■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【不良議員】「イスラエル賛辞」中山泰秀防衛副大臣が国会に遅刻し質疑取りやめに!先日の三原じゅん子氏に続き自民議員の遅刻が相次ぐ!

【不良議員】「イスラエル賛辞」中山泰秀防衛副大臣が国会に遅刻し質疑取りやめに!先日の三原じゅん子氏に続き自民議員の遅刻が相次ぐ!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年5月20日、「私達の心はイスラエルと共にあります」などとイスラエルを賛辞したツイートに批判が殺到している中山泰秀防衛副大臣が、参院外交防衛委員会に遅刻。質疑が出来ないまま流会となった。

・問題のツイートに国民から批判が殺到している中、野党からの追及を嫌がった中山議員が逃亡した疑いも指摘されており、自民党議員の劣悪さがまたも露呈する事態になっている。

「イスラエルと共に」撤回せず
中山防衛副大臣、SNSに投稿

中山泰秀防衛副大臣は18日の参院外交防衛委員会で、イスラエルとパレスチナの戦闘を巡り「私たちの心はイスラエルと共にある」と記して波紋を呼んだ自らのツイートについて、取り消さない考えを示した。「撤回すべきではないか」と問う共産党の井上哲士氏に対し「(ツイートは)個人として行わせていただいている」と反論した。

ツイートの内容については、イスラエル軍の対パレスチナ攻撃を支持しており、双方に共存と自制を促す政府の原則的立場から逸脱しているのではないかとする見方が広がっている。

~省略~

【共同通信 2021.5.18.】

「個人の見解」と防衛相
中山氏のイスラエル投稿で

岸信夫防衛相は14日の記者会見で、イスラエルとパレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスとの戦闘に関する中山泰秀防衛副大臣のツイッター投稿に関して「議員個人としての見解だ。防衛省としてのコメントは差し控える」と述べた。

~省略~

【共同通信 2021.5.14.】

また遅刻で委員会開かれず 今度は中山防衛副大臣

きょう午前に予定されていた参議院・外交防衛委員会に中山防衛副大臣が遅刻し、委員会は開かれず流会となりました。

~省略~

【TBS News 2021.5.20.】

↓中山泰秀防衛副大臣の問題のツイート。

「グローバル戦争屋との蜜月丸出し」の問題児・中山泰秀議員が「イスラエル礼賛」の次は国会に遅刻!過去には信じがたいセクハラ騒動も…

自民「中山泰秀」副幹事長、懇親会でセクハラ行為 陰毛をむしり取り…

名門生まれのサラブレッドゆえ、常人には窺い知れない“闇の奥”があるのだろう。祖父から3代続く代議士で、女性初の国務大臣を務めた祖母を持つ自民党の中山泰秀副幹事長(46)。先般、国会内外での暴走ぶりが党内でも問題視されているのだが、さっそくその模様を実況中継してみよう。

***

件(くだん)のレースは3月30日夜の出来事だった。東京・赤坂の高級中華料理店では、自民党副幹事長と政治部記者との懇親会が開かれていたのだ。代議士と番記者の会合はオフレコ前提の情報交換が目的の筈。けれど、そこは過去にホステスとの不倫を報じられた「前科」のある中山センセイだけに、“飲む、打つ、買う”ことには目がないようだった。

~省略~

中山センセイの“異変”を察知したのか、1次会で退散したメンバーもいて、出席者は半分ほどに減っていたという。事実、事件はその2次会で起きたのだ。

「酔いが回った中山さんは、女性記者のおしぼりを男性器に見立て、同席した坂本哲志副幹事長のズボンの中から毟り取った陰毛を、パラパラと振りかけたんです。その場にいた女性記者のみならず、男性参加者も言葉を失っていました」(同)

選良が聞いて呆れるセクハラ行為だが、“被害者”でもある坂本副幹事長は、

「私もお酒が入っていたのか、よく憶えていません」

と、同僚を庇うばかり。

~省略~

【デイリー新潮 2017.4.25.】

出典:YouTube

これまでも数々の問題や不祥事を引き起こしてきた(知る人ぞ知る問題児議員)中山泰秀さんが「イスラエル礼賛ツイート」に続いて国会に遅刻
ネット上では、「野党議員からの追及を嫌がって逃げたのでは」といった声も出ているけど、改めて、自民党は戦争屋勢力ともズブズブの「不良議員の巣窟」なのを実感するわ。

以前に一部週刊誌で報じられた「陰毛セクハラ騒動」も信じがたいほどの下劣さだけど、これに加えて、薬物に関する噂やパソナ仁風林との関わりを示す情報も出回ったことがあったし、数多くの闇や疑惑を抱えている「根っからのゴロツキ議員」であることは間違いないだろう。
(そもそも、先日の大規模接種センターの予約システムに関してアホすぎるメディア恫喝をしていた岸防衛相といい、こんなトンデモな反知性連中が日本の防衛を担っていること自体、日本の重大な危機的事態だろう。)

例の「イスラエル礼賛ツイート」もそうした中山議員のいかがわしいバックグランドをうかがうことができるし、「イスラエル礼賛」というのは、いわば「(偽)ユダヤ礼賛」と同じであり、中でも、ユダヤ系の戦争ビジネス勢力と非常に深い関係を持っていると考えるべきだ。
これらの界隈は、フリーメイソンなどのグローバルカルトとも切っても切れない関係にあるし、「1%の選ばれし者を99%のゴイム(家畜)が奉仕する」という優生思想に基づくグローバリズムとも密接なかかわりがある。

イスラエルそのものが、これまで世界を数々の泥沼の戦争に導いては、多くの市民を虐殺してきたグローバルカルト連中が大戦後に樹立させた腐敗国家ですし、イスラエルの周辺地域は、まさしく武器屋・戦争屋の利権にまみれた「グローバリストお抱えのテロリスト」がうじゃうじゃ蠢いているあまり、常に収拾が付かないような事態になってるのが現状だわ。

このような、戦争によって莫大な利益を得ている連中をどうにかしない限り、罪もない多くの一般市民が殺される戦争がこの世からなくなることはないだろう。
中山議員のような自民党の清和会系(細田派)の連中は、自民党の中でもグローバルカルトやユダヤ系の戦争屋勢力と近しい関係にあるし、問題の本質や根源はかなり根深いのが現状だ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事