大津市立南郷中学校の男性教諭が男子生徒に「校舎の周り80周走るよう」命令!→9周目で倒れ熱中症で緊急搬送!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年7月14日、滋賀県大津市立南郷中学校において、ソフトテニス部顧問の男性教諭(31)が、ミスが多かったなどの理由で、中学2年の男子生徒に対し、校舎の周りを80周走るよう命令していたことが判明。男子生徒は9周目を走ったところで倒れていたところを工事業者が見つけ、熱中症による脱水症状で救急搬送された。

・男子生徒は同日夜に帰宅し、現在自宅で静養中。市教育委員会と同行の校長は「一歩間違えば生死に関わる理不尽な指導だった。心からおわび申し上げたい」と謝罪した。

顧問が「80周走れ」=中2熱中症で搬送-大津

大津市立南郷中学校で、ソフトテニス部顧問の教諭が、ミスをした部員の2年の男子生徒(14)に「校舎の周りを80周走れ」と命じていたことが14日、市教育委員会への取材で分かった。生徒は途中で脱水症状を起こして熱中症となり、救急搬送されたが、現在は回復しているという。

市教委によると、顧問の男性教諭(31)は12日午後4時35分ごろ、練習中にミスが続いた生徒に「校舎の周囲を80周走れ」と命令。同5時10分ごろ、途中で倒れている生徒を工事業者が発見した。生徒は13日は学校を休んだという。

校舎の外周は230メートルあり、生徒が倒れたのは9周目だった。教諭は「ミスの罰として何周走るか聞いたところ、10周と言うのを期待していたが、4周と答えたので命令した」と説明しているという。記者会見した木塚聡明校長は「生徒を生死にかかわる苦しい状況に追い込み、大変申し訳ない」と謝罪した。

【ニコニコニュース(時事通信) 2018.7.14.】

「虐待レベル」の狂気の指導(ほとんどいじめ)によって、中学2年の男子生徒が一歩間違えば死亡する事態に!

出典:AbemaTV

ちょっとぉおお!!これは一体どうなっているのよっ!!
気温30度以上の高温の中で「校舎の周り80周しろ」なんて、ほとんど虐待だし、むしろ「死ね」って言ってるようなもんじゃないのよっ!!

こんな命令をした教師は気は確かなのっ!?

たまたま工事業者の人が生徒が倒れているのを見つけたことで助かったようだけど、これは発見が遅れていたら冗談抜きで、極度の脱水で死亡していた可能性も高いぞ。
どうやら、こうしたニュースを見聞きしても、最近の学校教諭の中で、物事の分別が全く付かず、想像力が著しく欠如している人間が増えているように感じるね。

これは「行き過ぎた指導」などというレベルではなく、虐待や拷問に近い刑事犯罪レベルの行為だろう。

今回は不幸中の幸いにも取り返しのつかないことにはならなかったけど、二度とこのようなことが起こらないように、教諭に対する教育についても今一度根本的に見直す必要があるんじゃないかな。

なんだか、子どもたちに勉強や社会性を教える教育者も含めて、日本の人々の思考が劣化してきている感じがするわね…。
その他の数々のニュースをみてもそう思うわ。

どちらにせよ、やっていいことと悪いことの判断が付かず、物事の先を読む想像力などが大きく抜け落ちているような事件が多いのは確かだね。
いまだにこのような虐待レベルの”根性論”が存在しているのも驚きだし、これも日本社会の知性とモラルの劣化を強く感じるニュースだ。

おススメ記事&広告

 
Pocket