■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

石原伸晃氏が内閣官房参与を辞任!就任後わずか8日のスピード辞任!”コロナ助成金”受給発覚がトドメに!大岡環境副大臣も全額返金へ!

石原伸晃氏が内閣官房参与を辞任!就任後わずか8日のスピード辞任!”コロナ助成金”受給発覚がトドメに!大岡環境副大臣も全額返金へ!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年12月10日、石原伸晃官房参与が参与を辞任することを明らかに。先の衆院選で落選した上に、コロナ関連の助成金を受け取っていたことが発覚し批判が殺到、就任後わずか8日の異例のスピード辞任となった。

・また、大岡敏孝環境副大臣も、石原氏と同様にコロナ関連の助成金を受け取っていたことが判明。当初は「問題ない」ことを強調していたものの、一転して全額返金する意向を明らかにした。

石原伸晃内閣官房参与 就任わずか8日で辞任…代表を務める政治団体がコロナ助成金受給で批判

自民党元幹事長の石原伸晃内閣官房参与(64)が10日、参与を辞任した。代表を務める政治団体が新型コロナウイルス対策の雇用助成金を受給したことを巡り批判を浴びていた。岸田文雄首相(64)が官邸で記者団に明らかにした。受給額は約60万円だった。石原氏は10月の衆院選で落選し、今月3日に観光立国などを担当する参与に就任してからわずか8日のスピード辞任で、首相に痛手となった。

~省略~

【Yahoo!ニュース(スポーツ報知) 2021.12.11.】

大岡環境副大臣 自民党支部への雇用調整助成金 返金へ

~省略~

自民党の衆議院議員の大岡敏孝環境副大臣は夕方、国会内で記者会見し、自らが代表を務める党の滋賀県第1選挙区支部が去年、「雇用調整助成金」あわせて30万円余りを受け取っていたことを明らかにしました。
そのうえで、雇用調整助成金は、政治団体も含めて雇用保険料を支払っている事業所が対象となっているとして「スタッフの雇用と給与を維持するために申請して支給を受けたもので、返還する理由はない」と述べました。
しかし、その後、「国民の誤解を招きかねないと判断し、速やかに返金する」としたコメントを発表しました。
大岡氏は、党の幹部に全額を返金する考えを伝えているということです。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2021.12.10.】

石原一族の”血脈”をアテにして伸晃氏を参与に起用した岸田総理の大失策!伸晃氏の政治生命は完全終了に!?

出典:Twitter(@ishiharanobu)

「落選したのに内閣官房参与起用」で批判が集まっていた石原伸晃氏ですが、結局、就任からわずか8日で”スピード辞任”に追い込まれました。
ただでさえ、参与に就任する資質も資格が微塵もなかったうえに、「不正受給」と言われても仕方ないような”コロナ助成金”の受け取りが発覚したのですから、当然の帰結といえるでしょう。

まったく、岸田総理から(あまりにKY過ぎる)お呼びがかかった時点で(国民から批判が殺到することを予測して)慌てて断ればよかったのに…伸晃氏本人はもちろん、岸田総理についても、あまりにも想像力が欠如しており、国民感覚とかけ離れているとしか言いようがないね。

おまけに、「伸晃騒動」の余波は収まるどころか広がってきており、新たに大岡環境副大臣においても”コロナ助成金”の受け取りが発覚
当初は「正当な受給」であるとして返金する意思はないとしていたものの、一転して全額返金する意向を示しました。

これまでも、コロナ関連の助成金を通じて、自民党のお友達企業らが血税を不当に吸い上げていた実情が浮かび上がっていたけど、なんと、自民政治屋本人たちもこんな風に直接的に利益を得ていたとはね。
これまでも何度となく述べてきたけど、現在の自民党政治屋は「目先の私利私欲だけで頭がいっぱい」な連中ばかりだし、まずは、伸晃氏と大岡環境副大臣の受給について、これが正当なものだったのかについて徹底的に調査・追及する必要があるだろう。

そして、過去には生活保護受給者を揶揄するような発言をしたことも発覚している中で、少なからず、伸晃氏の政治生命は完全に終了したのではないでしょうか。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事