【大躍進中】東京都内の比例投票先、ついに立憲民主が自民の30%に続き23%に!希望は当初の29%から16%に半数近くも激減!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年10月14日、15日にJX通信社が行なった衆院選挙の情勢調査によると、都内の比例投票先として、枝野幸男氏が代表を務める立憲民主党がさらに数字を伸ばしており、30%の自民党に続き23%にまで躍進していることが分かった。

・一方で、当初は29%まであった希望の党の数字が激減しており、16%にまで落ち込んでいることが判明。立憲民主の躍進と対照的な状況となっている。

スポンサーリンク

立憲民主党に無党派・政権不支持層から最多の支持=JX通信社 衆院選第4回情勢調査

立憲民主党が希望の党を上回り「反政権票最大の受け皿」になりつつあることを示す結果だ。

筆者が代表を務める報道ベンチャーのJX通信社では、9月下旬以来毎週、東京都内で衆院選情勢調査を実施してきた。10月14日(土)・10月15日(日)の両日に実施した最新の調査(第4回)では、比例東京ブロックでの投票意向首位は自民党で30%(1ポイント増)となる一方、第2党として立憲民主党が23%(5ポイント増)で続いた。2週間前の前々回調査で首位だった希望の党は2週続けて投票意向を減らし、16%(前回比2ポイント減)にとどまった。

支持政党別では、支持する政党はないとしたいわゆる無党派層が30%(前回比4ポイント減)、自民党が28%(2ポイント増)となった他、立憲民主党が19%(4ポイント増)、希望の党が11%(2ポイント減)、共産党が6%(1ポイント増)と続いた。

【Yahoo!ニュース 2017.10.18.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

選挙戦直前に結成された立憲民主、ついに希望の党を完全に超え、野党第一党になれる可能性も!

出典:Twitter(@CDP2017)

つ、ついに、立憲民主が希望の党を完全に超えて、都内の比例投票先では23%にまでアップしてきたのね!

おおおお~~!!
まだまだリッケンミンシュのフィーバーが止まる様子がないにゃあ!

選挙公示直前に立ち上がった党としては、異例中の異例とも言える躍進度であり、この時点でも大きな快挙と言えるだろう。
どうやら、態度を明確にしていなかった有権者が立憲民主に投票先を決める人が増えているみたいで、このままさらに無党派層を大きく動かすことが出来れば、野党第一党になれる可能性も高まってきたね。

何より、枝野氏の爽やかで熱いキャラクターに加えて、安倍政権で蔓延している政治腐敗と近代国家としての根幹を無視した破壊的な暴政を強く批判し、正攻法で明確な対立軸を示した主張が多くの有権者の支持を呼んでいることが考えられる。

自民党を支持している特定の業界や富裕層以外の、一般庶民が日常生活で抱えている不安や不満の最適な受け皿としてさらに急速に支持を伸ばしていく可能性もあるし、いかに日本国民が立憲民主のような、明確でリアリティのある野党を渇望していたかということがとてもよく分かるよ。

それだけ、既存の民進党に入り込んでいた第二自民みたいな怪しげな議員国民が強く嫌がっていたってことかもしれないわね…。

選挙戦も後半に入ってきた現在、後は、どれだけ一人でも多くの無党派層の心を動かし、立憲民主に投票する人を伸ばすことが出来るかというところだね。
そして、これだけでは安倍政権にくさびを打つことは難しいので、例えば「自民・希望・共産」などの選挙区においては、情勢予測を調べた上で、多く票を取りそうな方の非自民候補に票を入れることで自民候補を落とす「戦略的投票」を行なうことも大事だね。

にゃあ!残りの期間でさらにリッケンミンシュの人気が集まる可能性もあるし、ここまで来れば、全員当選するくらいの勢いで頑張っていってほしいにゃ~!

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket