【大暴言】自民・二階幹事長「子どもを産まない方が幸せというのは勝手な考え」「食べるのに困るような家はもう今はない。こんな素晴らしい国はない」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年6月26日、自民党の二階幹事長が、都内の講演会にて人口減少について質問を受けた際に、「子どもを産まない方が幸せじゃないかと勝手なことを考えて(いる人がいる)」などと発言したと大手マスコミが報じた。

・二階氏はさらに「皆が幸せになるためには子どもをたくさん産んで、国も栄えていく」「食べるのに困るような家はもう今はない。今晩お米が用意できないという家はない。こんな素晴らしいというか、幸せな国はない」などとも発言。貧困に苦しむ家庭や子供を産まない(産めない)国民に対する「上から目線」の批判発言として、国民から怒りの声が多く上がっている。

「子ども産まない方が幸せ、勝手なこと」自民・二階氏

自民党の二階俊博幹事長は26日、東京都内で講演し、「子どもを産まない方が幸せじゃないかと勝手なことを考えて(いる人がいる)」「皆が幸せになるためには子どもをたくさん産んで、国も栄えていく」などと述べた。子どもを持たない家庭を批判したとも受け取れる発言だ。

二階氏は、講演参加者から少子化対策について問われ、「食うや食わずの戦中、戦後、子どもを産んだら大変だから産まないようにしようと言った人はいない」とした上で、「子どもを産まない方が幸せ」というのは「勝手だ」とした。

【朝日新聞 2018.6.26.】

自民・二階氏
「『産まない幸せ』は勝手」 講演で発言

自民党の二階俊博幹事長は26日、東京都内での講演後の質疑の際に、少子化対策に関連して「このごろ、子供を産まないほうが幸せに(生活を)送れるんじゃないかと、(一部の人は)勝手なことを自分で考えてね」と述べた。子供のいない家庭への配慮を欠く発言と受け取られる可能性がある。

二階氏は「この国の一員として、みんなが幸せになるためには、子供もたくさん産んで、国も栄え、発展していく方向へ行くようにしようじゃないか」とも語った。

また二階氏は「食べるのに困るような家はもう今はない。今晩お米が用意できないという家はない。こんな素晴らしいというか、幸せな国はない」とも話しており、貧困問題への認識が低いとの批判も浴びそうだ。

【毎日新聞 2018.6.26.】

早々と安倍総理の3選支持を表明した二階幹事長が、傲慢かつ身勝手極まりない国民批判を展開!深刻な貧困が進む中「こんなに素晴らしい国はない」との自画自賛まで

出典:YouTube

このところ、国民をとことんバカにしきった傲慢発言を連発している安倍政権の政治家が、またも信じられない暴言を繰り出したわねっ!
私の家だって、毎日食べていくのに必死の経済状況で、両親が共働きで遅くまで仕事をしているっていうのに、一体どこをどう見てこんな滅茶苦茶な”自画自賛発言”をかましているのよっ!!

つまり、「これだけ豊かな国なのだから、あとはお前たちで何とかしろ」という考えが根底にあると受け取れるし、安倍政権は「現段階で十分に国民を裕福にしており、これ以上政治がどうにかする必要は無い」という考えのようだ。

実際の日本社会は、↓下のように、貯蓄ゼロの家庭が民主党政権時と比べても大幅に増加しており、確実に「貧富の格差」による深刻な貧困に苦しむ国民が大量発生してきているというのに、どうやら安倍政権は「こうした人々を助ける必要は全くない」と考えているようだぞ。

 

もう信じられないくらいの極悪悪党政権だわっ!!
この連中は、真面目に納税しながらも貧困にあえぎ苦しんでいる国民を一体何だと思っているのよっ!!
そして、誰のお陰でこんなにウハウハにたっぷりと給与をもらって、たんまりと蓄財できていると思っているのよ!

それでもなお、(もしこの世論調査の値が本当だとするならば)このような極悪政権を半数あまりの国民が支持してしまうのだから、もう事のやりようがない状況だ。
まあ、二階幹事長も、どんな暴言や国民を足蹴にする発言をしても「自分たちの権力は揺らぐことはない」と確信しているようにも見える発言だし、もはや自分たちが「見えざる権力」に支援されている実態を隠さなくなってきているようにも見える。

すでに、自民党の「大日本帝国化」はかなり進んでいるようにみえるし、このまま国民が「日本や世界のカラクリ(グローバル資本による有機的な国家支配の構造)」に気がつき、”最悪の事態”を回避するための行動を起こさない限り、日本は「行くところまで行ってしまう」ような予感がしているよ。

Pocket

 

おススメ記事&広告