■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【さらに破滅フラグ】尾身会長が(珍しく)菅政権の対応に強い危機感!「今の状況で普通は五輪開催しない」との”異例すぎる”コメントに様々な声!

【さらに破滅フラグ】尾身会長が(珍しく)菅政権の対応に強い危機感!「今の状況で普通は五輪開催しない」との”異例すぎる”コメントに様々な声!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年6月2日、衆院厚労委員会で、尾身茂コロナ分科会会長が菅政権による「東京五輪強行」に強い危機感を表明「今の状況で普通は五輪開催しない」と、極めて異例の政権批判コメントを展開した。

・また、尾身氏は「仮に五輪をやるのであれば、国や自治体、国民に任せるだけではなく、組織委も感染の最小化に向けて最大限の努力をするのは当然の責任だ」とコメントし、東京五輪の強行開催によって感染拡大のリスクが高まることを明言。これまで政府に従属してきた尾身氏によるまさかの”変節”に対し、様々な声が上がっている。

東京五輪・パラ「今の感染状況で開催は普通はない」尾身会長

東京オリンピック・パラリンピックをめぐり、政府の分科会の尾身茂会長は衆議院厚生労働委員会で「今の感染状況での開催は普通はない」と指摘したうえで、開催する場合には関係者がその理由を明確に説明することが重要だという認識を示しました。

この中で尾身会長は東京オリンピック・パラリンピックをめぐって「今のパンデミックの状況で開催するのは普通はない」と指摘しました。

そのうえで「こういう状況の中でやるというのであれば、開催の規模をできるだけ小さくして管理の体制をできるだけ強化するのが主催する人の義務だ」と述べました。

~省略~

この中で政府の分科会の尾身会長は「仮にオリンピックをやるのであれば、国や自治体、国民に任せるだけではなく組織委員会も感染の最小化に向けて最大限の努力をするのは当然の責任だ」と述べました。

また、競技の中継を観戦するパブリックビューイングについて「自分のひいきの選手が金メダルをとったりすれば声を上げて喜びを表すこともあるだろうし、そのあとみんなで『一杯飲もう』ということもありえる。感染拡大のリスクをなるべく避けることを考えればわざわざリスクを高めるようなことをやるのは、一般の市民には理解できにくいというのがわれわれ専門家の意見だ」と指摘しました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2021.6.3.】

東京五輪で「途上国にウイルスわたる可能性」 尾身会長が指摘

~省略~

「IOC、政府は強い覚悟を」

尾身氏は「(ウイルスが)医療制度や検査体制が非常に脆弱(ぜいじゃく)な発展途上国にわたる可能性がある」と説明。選手ら大会関係者が日本で感染し、大会後に母国で感染を広げることを懸念したとみられる。

また、競技場外で人出が増えて感染が拡大するリスクがあるため、主催者の国際オリンピック委員会(IOC)に「最大限の努力をする責任」があり、大会規模の縮小などの対策を要求。感染症が流行する中で五輪を開催する以上は「IOCも政府も強い覚悟でやってもらう必要がある」と語気を強めた。

~省略~

【毎日新聞 2021.6.3.】

東京五輪強行によるさらなる「破滅フラグ」が発生!”悲劇的事態”を予感した尾身会長が、あらかじめ予防線を張った可能性!

出典:YouTube

これは一体どういう風の吹き回しかしら?
これまで、自民政権に完全にべったりで、日本国内における「新型コロナウイルスばら撒き政策」に全面的に貢献してきた尾身会長が突然反旗を翻して、菅政権に対して堂々と危機感や苦言を呈するようになってきたわ。

ネット上では、「ようやく尾身会長が目覚めた」「さすがに我慢が出来なくなったのだろう」といった声が上がっているけど、いやいや、それであれば、とっくの前から政府に対して真っ向から強い批判や苦言を展開しているはずだ。
ここにきて急に尾身会長がこのような発言をし始めて、菅政権とあからさまに距離を置き始めて来たというのは、「ここで政府と距離を置いておく方が自らにとって得策である」と考えたからであり、つまり、尾身氏は東京五輪の強行開催によって、日本国内において「破滅的事態が起こる可能性が高い」と考えているということだろう。

つまりは、ここで菅政権の「五輪強行」判断に全面的に同意した場合、「破滅的事態の発生」により大々的な「責任追及の嵐」に見舞われて、(菅総理からも責任をなすりつけられることで)自らが集中砲火を浴びては、「科学者」としての権威すらも完全に剥奪されてしまう可能性を感じ取っているってことね。
結局のところ、尾身さんは、この先最も想定しうる状況をよくよく考えて「保身」を優先させた結果、このような”変節”を始めたってことだわ。

早くも自民議員の中から尾身氏に対して怒りの声が出てきては、「俺らの意向に大人しく従え」との恫喝が出てきているみたいだけど、まったく、自民党の連中は一体どこまで傲慢で勘違いしまくっているのだろう

そして、当サイトでは、国内外の状況を俯瞰的に見たところ、(グローバリストによる「バイオテロ」が引き起こされる可能性も含めて)「東京五輪によって破滅的事態が発生する」可能性が高まっていると推測してきたけど、今回、「尾身氏の突然の変節」という、また一つ新たな「破滅フラグ」が立った感じだ。

●過去参考記事:【不可解&ヤバい】IOC、東京五輪出場選手に「コロナで死亡した場合は自己責任」との同意書を義務付け!米国ではアメリカ国民に対して(このタイミングで)「日本への渡航中止勧告」を発令!

”政府の忠犬”同然だった尾身さんがここまで突然変節したというのも「よほどのことがある」としか思えないですし、私たち日本国民は、ますます東京五輪強行による「破滅的事態の発生」に対して、より強い警戒と備えをしておくのがいいかもしれないわ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事