■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

野田聖子氏が自民総裁選に出馬を表明!「これまで主役になれなかった女性、子ども、高齢者、障害者が社会の中で生きていける政治を作り上げていきたい」

野田聖子氏が自民総裁選に出馬を表明!「これまで主役になれなかった女性、子ども、高齢者、障害者が社会の中で生きていける政治を作り上げていきたい」
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年9月16日、これまで自民党総裁選に出馬に意欲を見せてきた野田聖子幹事長代行が、推薦人20人を確保する見通しが立ったとして出馬を表明した。

・野田氏は、「次の日本を作るため、これまで主役になれなかった女性、子ども、高齢者、障害者が社会の中で生きていける保守の政治を自民党の中で作り上げていきたい」とコメント。これで、岸田・河野・高市・野田の4氏が自民総裁を争う構図が確定的となった。

野田聖子氏が総裁選立候補を表明 「主役になれなかった」層を意識

自民党総裁選(17日告示、29日投開票)への出馬を検討してきた野田聖子幹事長代行(61)=無派閥=は16日、党本部で記者団に対し、立候補する意向を表明した。立候補に必要な推薦人20人を確保したとしている。

野田氏は記者団に「次の日本をつくるため、これまで主役になれなかった女性、子ども、高齢者、障害者が社会の中で生きていける保守の政治を、自民党の中でつくり上げていきたい」と決意を述べた。

~省略~

【MSN(毎日新聞) 2021.9.16.】

出典:TBS News

野田氏の「滑り込み出馬表明」にネット上では様々な声!3人の票をそれぞれ割った上で決選投票に持ち込まれる可能性が大か!?

これまで自民総裁選出馬への意欲を見せてきた野田聖子幹事長代行が、告示日目前で「滑り込み出馬表明」をしました。
ネット上では(予想通りに)二階幹事長と近しい野田氏の出馬に(特に長州一族を信奉する安倍シンパから)猛烈な非難の声が上がっていますが、こうなると、全員が過半数に届かず決選投票に持ち込まれる可能性が高そうですね。

そうだね。
ネット上では、「岸田氏が有利になる」だの「高市氏が有利になる」だの「河野氏が不利になる」だの、実に様々な声が上がっているけど…いずれにしても、「得票数の上位2名により党所属国会議員と都道府県連代表票(各都道府県ごとに決選投票進出者のうち票数の多いものに1票とする。合計47票)」による決選投票に持ち込まれる可能性が高まってきたのは確かだ。

…こうなると、ついつい頭をよぎってしまうのが、「石破氏勝利目前の中、決選投票で安倍氏が異例の逆転勝利」を収めた2012年の自民総裁選だ。
ボク自身は、この時の総裁選において、(安倍氏を総理にするために)ジャパンハンドラーによって不正な操作が行なわれたことを疑っているけど、今回もこの時と同じように、「意中の人物を総理にするために、どうにかして決選投票に持ち込もうとしているのでは?」と疑っている

そうなりますと、野田氏は、(グローバル資本勢力の意向によって)決選投票に持ち込ませる目的”だけ”のために出馬を表明した…ということになりますね。

簡単に言えば、彼女もまた「海の向こうのジャパンハンドラーの工作員」ということになるけど、そもそも、自民党そのものが敗戦後にグローバル資本勢力によって作られた「真性売国政党」だし、自民党が「彼らの完全なる支配下」にある以上、総裁選そのものが完全な「茶番劇」であることを疑わないといけない。

冷静になってよくよく考えてみても、公平公正の”ガチンコ勝負”が行なわれるわけがありませんし、結局のところは、「支配層にとって最も都合がいい操り人形」を決めるための「選挙ごっこ」であると考えた方が良さそうです。

そういうことだね。
さてさて、そんな野田氏が”KY出馬”を表明した中、グローバリストは一体どんな(国民を欺く)シナリオを描いているのか

いよいよ告示日を迎えることになるけど、冷めた目で情勢を見守っていくとしよう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事