【激動】日中韓首脳会談を開催し、北朝鮮の非核化で一致!「3か国FTA」の早期妥結も確認!金正恩氏は再度の訪中に、ポンペオ長官は再度の訪朝!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年5月9日、都内の迎賓館で日中韓首脳会談が開催され、安倍総理は、李克強首相、文在寅大統領とともに、北朝鮮の非核化を実現させるために連携する方針で一致。また、日中韓の3か国間でのFTA(自由貿易協定)の早期妥結についても確認した。

・また、北朝鮮の金正恩委員長は、再度の中国への”電撃訪問”で習主席と会談を行なった上に、アメリカのポンペオ国務長官は再度訪朝したことが報じられており、きたる米朝首脳会談に向けて、各国が慌ただしく動いている。

北朝鮮非核化へ協力で一致 日中韓首脳会談
日中韓FTA早期妥結も確認

安倍晋三首相は9日午前、都内の迎賓館で中国の李克強(リー・クォーチャン)首相、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と日中韓首脳会談を開いた。開催は2年半ぶり。北朝鮮の核・ミサイル問題に関する認識を擦り合わせ、朝鮮半島の完全な非核化に向けた3カ国の協力で一致した。日中韓自由貿易協定(FTA)の早期妥結を目指す方針も確認した。

3カ国首脳会談は韓国のソウルで開催した2015年11月以来。3カ国が持ち回りで08年から開き、今回が7回目となる。日本で開催するのは東日本大震災直後の11年5月以来、7年ぶりだ。

安倍首相は冒頭、北朝鮮問題に関し、朝鮮半島の完全な非核化をうたった4月末の南北首脳会談の「板門店宣言」を評価。中朝首脳会談にも触れ中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席の働きかけに敬意を表した。そのうえで「北朝鮮の全ての大量破壊兵器とあらゆる弾道ミサイル計画の完全、検証可能かつ不可逆的な方法での廃棄に向け取り組みを進めていくべきだ」と語った。

安倍首相は終了後の共同記者発表で北朝鮮問題について「諸課題の解決に向けて協調して取り組む」と強調。日本人拉致問題への協力を両首脳に呼びかけ理解を得たと表明した。李首相は北朝鮮の非核化の動きを支持し、近く開く米朝首脳会談への期待感を示した。「日朝の対話と会談にも期待する」とも述べた。

文大統領は「朝鮮半島の完全な非核化と恒久的な平和の定着、南北関係の改善は、半島だけでなく地域の平和に重要だとの認識をともにした」と話した。3カ国で板門店宣言を支持する特別声明を採択することも明らかにした。

【日経新聞 2018.5.9.】

金正恩氏が再び訪中、習近平主席と会談

【北京=高橋哲史】中国国営の新華社は8日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長が7~8日に中国遼寧省の大連を訪れ、習近平(シー・ジンピン)国家主席と会ったと伝えた。金委員長は3月下旬に北京を訪問したばかり。立て続けの訪中には、6月上旬までに開く米朝首脳会談を控え、中朝の結束を誇示してトランプ米政権をけん制する思惑がのぞく。

【日経新聞 2018.5.8.】

アメリカのポンペオ国務長官が訪朝。拘束中のアメリカ人3人の解放も交渉へ

米国のポンペオ国務長官は9日午前、6月初旬までの実現を目指す米朝首脳会談の最終調整のために北朝鮮を訪問した。ポンペオ氏は中央情報局(CIA)長官として3月末から4月初旬にかけて極秘訪朝したが、国務長官としては初めての訪朝となる。北朝鮮の要人と会談し、拘束中の米国市民3人の解放についても交渉する意向だ。

ポンペオ氏を乗せた飛行機は7日深夜(米国時間)、ワシントン郊外のアンドリュース空軍基地を出発し、9日午前に平壌に到着。ポンペオ氏は給油で立ち寄った日本の米軍横田基地で記者団に対し、米国の目標は「完全」かつ「検証可能」で「不可逆的」な核兵器の廃棄であることを改めて強調。「我々の目標が達成されない限り、(北朝鮮への)制裁を緩和するつもりはない」と語った。ポンペオ氏のツイッターによると、今回の訪朝は北朝鮮側の招待という。

【ハフポスト(朝日新聞) 2018.5.9.】

安倍総理は再度「最大限の圧力」を引っ込め、日中韓の連携を確認、各国のキープレイヤーもせわしなく動き回る!

出典:テレ朝news

安倍総理と李克強首相、文在寅大統領による日中韓首脳会談が開催され、北朝鮮の非核化の実現に向けて連携を確認し合ったとのことです。
これに加えて、日中韓によるFTA(自由貿易協定)の早期妥結についても確認し合い、アジアの主要国同士の自由貿易を通じて、アジア全体の発展を目指していくことで合意したようです。

見たところ、安倍総理はまたも「最大限の圧力」を引っ込めては、日朝の対話路線を示唆しつつ、今回は基本的には和やかな話し合いが行なわれたように見えるね。
まだまだこの先の動きや展開を見ていかないとよく分からないけど、今回は比較的無難にまとまったと見るのがいいのかな。

安倍政権発足以降は、日中韓首脳会談の開催ペースが年1回から3年に1回になってしまっていたものの、今後は定期的に開催しつつ連携を深めていくことで一致したようなので、全体としては、安倍政権は今後は中韓と関係改善していく路線で行こうとしていると見ていいのだろうか。

ここまで見てきても、安倍総理は外交問題においても完全に矛盾するような動きを繰り返し見せてきており、表面的な様子だけでは「実際にどうしようとしているのか」よく分からない部分もあります。
今後の動向や発言をよく見ながら、今後の対中韓北の外交をウォッチしていく必要がありそうです。

やはり、予想通りに、北朝鮮交渉においてここに来て中国がかなり大きな存在感を示してきたし、日本も一定程度の存在感を見せるためには、この「輪の中」に入って、各国で連携を深めていく必要があるからね。
ポンペオ長官を使ってのトランプ政権の外交手腕についても要注目だし、今後の北朝鮮交渉は目が離せない状況が続いていきそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事