【大炎上】日本年金機構の「ガチヤバイ!?」のおふざけ広告、費用は3000万円!たった1日での削除に怒りの声止まらず!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年3月14日に日本年金機構が公式ツイッターやウェブサイトに公開した、「ガチヤバイ!?リアルガチでやばいかも!? 新社会人のみなさまへ 受け取る年金少なくなってない!?ねんきんネットで確認だ」と書かれた「ねんきんネット」の広告に対し、「不愉快だ」「ふざけている」などの苦情が殺到わずか1日で広告が削除される事態になっている。

・そんな中、問題の広告を掲載するに当たって、年金機構が投じた委託費用が3000万円だったことが判明。これを受けて、ネット上ではますます怒りの声が噴出している。

年金機構、ツイッター広告を削除 「ガチヤバイ」で炎上

「ガチヤバイ!? 新社会人のみなさまへ 受け取る年金少なくなってない!?」。日本年金機構がツイッター上に載せた新社会人向けのこんな広告が、不適切だと批判を浴び掲載からわずか1日足らずで15日、削除に追い込まれた。

批判を受けたのは、機構が14日午後に掲載した広告。スーツ姿の男性のイラストとともにメッセージを載せ、「ねんきんネットで確認だ!」と結んでいた。

これに対し、ツイッターでは一般の人から「ずさんな管理してふざけたことを言うな」「少ない収入で納めている身としては不快です」といった投稿が殺到。機構は15日朝、広告を削除した。(共同)

【毎日新聞 2019.3.15.】

【追記】委託費3000万円→1日で削除 「リアルガチでやばいかも」炎上の日本年金機構「お詫び申し上げたい」

~省略~

3月14日に公式ツイッターでも宣伝され、「将来いくら年金がもらえるか興味ないかい?」とのセリフがついたビジネスマンのイラストとともに前述のコピーが引用された。

とはいえ近年、「消えた年金」問題をはじめ、約598億円の支給漏れや約125万件の個人情報流出など、年金をめぐる不祥事が相次いでいる。18年10月には、計6億3000万円の不必要な手数料を支払っていたことがわかり、会計検査院が日本年金機構に改善を求めていた。

~省略~

批判を受けてか、ウェブページとツイッターの投稿は15日昼までに削除された。J-CASTニュース編集部では現在、日本年金機構広報室に取材を申し込んでいる。回答があり次第、追記する。

(15日20時追記)日本年金機構広報室は取材に対し、「誤解を与える表現を用いたことはお詫び申し上げたい」と謝罪。

問題となったコピーは、コンペで委託を決めた業者が提案し、機構が採用したという。委託費は、事前の調査・分析などを含め全体で3000万円だった。

【J-CASTニュース 2019.3.15.】

↓炎上の元になった広告。(投じた費用は3000万円。)

出典:Twitter(@sho_zzr400)

不祥事相次ぐ年金機構の「おふざけ広告」が大炎上!委託費用が3000万円だったことも発覚し、深刻な貧困に苦しむ国民から怒りの声収まらず!

一体なんなの、このふざけまくった広告は!!
毎月苦しい思いで必死に年金保険料納めてる人にとっては怒り心頭に発するのは当たり前だし、しかも、納めた年金がろくに返ってくる見込みが無い中で、いかにも他人事感満載の広告を見せられたら、不快な思いを抱くのは当然じゃないのよっ!!

こんなに下手で低クオリティの広告に3000万円も投じていたとは、これまた驚きだ。
すでに削除されたねんきんネットの広告ページはこちらの魚拓で確認できるけど、本当にこの3000万円が適切な相場での委託費だったのか、確認する必要がありそうだ。
この3000万円がどこから捻出されたのかが定かじゃないし、上の記事では「コンペを通じて業者を決めた」とされているけど、年金機構と不当に癒着した「どこかの広告業者」が制作したことも疑いたくなってくるし、こんなに一般国民から怒りの声が殺到している時点で、プロの作った広告とはとても思えないね。

しかも、年金機構は、ネットメディアが取材をしたことで、ようやく「誤解を与える表現を用いたことはお詫び申し上げたい」とのコメントを出したみたいだけど、何のコメントも出さずに速攻で広告が削除されたことで、ネット上ではますます多くの不信感が広がっている状況だ。

まさしく「消えた年金」ならぬ「消えた広告」ってことねっ!

年金機構と言えば、個人情報の大量流出事件とか、これまでも色々な不祥事を引き起こしてきたし、自らの多くの問題を省みずに、近年は(安倍政権の方針の下に)ますます取り立てを激化させているみたいだし、そんな中で、こんなにも人をバカにするような広告を3000万円もかけて作るなんて…!!
これもまさに「おバカ大国」の成れの果てそのものだわっ!!

安倍政権が推進している公的年金の”ギャンブル運用”についても批判の声が大きいけど、今回の広告一つとってみても、いかにこの国の政府が、国民が必死に納めている大切な年金を「屁」くらいにしか思っていないのかがよく分かるね。

Pocket

 

おススメ記事&広告