【期待高まる】枝野氏の立憲民主党、50人規模の候補者擁立か!ツイッターのフォロワーはついに10万超え!すでに自民党を超えそうな勢いに!

Pocket

どんなにゅーす?

・枝野幸男氏が立ち上げた立憲民主党の人気がますます高まってきている。

・一部報道ではすでに48人ほどの候補者が立憲民主からの立候補を希望しており、少なくとも50人を超える規模の候補を擁立できる見通しになっているとのこと。

・また、公式ツイッターのフォロワーもすでに10万人を超えており、早くも自民党の11万人を超えるほどの勢いになっている。

立憲民主党 50人規模の公認擁立の方針

小池代表は3日夜、都内で公約について詰めの協議を行った。「希望の党」関係者によると、公約は10項目ほどの柱があり、冒頭で消費税率10%への引き上げの凍結を掲げる。さらに憲法改正や原発ゼロ、国会議員の定数と歳費の削減、現実的な安全保障政策などが盛り込まれるという。公約は6日までに小池代表が発表する方向で調整している。

一方、立憲民主党が50人規模の公認候補者を擁立する方針であることが明らかになった。日本テレビの調べでは、すでに48人の立候補予定者が立憲民主党から出馬する意向を示していて、さらにどの程度積み上げられるかが焦点。

【日テレNEWS24 2017.10.4.】

↓多くの有権者の共感を呼んでいる枝野氏の街頭演説。

枝野氏の立憲民主党のツイッターフォロワー数が早くも10万超え!自民党は11万、希望の党はたったの3千!

出典:Twitter(@CDP2017)

出典:Twitter(@jimin_koho)
出典:Twitter(@kibounotou)

枝野さんの立憲民主党が結党から快進撃が続いているみたいですぅ!
すでに50人近くの候補者が立憲民主から出る予定になっているみたいですし、なんとツイッターのフォロワー数がすでに自民党さんを超える勢いになってきているみたいですよぉ!

いやはや、想像以上の快進撃でボクも少し驚いているよ。
それだけ、今の国民が枝野氏のようなスタイルの政党を心待ちにしていたということだろうし、構図しては、主にゼネコンや電力、富裕層や経済団体、警察などの(キャリア)公務員、既得権者が自民党支持に、無党派ないしは自民支持でテレビなどに影響を受けやすい情報弱者が希望の党に、そして無党派・野党支持者の比較的情報強者の有権者が立憲民主党に…といったような構図が出来てきた感じかな。

幸いテレビでも比較的立憲民主の話題を扱ってくれているし、今聞いていた文化放送のラジオでも有権者が徐々に小池氏の希望の党を見限り始めて、枝野氏の立憲民主に期待する声が増えてきている様子が伝えられていたよ。

そして、小池氏の希望の党の1次候補者(192人)が発表されたけど、うち半数以上の110人が民進出身者という構図になっている。
現状、いざ選挙になった場合、この構図がどのような結果をもたらすのか全く分からないし、まずは何としても安倍政権を終わらせるために、立憲民主の党勢を拡大させ、なおかつ(希望と自民が連立を組んだ場合に強くさせないためにも)立憲民主系勢力を最も多く当選させることが大事になってくる。

現状、(希望と自民の連携によって)憲法改悪の危険性が高まっており、事態は今でも厳しい状況だけど、とにかく枝野氏の勢力を100人でも200人でも党勢を拡大させていくことに集中していくことが必要だね。

そう考えると、まだまだのんきに喜んでいる 場合でもなさそうですねぇ…。
50人ですとまだまだ心許ないですし、ツイッターのフォロワーの勢いのように、一気に参加する議員さんを2倍・3倍に増やしていくことが求められますねぇ!

その通りだ。
この調子で「草の根運動」でどんどん立憲民主党を大きくしていき、共産と共闘した上で政権交代を狙えるくらいに多くの統一候補を揃えられるように頑張っていって欲しいところだね。

おススメ記事&広告

 
Pocket