【驚き】アラビックヤマト(液体のり)の成分活用でガンがほぼ消失!東工大の画期的な研究成果に驚きと期待!→ヤマト株式会社は「本来の目的以外に使用しないで」と異例の呼びかけ!

Pocket

どんなにゅーす?

・東京工業大学の研究チームが、液体のりの「アラビックヤマト」の成分とがん治療の薬剤を混ぜた放射線治療の実験において、マウスを使った実験でほぼ完全にがん細胞が消えたとする研究結果を発表した。

・このニュースをマスコミが大きく報じ、驚きと期待感が一気に広がっている中で、メーカーのヤマト株式会社は、「本来の目的以外に使用しないように」と異例の呼びかけを行なった。

「液体のり」放射線治療でも期待の星 がん細胞ほぼ消失

がん細胞に薬剤を取り込ませておき、中性子をあててがん細胞を壊す放射線治療で、薬剤に液体のりの主成分を混ぜると治療効果が大幅に高まることを東京工業大のチームが発見し、23日発表した。薬剤が理科の実験でつくったスライムのようになり、がん細胞にとどまりやすくなるらしい。マウスの実験では大腸がんがほぼ消失したという。

この放射線治療は、ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)。国内10カ所弱の施設で臨床試験が進んでいる。ホウ素化合物の薬剤を注射してがん細胞に取り込ませておき、外から中性子を照射して破壊する。正常な細胞へのダメージが少ないことから、次世代の放射線治療として期待されている

~省略~

【朝日新聞 2020.1.23.】

がん治療に「液体のり」を活用して効果向上…研究者が「これだ!」と感じたワケ

~省略~

東京工業大の野本貴大助教ら研究グループは、ホウ素中性子捕捉療法の薬剤に「液体のり」の主成分を混ぜると、治療効果が大幅に向上することを発見。
マウスを使った実験では、がんがほぼ根治することを確認したと23日に発表した。

~省略~

「液体のり」と言えば2019年5月、東京大学などのチームが白血病治療などに重要な造血幹細胞の培養に使い、成功を収めたことを発表し話題となった。

またしても「液体のり」を使った研究が話題になったわけだが、もしかしたら世の研究者は「液体のり」が好きなのか?そして、なぜこの薬剤だと滞留時間が長くなるのか?
野本貴大助教に聞いてみた。

理由の一つは値段の安さ

――液体のりの成分を混ぜようと考えた理由は?

もともとホウ素の薬剤の構造と合わせるのは、単純な構造の高分子(分子量が大きい分子)を使うのがいいと思っていました。
そこで最初にポリビニルアルコールのシンプルな構造が、すごくきれいにぴったりと当てはまると考えて、「これだ!」と感じたことが理由の一つです。

その後、いろんな構造物を考えたんですが、作るのには結構なお金がかかります。
私のような若手の研究者はあまりお金が使えないので、できるだけ安くしたいということから、ポリビニルアルコールは都合がよかったという理由もあります。

――東大が「液体のり」を使った研究は気になった?

いいえ。
その発表よりも前からこの研究に取り組んでいました。

――東大は市販品を使ったけど、この研究は?

市販品ではありません。
発表などでは「液体のり」としていますが、主成分のポリビニルアルコールを独自に合成しています。

~省略~

あの「スライム」と同じ作り方

実は東工大の今回の薬剤は、小学生が理科の実験や自由研究などで行う「スライム」作りと同じ化学反応を使っている。
ホウ素の原料となる「ホウ砂」と「洗濯のり」を水中で混ぜると、ドロッとした独特の塊が出来上がるのを、覚えている人も多いのではないだろうか?
そして東工大の薬剤の作り方も、「ホウ素を含む薬剤」と「液体のり」の主成分を「水中で混ぜるだけ」なのだという。

~省略~

――見た目も「スライム」みたいになる?

スライムのようなドロッとしたものにはなりません。

――子どものころ洗濯のりでスライムを作ったことはある?

ありますね。
「ホウ素」と聞いたらすぐ「洗濯のり」、ポリビニルアルコールを思いつきます。
だからこの研究でも、最初にポリビニルアルコールを使おう思いついたんです。

~省略~

【FNN PRIME 2020.1.23.】

アラビックヤマトに対する驚きと称賛が殺到!あまりのフィーバーぶりに「本来の目的以外に使用しないで」と異例の呼びかけも…!

出典:ヤマト

これは、とってもビックリ&嬉しいニュースですぅ~っ!!
私も小学生の時によく使った「アラビックヤマト」の成分を放射線治療に使う薬剤と混ぜ合わせることで、がん細胞がほとんど消えてしまったなんてぇ~っ!

にゃにゃああ~~っ!!
ってことは、アラビックヤマトを普段からたくさん飲めば、がんになる心配がなくなるのかにゃ~っ???

おいおいおい、ストーッップ!!
どうやら、ネット上でもアラビックヤマトを水で割って飲んでしまった”ツワモノ”がいるみたいだけど、メーカーのヤマト株式会社が、「本来の目的以外に使用しないように」と異例の呼びかけを行なっているよ。

アラビックヤマトそのものを混ぜ合わせたのではなく、中に含まれている成分(ポリビニルアルコール)を独自に合成して使用したとのことだし、恐らく、がん治療の薬剤の効果を高めているだけで、ポリビニルアルコールそのものにがん細胞を死滅させる効果があるわけではなさそうだ。
したがって、メーカーの呼びかけに従って、くれぐれも独自の判断でのりを飲みこんだりしないようにしてね

それにしても、昔からどこの小学校にも置いてあった上に、みんなが何気なく使ってきたアラビックヤマトにそんなに夢のある可能性があったなんて驚きだし、はたしてこれが実用化に結び付いていくのかどうか、この先の展開に注目だ。

アラビックヤマトの社長が「あらビックリ」なんて言ってたのも笑ったし、世の中、にゃにが起こるか分からんもんだにゃ~!

「スライム」と同じ作り方というのもとっても面白いですしぃ、小中学生の時にやった実験などが、大人になってから思わぬアイデアや発見を生み出したりするものなんですねぇ~!

みはるちゃん、いいこと言うね。
まさしく、子供の時に経験した様々な工作や実験などが、世の中の文明を大きく発展させる大発見や発明に繋がることも多いし、それだけ、若い時の様々なクリエイティブな経験は、まさしく、無限大の可能性や価値を秘めているということだね。

まだまだ、この先どうなるかは分からないけど、一人でも多くの人々の命を救う治療法の確立に繋がっていくことを願っているよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。