【癒着】東電元幹部無罪判決の直前に、大谷最高裁長官が安倍官邸を訪問!「福島原発裁判について何かの打ち合わせをしたのでは?」との疑いの声相次ぐ!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年9月19日、福島原発事故における刑事責任を問われた裁判において、東電の元幹部全員に無罪判決が言い渡された直前に、大谷直人最高裁長官が安倍官邸を訪問安倍総理とおよそ15分間会談を行なっていたことが大きな話題になっている。

・ネット上では、大谷最高裁長官が安倍総理と福島原発事故の裁判について、何らかの打ち合わせをしていたことを疑う声が相次いでおり、無罪判決の背後に安倍官邸の圧力がかかっていたことを疑う声がますます噴出している。

↓9月19日の首相動静より。

首相動静(9月19日)

午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
午前8時51分、公邸発。同52分、官邸着。
午前9時35分から同50分まで、大谷直人最高裁長官。
午前10時29分、ニュージーランドのアーダーン首相を出迎え。記念撮影。同30分から同36分まで、儀仗(ぎじょう)隊による栄誉礼、儀仗。

~省略~

【時事通信 2019.9.19.】

多くの被災者や国民が驚きと怒りの声を上げた「東電元幹部全員無罪判決」の直前に、大谷最高裁長官と安倍総理が「謎の会談」を開催!

出典:Wikipedia

日本中で驚きと怒りの声が上がった、「東電元幹部全員無罪」の判決が言い渡された直前に、大谷直人最高裁長官と安倍総理が官邸で会談を行なっていたことが判明し、多くの疑いの声が上がっています。
確かに、ここまでの”重要な日”に朝一番で最高裁長官が官邸を訪れているのをみても、ただの偶然には思えませんし、これは、福島原発事故の裁判について、何らかの打ち合わせを行なった可能性がありそうです。

元来、日本においては、民主主義を保全するために「行政」「立法」「司法」の3つの権力がそれぞれを監視し合う「三権分立の原則」が存在している中で、行政の長の安倍総理と司法の長である大谷最高裁長官が仲良く会談をしていること自体「かなり危うい事態」と考えるべきかと思うんだけど…この”異質”な会談が、「世紀の不当判決」との声も上がっている判決の直前に行なわれたというんだからね。

先の記事にも述べたことだけど、今回の裁判において、東電側に刑事的な責任があることを裁判所が認めると、ほぼ必然的に政府にもその責任が問われていくことにつながるし、今回の判決において最も得をしたのは、東電と並んで安倍政権だったと考えるべきだ。
このように考えると、今回の東京地裁の判決について、かねてより安倍官邸の圧力がかかっていたと考えるのが自然だと思うし、大谷長官は、安倍政権の意向通りに「無罪判決」を出すことが決定したことを朝一番にわざわざ安倍官邸に報告しに行ったということなのではないだろうか?

本当に恐ろしいことです…。
事実上、本来独立し監視し合うべきはずである司法と行政が完全に癒着し合ってしまっている実態が見え隠れしていますし、特に第二次安倍政権が発足してからというもの、裁判所と安倍官邸の距離感が異様に近くなってきていることを肌で感じます。

安倍政権下における最高裁判官の面々を見ると、加計学園の監事を務めていた人物(木澤克之氏)までもが入っているし、裁判所だけでなく、検察や警察、さらには多くの官僚機構までもが安倍政権にどんどん取り込まれつつある状態だ。
今の日本は、すでに(曲がりなりにも存在してきた)三権分立が完全に崩壊してしまった状態になっており、民主主義の仕組みはすでに破壊されきった状態といってもいいような状況だろう。

つまりは、安倍政権の戦後かつてなかったまでの「独裁政権化」が様々な形で作用したことで、今回の「世紀の不当判決」が出されたということですね…。
私たち国民が、安倍政権の本質をよく理解できずに長らく放任してきた結果、ここまで深刻な事態になってしまったことを強く感じますし、これでも多くの国民が”眠ったまま”である限り、日本は再起不能なまでに壊れきってしまうことが予想されます。

”次の段階”に入ってしまうと、いよいよ政権が本格的に国民に向けて牙をむき始めてくるだろうし、すでに「その兆候」はそこここで着実に出始めているように感じるよ。

Pocket

 

 関連記事