■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【…え?】自民・鬼木誠議員が丸川五輪相を「各国首脳からアジアンビューティーと呼ばれた」と国会で”ゴマすり”全開!→本人は「鬼滅ロゴパクりポスター」で批判殺到の過去!

【…え?】自民・鬼木誠議員が丸川五輪相を「各国首脳からアジアンビューティーと呼ばれた」と国会で”ゴマすり”全開!→本人は「鬼滅ロゴパクりポスター」で批判殺到の過去!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年3月2日、自民・鬼木誠議員が、丸川珠代五輪相への質疑において、パリ協定の採択に向けて「各国首脳からも”アジアンビューティー”と呼ばれ、大変人気があったという話も現地で聞こえておりました」と賛辞する一幕が発生。一時議場がどよめく事態になった上に、ネット上で批判の声が噴出している。

鬼木議員は、以前に人気漫画「鬼滅の刃」のロゴと酷似したロゴを配したポスターを掲示し、批判が殺到。後に公式サイト上で「作者の先生、出版社ならびにファンの皆様をご不快にさせているとのご批判を真摯に受け止め、速やかに、貼られているポスターを撤去いたします。誠に申し訳ございませんでした。」謝罪し、ポスターを撤去した問題を引き起こしている。

自民議員、元上司の丸川氏称賛「アジアンビューティー」

~省略~

丸川氏はアジアンビューティー――。質疑の冒頭では、自民の鬼木誠氏が質問の中で、丸川珠代五輪相の容姿に触れながら称賛し、委員室がざわめく場面があった。

鬼木氏は、地球温暖化対策の国際ルール「パリ協定」の2015年の採択をめぐり、当時環境相だった丸川氏とフランス・パリを訪問した際の話を披露。鬼木氏は当時、環境大臣政務官で、丸川氏は「上司」だった。

鬼木氏は、パリ協定の採択に向けて、「当時の丸川珠代大臣。国際的な交渉を重ねた当時の思い出、ご苦労、また脱炭素に向けての考え、今の気持ちをお聞かせください」と質問した。

丸川氏は「当時の鬼木政務官には実務者のトップと交渉してもらって重要な役割を担ってもらった。この場を借りて心から感謝を申し上げたい」と答弁。

これに対し、鬼木氏は「丸川大臣はパリにおいて各国の大臣クラスの方々とマルチやバイ会談を進め、共通の利益のために世界が一つになる下地を作った」と称賛。さらに「各国首脳からもアジアンビューティーと呼ばれ、大変人気があったという話も現地で聞こえておりました」と述べた。

【朝日新聞 2021.3.2.】

以前に「鬼滅」のロゴをパクッて批判殺到した鬼木議員、今度は丸川五輪相を「アジアンビューティー」などと称えて醜態をさらす!

出典:Twitter(@nekolovercat)

自民・鬼木誠議員が、国会中に丸川珠代五輪相のことを「各国首脳からも”アジアンビューティー”と呼ばれ、大変人気があったという話も現地で聞こえておりました」などと賛辞
丸川議員に対する「安直で露骨なゴマすり」として批判の声が噴出しています。
鬼木議員と言えば、人気漫画「鬼滅の刃」のロゴとそっくりなロゴを自らのポスターに配し、批判が殺到。公式サイト上で謝罪した上で問題のポスターを撤去した騒動も引き起こしたことでも記憶に新しい問題議員ですね。

「鬼滅の刃」のロゴをアニメの公式サイトで確認してみたけど、これ、まるっきりパクリそのものではないか。
そいえば、維新の議員も「鬼滅」をまんまパクったポスターを作って批判が殺到、その後ポスターを撤去した事例があったけど、「多くのファンを持つ人気作品に安直にあやかり、しかもデザインをそっくりそのまま盗んでしまう」という自民や維新のモラル崩壊が相当深刻な状況だし、どこぞの国を「パクリ王国」なんて揶揄している場合じゃないね。

鬼木議員は「諸外国首脳からの評判」として丸川氏のことを「アジアンビューティー」と称えたけど、ボク自身は「…え?」という印象しか出てこない
そもそも、容姿の美しさというのは、「他者に対する思いやりや優しさ」「モラルや教養」などといった”内面の美しさ”が表面にあらわれるものであり、したがって、ボクにはどうみても丸川氏が美しいようには全く見えない。
丸川氏と言えば、「この愚か者めが!」「ルーピー!」などといった下品で醜いヤジをよく飛ばしては、佐川氏への証人喚問においては、腐敗しきった安倍政権を全面的にフォローするような悪質な誘導質問を展開し多くの批判を浴びるなど、極めて「自らの利益を徹底保守」する自己中心的で品性の欠片もない問題行動が目立ってきた
(テレ朝にいた頃はそんな風には全くみえなかったけど)「自民党の有力議員」として腐敗しきった組織の中で影響力を持つようになった昨今、そうした「汚れた内面」が人相やオーラにも表れているようにみえるし、本当に海外の首脳がそんな風に称えていたのだとしたら、完全なお世辞(リップサービス)か見る目がおかしいんじゃないかな。

とにかく、丸川大臣を称えた鬼木議員ともども、自民党そのものが根底から腐敗しきっているということですね。
こんな無意味で下らない質疑を(多くの血税を投じている)国会でやっていること自体極めて大きな問題ですし、改めて、(無意味な茶番劇が展開されることが目に見えている)「与党同士の質疑の是非」そのものについても強く問うていく必要があるのではないでしょうか。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ピックアップカテゴリの最新記事