【鞍替えか】石破氏の影響力がアップ?二階幹事長が石破派のパーティーで講演へ!二階氏「大いに期待」「希望の星の一人だ」…党内で”安倍離れ”が加速する可能性も

Pocket

どんなにゅーす?

・コロナ危機での”お粗末対応”や、国民への支援策よりも”検察庁法改悪”などに血道を上げる安倍政権に対する国民の支持がどんどん離れつつある中、自民・二階幹事長が石破元幹事長と会談。9月に予定されている石破派の政治資金パーティーに初めて二階氏が登壇し、講演を行うことが決まったという。

・これまで安倍総理の権力強化に尽くしてきた二階氏が、安倍総理を見限り始めている可能性もあり、この動きに対し、ネット上では様々な反応が起こっている。

二階氏、石破派パーティーで講演へ「石破氏は期待の星」

自民党の石破茂元幹事長は8日、二階俊博幹事長と国会内で会談し、石破派の9月の政治資金パーティーでの講演を依頼した。二階氏は「行こう」と受諾したという。「ポスト安倍」に意欲を示す石破氏と、党の実力者の二階氏との連携の足がかりとなる可能性もあり、注目が集まりそうだ。

会談は幹事長室で約20分間行われ、石破派の山本有二・元農相や二階派の林幹雄幹事長代理らが同席した。石破氏は会談後、記者団に「自民党はいかにあるべきか。政策集団の果たすべき役割とかコロナ後の日本とか、色々なお話を頂けたら」と語った。同派のパーティーではこれまで石破氏自身が講師を務め、外部から招くのは初めて。

一方、二階氏は同日の記者会見で「要請があれば、喜んでお伺いするのが幹事長の仕事」としつつ、「石破さんは我が党でも最も古い政治家、最も経験豊かな政治家の一人であることには違いない。大いに期待をして、将来さらに高みをめざして進んでいただきたい期待の星の一人だ」と、石破氏を持ち上げた。

~省略~

【朝日新聞 2020.6.8.】

二階氏が石破氏に”秋波”か!?自民党内で「安倍体制では負ける」との危機感が拡大している可能性も!

出典:Twitter(@shigeruishiba)

石破さんと二階幹事長が会談を開き、来る石破派のパーティーで二階氏が講演を行う方針が決まったとのことです。
安倍総理からすれば、(これまで党内で自身を忌憚なく批判してきた)石破さんと二階幹事長が会談を行なったこと自体が心中穏やかではないでしょうし、ようやく、自民党内にも本来あるべき「権力闘争」が戻ってきた感じですかね…。

早速ネット上では、安倍シンパのカルト軍団が過敏に反応しては、石破氏や二階氏を大声で非難する動きが盛り上がっているけど、なんせ、自民党内において「次期総理の座」への強い意志や情熱を持つ人間が出てこない限り、この先もただダラダラ安倍政権が続くばかりでますます堕落し腐敗する一方だからね。
こうした動きそのものは歓迎すべきものだし、(一昔前の自民党のように)石破氏以外にももっと野心を持つ人間がたくさん出てこないと困る

そもそも、こうした動きが出てきたのも、日本国民自身が立ち上がり、安倍政権の未曽有の腐敗や堕落に対してツイッターデモなどを通じてどんどん声を上げるようになったことで発生したわけだし、10万円の給付が行なわれることになったのも、検察庁法改悪が中止になったのも、国民が忌憚なく要望や批判の声を上げなかった限り、絶対に実現しなかったことだろう。

これこそ、民主主義社会の基本中の基本ですし、国民がこうして声を上げることがなかった場合、コロナ危機を通じてますます安倍政権の独裁体制が強化されては、”憲法改悪”を通じて基本的人権すら剥奪され、本格的な私権制限をも伴う緊急事態条項の創設にまで突き進んでいたことでしょう。
まだまだ、憲法改悪の危険は残されていますが、国民が強く反対の声を上げ続ける限り、強行される可能性は大きく下がりますし、とにかく、自民党の政治家たちに「少しでも国民を邪険に扱えば、たちまち選挙で落とされる」との危機感を植え付けることが重要です。

その通りだ。
自民党の連中がそうした意識を持つようになれば、少なくとも、自分たちの私腹を肥やすためのおかしな利権の構築や税金の還流などもやりづらくなるし、とにかく、国民が長らく”冬眠”していたのをいいことに、安倍政権はあまりにも調子に乗り過ぎた。

少なからず、安倍総理を教祖のように信奉しひたすら賛美するだけの、無能すぎる「安倍シンパ議員」は日本に不要だし、次の選挙でそのような”ダメ議員”を一掃させる必要がある。
そういう意味では、今回の動きはとてもいい傾向だし、一日も早くに、現在の自民党内に蔓延してしまっている「安倍カルト体制」に終止符が打たれるのを願っているよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。