【無法国家】「森友公文書偽造疑惑」について、ある”政府高官”が2種類の文書(原本&偽造)があるのを認めた上で「問題ない」とコメント!

Pocket

どんなにゅーす?

・朝日新聞による財務省による森友関連の公文書偽造疑惑の報道によって、野党や国民から安倍政権への怒りの声が噴出している中、”ある政府高官”が2種類の文書(原本と偽造されたもの)が存在することを認めた上で、「問題ない」とコメントしたという。

【報ステ】森友文書“書き換え”報道…国会紛糾

朝日新聞によると、契約した当時の文書には、森友側とのやり取りをまとめた部分や、要請にどう対応したかが書かれた部分があったが、国会議員らに開示したものには、その一部が消され、「本件の特殊性」「価格提示を行う」などの表現も消えていたという。財務省はこれまで、大阪地検特捜部による捜査が始まった去年春以降もその都度、内部文書を開示してきたが、今回、追及を受けた財務省の太田理財局長は「捜査にどのような影響を与えるか予見しがたいため、答弁は差し控える」と繰り返し、文書があるかどうか答えなかった。こうしたなか、政府高官が2日夜、国会議員らに開示された文書とは別の文書が存在することを明らかにしたうえで「問題はない」とコメントした。

【テレ朝news 2018.3.2.】

<森友文書改ざん疑惑>政府防戦 財務省「6日説明」

希望の党と民進党は2日、財務省へのヒアリングを実施。同日中に立憲、共産、社民、自由4党も加わった合同会合に拡大した。労働時間に関する厚生労働省の異常データ問題に続く疑惑で、野党の結束は強まっている。

佐川宣寿前理財局長は昨年の国会で交渉記録を「廃棄した」と説明していたが、財務省は今年2月、新文書20件を公表し、整合性が問われている。この日、安倍晋三首相は決裁文書に関して一切答弁しなかったが、財務省の改ざんが事実なら、政権のダメージは極めて大きい。

首相官邸幹部は「少し言葉を書き換えた程度の話だ。大したことはない」と語る。一方、立憲民主党の枝野幸男代表は「相当な疑いがあると言わざるを得ない。事実関係をできるだけ早く明確にしていきたい」と引き続き追及する考えを示した。

【Yahoo!ニュース(毎日新聞) 2018.3.2.】

 

公文書偽造の重大国家犯罪をも「問題ない」と平然とコメントする、この国の”政府高官”!

やっぱり朝日新聞の公文書偽造スクープは本当だったみたいね。
しかも、2種類の文書が存在していることをあっさり認めた上で平然と「たいしたことではない」「問題ない」なんて言っている”政府高官”って一体誰なのよっ!?

完全に日本が”無法国家”であるのを認めた上で、極限まで国民をバカにしきったようなコメントだね。
「問題ない」との口癖と言えば、あの官房長官がついつい頭に浮かんできてしまうけど…野党とともに国民も本気で怒っているこの事態に対して、「私や妻が関わっていたら議員を辞める」との約束も完全に反故にした上で、「そんなに興奮しないでくださいよ~」などと話を逸らしつつにやついている安倍総理の姿も実も醜悪だ。

どうやら財務省の担当者や麻生財務相の対応を見ても、文書の偽造は事実のようだし、News23の星浩キャスターも言っていたように「森友疑獄は新たな次のステージに入った」ということだ。
いよいよ明確に刑事犯罪の要素がはっきりと浮かび上がってきた上、ますます佐川氏の犯罪行為の疑いが高まってきた以上、何としてでも昭恵夫人と佐川氏の証人喚問は絶対に行なわなければならない

また、こうしたスゴイ爆弾が内部から出てきた以上、政府の中に「なにかの大きな動き」が出てきた可能性も考えられる。
安倍政権としては、何とかして国民からの批判を逸らし、憲法改悪までなんとか騙し騙し政権を延命したいと考えているはずだけど、「そうは問屋が卸さない」というものだ。

犯罪行為を「まるで問題ない」と完全に開き直りながら、ここまで調子に乗りまくっている以上、こんな前代未聞の無法政権を絶対に許しちゃダメだわ!!
今朝のワイドショーでは珍しいくらいにこの問題が特集されていたし、今度の今度こそ、私たち国民の力で安倍政権を強制終了させるんだからぁ~!!

この様子だとさらなる爆弾が出てくる可能性も大いにあるので、今後も見逃せない展開が続きそうだ。

おススメ記事&広告

 
Pocket