【残念な国】日本のPCR検査機器が海外で大活躍!フランスから感謝状も!→ネット「なんで日本で使わんのか?」「皮肉なニュース」「日本すご~い…」

Pocket

どんなにゅーす?

全自動リアルタイムPCR検査機器を製造している日本のメーカー、プレシジョン・システム・サイエンス社が、海外で大活躍フランス駐日大使から感謝状を受け取った上に、同社の株が急伸しているという。

・ネットでは、日本のメーカーのPCR検査機器が、(安倍政権によるPCR検査の徹底した抑制策のせいで)日本で全く活躍できない現状に対し、悲嘆にくれる声が続出。改めて、日本の優れた技術力や人材が、腐敗した政治の力で殺されている現状が浮かび上がっている。

「全自動PCR検査システム供給に対する駐日フランス大使からの礼状について」

今般の新型コロナウイルス感染症「COVID-19」の拡大は、グローバルな経済活動に大きな影響を与えており、依然として予断の許さない状況が続いております。プレシジョン・システム・サイエンス株式会社(以下、PSS)は、新型コロナウイルス「COVID-19」感染症が引き起こしている世界的な問題に対して、PSSの全自動PCR検査システム(geneLEADシリーズ)を用いた迅速検査による事業活動を通じた社会貢献を行っています。

こうした中、フランスに本拠を構えるエリテック社ブランドとしてOEM供給をしている全自動PCR検査システムが、フランスの医療現場における新型コロナウイルス「COVID-19」感染症検査の医療現場で利用されています。この度エリテック社と協力体制を築いたPSSが装置と一体化した消耗品(プレフィルドカートリッジ抽出試薬、付属プラスチック消耗品)を供給し続ける役割を担った社会貢献に対して、ローラン・ピック駐日フランス大使よりPSSと田島代表取締役社長宛に礼状を受け取りました。

~省略~

【Precision System Science Co., Ltd.  2020.4.24.】

日本の全自動PCR検査機器メーカーがフランスより感謝状

前回紹介をしました全自動PCR検査機器のメーカーがフランス駐日大使より礼状を受け取ったと伝えています。

新型コロナウイルス感染症の蔓延で苦しんでいるフランスにおいてエリテック社が販売する全自動PCR検査機器が大活躍をしておりますが、それを製造し試薬を供給する日本のメーカーへの礼状です。

前回にも紹介しましたが、フランス、イタリア、ドイツその他ヨーロッパ各国、アメリカなどで日本の技術を駆使した全自動PCR検査機器が活躍しておりますが、日本では出番を与えてもらえないようです。

これさえ使用できれば検査技師の労力と感染リスクを最小限に抑え、コンタミネーションなく多検体を短時間で検査出来るのですが・・・

~省略~

【中央動物病院 2020.4.24.】

世界で行なわれているスピーディー&効率的なPCR検査の裏で日本メーカーの機器が大活躍!なのに日本では全く使われず&いまだに検査数も世界最少レベル!

出典:Precision System Science Co., Ltd.

これは、何とも残念というか、非常にやるせない事態です。
海外で多くの人々の命を救っているのはとても嬉しいことではありますが、どうして、これが日本で全く使われないのか…と、暗澹たる気持ちになってしまいます。

なんせ、東京都のPCR検査数を見ても、5月6日なんか、たったの65人だぞ。
大手メディアでは、最新の都内の感染者数が23人だったとして、いかにも「収束モード」に入っているかのごとく喜ばしく報じているけど、そりゃ、検査そのものをまともにやっていないのなら、陽性者が少ないのは当たり前だ。
ていうか、ここ最近、検査数が激減しているのと同時に、凄まじい勢いで陽性率が跳ね上がっているし、むしろこれは、喜ぶどころか完全な異常事態だろう。

すでに、政府側もPCR検査があまりにも少なすぎることを認めざるを得なくなっているし、専門家会議も必死に様々な言い訳を羅列するようになってきているけど、それでも全く改善される兆しが見えないどころか、ピーク時と比べて逆に減ってきている感すらある。
やはりこれは、どうしてもPCR検査を増やすことができない”事情”があるとしか思えないし、前からボクが言っていたように、感染数が一気に増大して緊急事態宣言を長期化せざるを得なくなる上に(この事態を作り出した張本人の)安倍総理が国民から多くの批判を受けるのが嫌だから、感染者数をこれ以上大きく増やしたくないがために、PCR検査を強引に絞り込んでいるとしか思えないんだよね。

ほんとに、安倍総理の存在そのものが、どれだけ日本国民に重大な悪影響を与えているのでしょうか
救いようがないほどの非科学的で反知性的な「やってるフリパフォーマンス」でどれだけ多くの国民が命を落としているのかも分かりませんし、いまだに、自身のあらゆる失策の反省もゼロのまま、一切の責任も取らずにこの先も総理を続ける気満々の上に、”憲法改悪”を強行してまで、さらなる独裁体制の構築まで企んでいる始末です。

とにかく、何から何までデタラメ三昧だし、これでは、日本の民間の優秀な技術力や人材も腐敗した政治権力に殺されてしまう上に、その活路を海外に見出すしかなくなってしまう
まさに、「なるべくしてこうなっている」わけで、現在の安倍政権の跋扈による日本の凋落ぶりをよく表したニュースだといえそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事