【うわ~っ】容疑者を追っていた警察犬がヤマアラシに遭遇、”悲劇”に見舞われる!米オレゴン州

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年4月20日、米オレゴン州で指名手配中の犯人を追いかけていた警察犬が追跡中にヤマアラシに遭遇、大きな「悲劇」に見舞われた

・デヴィン・ジェイ・ウィルソン容疑者を追いかけていた警察犬「オーディン」の前に現われたのは一匹のヤマアラシ。オーディンは果敢にヤマアラシに対峙し威嚇したところ、ヤマアラシが逆襲オーディンの顔に200本もの針が突き刺さる事態に見舞われた。

・オーディンがヤマアラシの襲撃に遭ったことで捜査は中断。オーディンを麻酔によって眠らせた上で2時間にわたる手術が行なわれ、顔や足に刺さった針が取り除かれた。一部の針が目の周りに刺さっていたものの、現在のところ視力に異常はみられないという。

ヤマアラシに200本の針毛を食らった警察犬 指名手配犯を追跡中に(米)

常に危険と隣合わせで、強い精神力が求められる警察犬(K9)。このほど米オレゴン州で、指名手配犯を追跡中の警察犬が突然現れたヤマアラシに襲われた。この警察犬がヤマアラシに食らった針毛の数は200本にもなり、痛々しい姿がSNSで拡散している。

今月20日午後6時頃、クーズ郡クーズ・ベイをパトロールしていた保安官代理が、複数の重罪で指名手配中のデヴィン・ジェイ・ウィルソン(29歳)を発見した。しかし追われていることに気付いたデヴィンはそのまま徒歩で逃走し、警察犬の“オーディン”が駆けつける事態となった。

現場では広範囲で捜索が行われたが、一度見失ってしまったデヴィンの足取りはなかなか掴めず、時間ばかりが過ぎていく。

そんな時、オーディンの目の前に降って湧いたようにヤマアラシが現れた。3万本もの針毛を持つとされるヤマアラシに威嚇、攻撃されたオーディンには白い針毛が何本も突き刺さり、捜査は中断された。

オーディンは地元のハンソン=ミーキンズ・アニマル病院に搬送されると、獣医によって麻酔をかけられ、顔や脚に食い込んだ針毛が引き抜かれた。2時間の処置で抜かれた針毛の数は200本にもなり、そのうち2本は左目近くに、数本は口の中にまで達していたようだ。現在は自宅に戻っているオーディンだが、念のため1週間後に獣医の診察を受ける予定という。

~省略~

【BIGLOBEニュース(Techinsight) 2019.4.24.】

出典:テレ朝News

犯人を果敢に追っていた警察犬、ヤマアラシに遭遇し、大変な事態に見舞われてしまう!

↓巨大な針状の硬い毛を持つヤマアラシ。外敵に向けて突進し、針状の毛を突き刺す性質を持つ。

出典:dogtime.com

出典:Wikipedia

ひ、ひぃいいいいいっ!!
警察犬のワンちゃんが大変な悲劇に見舞われてしまいましたですぅ~~!!
まさか、ワンちゃんをこんなにした犯人が、このヤマアラシさんだったなんてぇ~。

うにゃあああっ!!
こりゃ、めちゃくちゃ痛そうだにゃああ~~ッ!!

目の前の凶悪犯などの外敵に対して果敢に立ち向かっていくように調教されている警察犬だけに、余計にこうした事態に見舞われてしまったのかな。
まさに恐るべきヤマアラシだけど、ご覧のように、体毛が変形・進化したことによって非常に太く鋭い「針」を持っており、外敵に襲われそうになると、このお尻の方に生えている大量の針を突き刺すべく、後ろ向きに相手に向けて突進してくる性質を持っているそうだ。
しかも、場合によっては、ヤマアラシの針によって深い傷を負い、患部から感染症などを引き起こして死亡するケースも少なくないらしい。

海外では、今回のケースのように飼い犬がヤマアラシと喧嘩し、大量の針を突き刺される事故が結構発生しているみたいだし、オーディンもほんとに危なかったね。
目にモロに刺さっていれば失明していただろうし、ヤマアラシに遭遇した場合は、とにかく大人しく逃げた方が無難であるといえそうだ。

ほんとに、オーディンさん無事に手術が終わって本当によかったですぅ…。
警察の皆さんも、ヤマアラシさんに出会った場合は無理に戦わずに逃げるように、今後は警察犬さんたちによく教えた方がいいかもしれませんねぇ。

世界には、ほんとに色んなヘンテコ動物がいるんだにゃ~!
これじゃあ「霊長類最強女子」の吉田沙保里しゃんも出足も出なさそうにゃし、警察犬のワンちゃんもかなわないヤマアラシしゃんは、陸上界の”最強動物”だにゃ!!

Pocket

 

おススメ記事&広告