日米交易交渉が大筋合意!農業で”大幅譲歩”し、自動車の関税撤廃は先送り!トランプ氏「安倍総理が全てのトウモロコシを買うことになった」

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年8月25日、フランス・ビアリッツで日米首脳会談を開催日米貿易交渉について大筋で合意に達したことが判明した。

・多くの懸念が出ていた農業分野については、関税をTPPの数字並みに抑えることで合意。さらには、日本側が主張していた自動車の関税撤廃については、交渉を先送りすることに。

・加えて、米中貿易摩擦で余剰となったトウモロコシを日本側が大量購入(肩代わり)することも合意。トランプ氏は「安倍総理は日本を代表して全てのトウモロコシを買うことになった」と上機嫌にコメントし、粗悪な品質の遺伝子組み換えトウモロコシが日本に大量に流入してくることを危惧する声が多く上がっている。

日米貿易交渉、基本合意=自動車関税撤廃は見送り-両首脳、9月の署名目指す

【ビアリッツ(仏南西部)時事】安倍晋三首相は25日(日本時間同)、トランプ米大統領とフランス南西部ビアリッツで2度にわたって会談した。交渉中の日米貿易協定について基本合意に達し、日本側が求めていた米国の自動車本体の関税撤廃は見送られることが決まった。両首脳は、9月下旬に米ニューヨークで開かれる国連総会の際に再会談し、協定の署名を目指すことで一致した。
2度目の会談でトランプ氏は、「米国にとって素晴らしい合意だ」と表明。首相は、「協定が発効すれば、日米双方に大きな好影響をもたらすだろう」と述べた。
貿易交渉は米ワシントンで23日に行われた茂木敏充経済再生担当相とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表の協議で大枠合意に至った。米側が求めた米国産牛肉・豚肉の市場開放に関し、環太平洋連携協定(TPP)の水準を上限とすることとした。

~省略~

【時事通信 2019.8.26.】

米中摩擦で余ったトウモロコシ、日本が“肩代わり“。トランプ大統領「日本は民間が政府の言うことを聞く」
米中貿易摩擦の影響で、アメリカは大量のトウモロコシの在庫を抱えた状態だった。

フランス南部ビアリッツで開かれている先進7カ国首脳会議(G7)に合わせて8月25日に実施された日米首脳会談で、日本がアメリカの余剰トウモロコシを購入することで一致した。

会談では、トランプ大統領が「日本では民間セクターが政府の言うことを聞くんだ」とし、米中貿易摩擦で輸出できなくなったトウモロコシを、日本が肩代わりする格好が鮮明となった。

~省略~

安倍首相の隣に座ったトランプ大統領は「中国がやると言ったことをやらなかったために、トウモロコシを余らせている。安倍総理は日本を代表して全てのトウモロコシを買うことになった」と話した。

ブルームバーグのジェニファー・ジェイコブス記者がTwitterに投稿した内容によると、安倍首相は「(トウモロコシを買うのは)民間セクターであって、政府ではない」としたという。

これに対しトランプ氏は、アメリカの民間セクターへの皮肉も交え「日本では民間が政府の言うことを聞くんだ。アメリカとは違って」と返した。

~省略~

【ハフポスト 2019.8.26.】

安倍総理による予想通りの”売国”ぶりに、ネットでは怒りの声が殺到!相変わらず、マスコミは本質的な内容を伝えず!

出典:The New York Times

出典:YouTube

フランスでの日米首脳会談で、安倍総理とトランプ大統領の間で日米貿易交渉が大筋合意したと報じられました。
予想通りの日本側にとって圧倒的な不利な内容が報じられていますが、みたところ、特にテレビ局においては、日本側が大きな損失を被る内容についてきちんと報じていない動きが目立っているようにみえます。

「日本の主張がおおむね通って、農産品や畜産物についてはTPP並みの関税引き下げで合意」なんて報じられているけど、実際のところ、ほとんど日本の農業や畜産業が壊滅状態に陥ってしまうも同然の内容なんだけどね。

自動車関連についても、日本側の主張はほとんど認められずに、交渉の先送りが決まったと報じられているし、全体を見ても、「日本側の完敗」という他ないんじゃないかな。

これに加えて酷いのが、米中貿易摩擦で品余りになっている「中国輸出用のトウモロコシを日本側が大量購入(数百億円分)することが決まった」との報道です。
恐らくこれは遺伝子組み換えトウモロコシであることが考えられる上に、粗悪な品質の大量のトウモロコシが日本国内に流通することに対して、多くの人々から危機感を唱える声が上がっています。

米軍産の在庫処分の防衛品を大量購入したかと思えば、今度は、粗悪な遺伝子組み換えトウモロコシの大量購入ときたか。

折しも、韓国側が日本をGSOMIAから外す決定をしたことが話題になっているけど、「今後も北朝鮮関連の軍事情報を提供し続けること」を条件に、日本に大幅譲歩を迫った可能性もありそうだし、もっといえば、韓国側による「日本のGSOMIA除外」の背後にも、(日本にさらなる売国を迫りたい)米国の差し金があった可能性もあるだろう。

トランプ氏による「安倍総理が日本を代表して全てのトウモロコシを買うことになった」との発言に対して、慌てて安倍総理が「買うのは民間」と説明したところ、「米国と違って、日本の民間は政府の言うことをよく聞く」なんて皮肉交じりにコメントしたとのことだけど…まさしく、こうした安倍総理による売国の数々がまかり通ってしまう日本は、健全な独立国家の体をなしていないし、いわば、「グローバル傀儡独裁国家」との称号がふさわしいような状況だ。

日本国民の富が際限なく海の向こうに流出し続けては、独裁的な政治権力の強力な支配下にあるという、国民にとってはまさしくディストピアのような社会ですね。
こうした「グローバル傀儡独裁システム」がより進んでいくと、日本独自の農業や地場産業などは壊滅してしまう上に、あらゆる企業体やインフラはもとより、「衣・食・住」全てがグローバル資本勢力の強力な支配下に置かれてしまう、かつてなかったほどの「恐ろしい社会」が到来してしまいます。

こうした実態をほとんど隠しては、このニュースを半ば「喜ばしいこと」のようにさえ報じている大手マスコミを見ても、これらがグローバル資本勢力の利益のために存在している「グローバルプロパガンダ機関」であることがわかるんじゃないかな。

グローバリストの「傀儡政治家」に強大な権力を持たせ続ける限り、日本がディストピアになってしまう道は避けられないし、一日も早くに、これらのグローバリズムから距離を置く「まともな野党勢力」を強くしていく必要があることをますます感じているところだ。

Pocket

 

 関連記事