことができません。

吉良よし子議員は、安倍政治の悪政を許さず、国会での活動や都民要求を実現するために、そして7月の参議院選挙にむけて連日、昼夜を分かたず奮闘しており、こうした中傷攻撃が事実無根であることは明瞭です。

吉良よし子議員の活動を支えてきた日本共産党東京都委員会としても断固として抗議するものです。

吉良よし子議員への中傷攻撃は、安倍政治からの転換をもとめる多くの市民、有権者と、日本共産党と吉良よし子議員との離反をはかり、そして「市民と野党の共闘」の分断を狙ったものです。7月の参議院選挙を直前にしたデマ攻撃であることからも極めて悪質なものです。こうした中傷攻撃を仕掛けた勢力には法的な措置も含めた対応をすすめます。

~省略~

【日本共産党東京都委員会 2019.4.13.】

↓これをきっかけに、ネットユーザーが政治知新の実態解明に動き出すことに。

悪徳安倍礼賛デマサイト「政治知新」、菅官房長官とも昵懇な自民神奈川県議の弟が運営していたことが発覚!次々明らかになる自民党関係者による悪質なネットデマ工作の実態!

↓以前より問題視されていた、悪徳安倍礼賛デマサイト「政治知新」。

出典:Twitter(@seijichishin)

出典:archive.is(魚拓)

↓「政治知新」運営者は、菅官房長官と昵懇関係にある神奈川県議・田村ゆうすけ議員の弟、田村喬氏が運営していたことが判明。(田村喬氏のFBページはほぼ削除済み)

出典:Twitter(@Anti_Discrimina)

出典:Twitter(@nocchi99)

↓田村喬氏のFBより(すでに削除済み)。喬氏は、安倍総理から「桜を見る会」に招待されるほどに、安倍官邸から認められている人物。

出典:Twitter(@Anti_Discrimina)

これまでも(玉城知事に対する「大麻デマ」など)野党議員を陥れる目的のデマ記事を配信してきたことが問題視されてきた、安倍礼賛デマサイト「政治知新」だけど、その運営者が、菅官房長官と昵懇関係にある、自民・田村雄介神奈川県議の弟・喬さんだったことが発覚したわ。

この人、安倍総理から「桜を見る会」にも招待されちゃってるし、やっぱりこのサイトも、安倍政権と一心同体の関係にある「自民党関係者が作ったデマサイト」だったのね。

現在・集団訴訟が行なわれている悪徳安倍礼賛デマサイトnetgeekも、以前に運営会社の住所が自民党府議の連絡所だったことを紹介したけど、またしても、自民党関係者による悪質なデマ拡散サイトの運営実態が明らかになったね。

運営者の兄である田村雄介神奈川県議は、(「令和おじさん」として、急にネットやテレビでもてはやされるようになっている)菅官房長官ととりわけ深い繋がりがあるみたいで、15年の統一地方選において、菅長官の要請で出馬したとの情報がある。
おまけに、この田村県議、以前に「不倫ハレンチLINE」スキャンダル(↓下記)が報じられたことがあり、共産・吉良議員の「不倫デマ」を流したせいで、自らの兄のみっともない不倫報道が蒸し返されるという、最高に皮肉な事態になっているね。

お前らに舛添を責める資格はない…自民党の地方議員はトンデモだらけだ!「同性愛者は異常動物」「早く中出しさせて〜」

~省略~

さらに酷いのは、やじや発言だけでなく、その行動から議員としての資格が問われるような”事件”をしでかす、自民党系地方議員の多いこと。

たとえば、15年地方統一選で初当選した田村雄介神奈川県議。菅義偉官房長官の要請で鳴り物入りの出馬だったが、そんな田村県議に女性への”不倫破廉恥LINE”が流出した。これを伝えた「週刊実話」(日本ジャーナル出版)15年6月11日号によれば、田村県議がある女性に送ったLINEにはこんな文言が赤裸々に綴られていたという。

「俺のこと好きでいてくれたら、ちゃんと中出しするよ!」「俺の精子は強いから、すぐに出来ちゃうよ!笑」「じゃー早く、中出しさせて~」

……なかなかお盛んな内容だが、田村県議は既婚者で、LINEの送付先は妻以外の女性。「実話」の取材に対して、田村県議はこの女性に「セックスしたいね、セックスのときはニーハイ履いて」などとLINEで送ったことは認めながらも、肉体関係は否定していた。だが、これはどう見ても、女性を性欲発散のための道具としか見ていないように思える。

~省略~

【exciteニュース(リテラ) 2016.6.16.】

この報道を参照しても、兄の雄介さんもろくでもない人なのがうかがえるわね。
しかも、今回明らかになった運営会社の登記簿から
兄弟揃って横浜にデリヘル店(ティアラ)を経営していたことまで発覚しちゃうし、これはもう笑うしかないわ。

いやはや、いかにも自民党議員らしい話だ。

しかし、(安倍総理が「桜を見る会」に招待するくらいに)官邸から認められている人物が反社会的なデマサイトを運営し、野党議員に関するデマを次々流しながら日本国民を徹底的に騙している実態を看過するわけにはいかない。
さらには、このサイトを運営しているにあたり、野党を貶めるための数々の質の悪いネタを提供している勢力が別に存在している可能性もあるし、前川元文科次官のガセネタのケースのように、(兄と親しい)菅長官ら官邸(内調)の関係者が絡んでいる可能性だってあるだろう。

ボクも以前より、ネット上に乱立している安倍礼賛デマサイトについて、自民党関係者が運営している疑いを持ち続けてきたけど、まさしく疑っていた通りの実情が次々表に出てきているし、安倍政権は、ヘイトスピーチやフェイクニュースを規制するような動きを見せつつも一方で野党を貶めるフェイクニュースを率先して流させている実態があることを認識する必要があるだろう。

田村喬さんも、これらのフェイクニュースをたくさん流した「ご褒美」に、安倍総理から直々に「桜を見る会」に招待されたのかしら。
ほんとに、何から何まで腐りきってるわね。

安倍政権を永続的に強固に支えているのは、自らの出世や金儲けのためなら手段を選ばない、こうした反社会的なゴロツキ・ペテン・詐欺集団だし、安倍政権が権力を増せば増すほど、これらの詐欺勢力がどんどん社会に進出することに繋がっていく。
少なからず、これらの一派が日本の中心にどんどんのさばっていけばいくほど、この日本社会は隅々まで腐敗し、荒廃しきってしまうことだけは間違いないだろう。

Pocket

 

おススメ記事&広告